ひとまちの人 山嵜晋平
山嵜 晋平(やまさき しんぺい)
映画監督

1980年2月24日生まれ。奈良県奈良市出身。
日本映画学校卒業後、(有)楽映舎にて制作部として
キャリアをスタート。
『十三人の刺客』『一命』『藁の楯』『土竜の唄』など
三池崇史監督のもとで鍛えられる。
その他、『東京オアシス』『ヘヴンズ ストーリー』
『アントキノイノチ』など多くの監督・プロダクション作品で制作部として活躍後、緒方明監督の元、演出部に転身。
『友だちと歩こう』『菊とギロチン』『バットオンリーラブ』など瀬々敬久監督、三島有紀子監督等の元で助監督として活躍。
2015年からBSジャパンにてドラマを監督する。

〇監督作品
【映画】
『骨の奥』 2012年福岡インディペンデント映画祭 優秀賞受賞
『ヴァンパイアナイト』(2017年5月公開、キングレコード)
2017年ゆうばり国際映画祭正式出品
『FIND』(2019年11月公開、キングレコード)
『テイクオーバーゾーン』(2020年公開予定)
2019年東京国際映画祭スプラッシュ部門ジェムストーン賞受賞

【ドラマ】
BSジャパン開局15周年特別企画 松本清張ミステリー時代劇 第9話『虎』
BSジャパン山本周五郎・人情時代劇 第6話『こんち午の日』
BSジャパン男と女のミステリー時代劇 第5話『後生安楽』
第11話『上州からの客人』
※シリーズ続編にて、複数話監督

【MV】
佐合井マリ子 『春夏秋冬』(スタジオ-884製作)
Unlimited tone 『change』
虹のコンキスタドール『愛をこころにサマーと数えよ』
『Waiting Wedding』
B2takes!『Not alone』『ブラン・ニュー・アニバーサリー』
『証-Akashi-』

〇脚本作品
『破れたハートを売り物に』 2015年公開 監督:三島有紀子