ひとまちの人 藤間巡子
藤間 巡子(ふじま じゅんこ)
藤間流日本舞踊 師範、舞踊家
満6歳より、母 藤間雅に日本舞踊の手ほどきを受け、
藤間流家元 藤間勘右衛門(歌舞伎役者、二代目尾上松緑)より、
1976年(昭和51年)名取、1981年(昭和56年)師範取得。
1988年(昭和63年)より人間国宝 藤間藤子師に師事、
現在、藤子師の後継者、藤間蘭黄師(芸術選奨文部科学大臣賞受賞)に師事。
毎月、東京と奈良を稽古に通う。
日本舞踊協会関西支部主催の舞台、奈良ブロックなどに毎年出演。
文化庁主催の舞台など、東京国立劇場・歌舞伎座・国立文楽劇場にて年間5~7回舞台活動。
4年毎に「藤間流みやび会」を文楽劇場にて主宰。
奈良市文化交流参加にて、フランス・オーストリアで日本舞踊公演。
ボランティア活動として、地域の子どもたちに日本舞踊指導。
西部公民館・生駒カルチャー・奈良ウェルネス倶楽部などで講師を務め、現在、(社)日本舞踊協会関西支部奈良ブロック会計、藤間流藤盛会関西支部世話役、奈良こども伝統文化協会会長、奈良市文化協会、生駒芸能協会、奈良市観光協会会員。
2000年(平成12年)評論家芸能季刊賞、常盤津「京人形」の演技による演技賞を受賞。