たからものがいっぱいの商店街 下御門商店街

●レポーター:奈良市在勤 ちーこさん

今回はじめて奈良ひとまち大学に参加した私。
まず感じたことは・・・奈良について学びたい方が多いことにびっくりしました。
奈良を愛する仲間という感じで、何だか嬉しかったです。
授業が始まるまでは、和やかムードで同じテーブルの方々とおしゃべりを楽しみました。

たからものがいっぱいの商店街 下御門商店街_1

そして授業が始まりました。
下御門商店街の成り立ちや今との違い、オリンピックを契機に商店街組合が立ち上がったこと。
昔はカラーテレビの前に集まってスポーツ観戦したこと。
今とは違う商店街の一面を、掛け合いのトークで紹介してくださいました。
まるで昔の情景が浮かぶような口ぶりでお話をされる、臼井理事長さん。
コーディネーターとして理事長のお話を聞いていた山本あつしさんも、とっても癒し系。

たからものがいっぱいの商店街 下御門商店街_2

下御門商店街って、きっとこんな風に肩ひじ張らない自然な立ち回りが出来る場所なんだろうなぁと思いました。
山本さんは、今回の教室でもある藝育(げいいく)カフェSankakuのプロデューサーさんです。
この会場もとても素敵なのでぜひご訪問くださいね。

たからものがいっぱいの商店街 下御門商店街_3

トークの後は、ワールドカフェ形式のワークショップで、若い高校生、商店街の方、行政の方なども交えて「下御門商店街の未来」についてみんなで考える時間もありまして。

たからものがいっぱいの商店街 下御門商店街_4

・・・実は商店街のお店の中にはお宝が眠っています!!
年代もののアンティーク雑貨、昔の井戸の水を販売した領収書など。
聞けば出てくる、まちの宝物。
これを活かして何かできないかなぁ。
専門店が多いので商店街ツアーをしよう!
食べ歩きの店が増えたら楽しいよね・・・など、わくわくするようなことを、参加者で考えて発表しました。とても楽しかったです☆
ひとまち大学の皆様、素敵な企画をありがとうございました。

たからものがいっぱいの商店街 下御門商店街_5