ホーム > 授業一覧 > 詳細

発禁本が学問の資料になった!?※終了※
~東洋民俗博物館、ふたたび!!~

日時:2019年5月26日(日)13:30~15:30
教室:東洋民俗博物館(奈良市あやめ池北1-5-26)

●授業について
性崇拝の研究に一生を捧げた、東洋民俗博物館の初代館長。春画や発禁本などの蒐集物は学術的な価値があり、博物館や大学などの研究に役立てられている。5年前に大好評だった授業のアンコール!開館当時のフィルムなど、新資料もお目見えします。

☆スタッフブログ
「東洋民俗博物館へ行ってみませんか?!」
http://nhmu.jp/blog/info/13924

【先生】
九十九 弓彦(一般財団法人東洋民俗博物館 理事長)

【参加費】
500円(入館料)

【定員】
15人

【申込締切】
5月16日(木)09:00
※申込受付終了しました。

参加費:500円(入館料)
定員:15人
申込:受付終了しました。

先生紹介
ひとまちの人 九十九弓彦

九十九 弓彦
一般財団法人東洋民俗博物館 理事長
【詳しくみる】

教室紹介
ひとまちの街 東洋民俗博物館

東洋民俗博物館
住所:奈良市あやめ池北1-5-26
【詳しくみる】