ひとまちの人 河瀨直美
河瀨 直美(かわせ なおみ)
映画監督・映像作家
※photographed by LESLIE KEE

1989年
大阪写真専門学校(現ビジュアルアーツ専門学校)映画科卒業。
1995年の山形国際ドキュメンタリー映画祭はじめ国内外で、自主映画「につつまれて」、「かたつもり」が注目を集める。
1997年
劇場映画デビュー作「萌の朱雀(もえのすざく)」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を史上最年少受賞し、鮮烈なデビューを果たす。
2007年
「殯の森(もがりのもり)」で、カンヌ国際映画祭審査員特別大賞グランプリを受賞。
2009年
カンヌ国際映画祭に貢献した監督に贈られる「黄金の馬車賞」を受賞。
2013年
カンヌ国際映画祭コンペティション部門の審査委員を務める。
2014年
「2つ目の窓」がカンヌ国際映画祭、コンペティション部門に正式招待を受け、好評を博す。
2015年
フランス芸術文化勲章「シュヴァリエ」を叙勲。
「あん」が国内外で大ヒットを記録、現在DVD、BD発売中。
2016年
カンヌ国際映画祭短編部門・シネフォンダシオン部門の審査委員長を務める。
ニューヨーク近代美術館MOMAにて河瀬直美回顧展を開催。
2017年
「光」がカンヌ国際映画祭コンペティション部門選出、エキュメニカル賞受賞。

現在 新作映画「vision」を製作中。
2018年11月23日から6週間、フランス・パリで河瀨直美大回顧展を開催。

映画監督の他、CM演出、エッセイ執筆などジャンルにこだわらず表現活動を続け、故郷の奈良においては「なら国際映画祭」(9月17日~22日開催、2年に1度実施) をオーガナイズしながら次世代の育成にも力を入れている。