ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2021年2月 (5)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (4)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (7)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 南都銀行本店に潜入

    12月4日(金)の授業「開校10周年記念!リクエスト大会Vol.14 なんと、素敵な、南都銀行! ~レトロ建築の設計者を知っていますか?~」に従事しました~。
    初めての従事だったので多少不安もありましたが、なんとか無事に授業を終えることができましたー!

    この南都銀行本店の授業は今回でナント3回目!
    毎回100人前後の申込がある人気の授業だそうです。
    この高倍率のなか当選された20人の方おめでとうございます!

    南都銀行本店に潜入_5

    そうこうしてるうちに、さっそく授業が始まりました。
    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「建物に歴史あり、奈良の近代建築探訪」
    http://nhmu.jp/report/35048
    「名建築・名講師」
    http://nhmu.jp/report/35122

    この授業の先生、南都銀行地域事業創造部シニアスタッフの鉄田憲男さんから30分ほど講義があった後、行員さん以外入ることのできないバックヤードをまず案内していただきました。
    みなさんで移動・・・。
    いきなり驚いたのが階段の手すり。
    なんと1枚木でできているということです。
    手摺のカーブしている部分の滑らかさ、手を置いた時の、何というかしっくりくる感触は絶妙なものでした。
    レトロ感満載やん!
    どうやって作ったんやろ??
    鰹節削るみたいな感じで削っていったのかな?
    いくつかの疑問が浮上してきました。

    南都銀行本店に潜入_1

    一緒に回っている方のなかにスーツを着た男性がいらしたので銀行の方だと思い質問をしたところ「すみません・・・私、授業に参加している者です(笑顔)」。
    えっ?!
    ・・・大変失礼いたしました。
    優しい方で良かった・・・。

    その後は、外に出て建物外観の案内へ・・・。
    南都銀行本店は国の登録有形文化財に指定されているそうです。
    正面にある4本のイオニア式の柱。
    その柱に羊が居ました!

    南都銀行本店に潜入_3

    このブログをご覧のみなさん、柱に羊が居てるってご存じでしたか?
    あっ!羊といっても、円柱に彫刻されている羊のことです・・・。
    この彫刻、実は奈良一刀彫の森川杜園のお弟子さん・水谷鉄矢が彫ったもの。
    この柱の下部に、2頭の羊の角に布を巻いた植物を掛けた装飾が加えられています。
    「羊と花綵(はなづな)」の装飾彫刻。
    なんで羊なんやろ?羊年に作られたからなのかな?と思いきや、羊は子どもをたくさん産むことから財産の象徴とされ、銀行と羊の存在を重ね合わせたことから羊の装飾が設けられたということでした。
    そして、花綵は永遠を表しています。

    そしていよいよ、屋上に上がり、奈良の町を見下ろす360度パノラマを見ることができました。
    個人的に、かなり楽しみにしていたのです((´∀`))
    この日、日中は天気も良く上着がいらないほどの暖かさ?
    良かった~((´∀`))
    興福寺の五重塔、南円堂・・・夕方だったので建物に夕日が当たりとても神秘的な光景でした。
    その向こうには、若草山も見えました。
    この場所からは1年を通して移り変わる「5色の山」を見ることができると鉄田さんが説明してくださいました。
    新緑、黄金色、山焼きの炎の赤、黒い焼跡、そして雪を被ったときの白。
    若草山は山焼きがあるから赤と黒が入ってくるんですねー。

    南都銀行本店に潜入_2

    あと、初めて見たのですが屋上に、なんと社が!
    商売繁盛の稲荷神社とのことでした。
    まさか屋上に神社があるなんて思ってもなかったのでビックリです!

    1時間程のあっという間の授業でしたが、とても充実した、私にとっては初めてのことだらけの1時間でした~。
    そして、屋上から見た夕暮れ時の奈良市内の景色、忘れません!

    南都銀行本店に潜入_6

    このコロナ禍のなか、先生の鉄田憲男さんをはじめ南都銀行の方々にも新型コロナウイルス感染拡大防止に協力いただき、授業を開催することができました。
    授業に参加された20人の方も、ご協力いただきありがとうございました。

    南都銀行本店に潜入_4

    (みなづき)

    « | »