ホーム > 授業一覧 > 詳細

奈良を撮り続けた男、入江泰吉※終了※
~旧居から見える、写真家の素顔~

日時:2015年11月28日(土)13:00~14:30
教室:入江泰吉旧居(奈良市水門町49番地の2)

●授業について
奈良の風景、仏像、行事などを写真におさめ、古都の魅力を発信した入江泰吉。彼が生前を過ごした自宅が保存され、現在は建物や庭の佇まい、愛用の品々が見学可能に。この旧居を訪れて、作品に留まらない人間「入江泰吉」の魅力に触れます。

☆スタッフブログ
「入江泰吉さんってどんな人?」
http://nhmu.jp/blog/info/9484
「『奈良を撮り続けた男、入江泰吉』とっておき情報」
http://nhmu.jp/blog/info/9598

【先生】
倉橋 みどり(入江泰吉旧居 コーディネーター)

【参加費】
200円(入館料)

【定員】
20人

【申込締切】
11月18日(水)09:00
※申込受付終了しました。

【注意事項】
希望者のみ、授業終了後に「入江泰吉記念奈良市写真美術館」へバスで移動し、倉橋みどりさんのナビゲートで生誕110年「回顧 入江泰吉の仕事」を鑑賞します。
その際の交通費及び入館料は自己負担とします。

参加費:200円(入館料)
定員:20人
申込:受付終了しました。

先生紹介
ひとまちの人 倉橋みどり

倉橋 みどり
入江泰吉旧居 コーディネーター
【詳しくみる】

教室紹介
ひとまちの街 入江泰吉旧居

入江泰吉旧居
住所:奈良市水門町49番地の2
【詳しくみる】