ぎょえぇ~!!コウモリだっ!(笑)

●レポーター:奈良市在勤 NARAHARAさん

「たのしい!コウモリ入門」を受講しました。
知人に誘われて参加したものの、コウモリって怖いでしょ???という先入観を持ちながらの受講。
笠置駅から少し歩いたところに「こうもり博物館(東洋蝙蝠研究所)」が。
この授業に参加しなければ、決して存在を知らずにいただろうと、しげしげと看板を眺めました。

ぎょえぇ~!!コウモリだっ!(笑)_1

博物館内はコウモリに関する書籍や標本(?)に埋め尽くされているような印象。

ぎょえぇ~!!コウモリだっ!(笑)_2

いよいよ授業が始まると、全く予備知識のないコウモリの話に興味津々!
コウモリの翼は手の指の間にある水掻きなの?!
30年も生きたりするの?!
吸血種は何千もある種の中の2種だけなの?!!

ぎょえぇ~!!コウモリだっ!(笑)_3

聞くこと全て初物づくしで、楽しくて仕方ない!
意外と間近で見ると怖くないな・・・と思っているところに、コウモリの標本が参加者に回されて、私の手元に。
「ぎょえぇ~!!」と心の中で叫び声をあげながら、震え続ける手で隣の方へ手渡しました。
先入観はそう簡単に払拭できません(笑)。

ぎょえぇ~!!コウモリだっ!(笑)_4

最後は博物館から外に出て、コウモリ探索。
コウモリが発する超音波を感知できる機械(高額らしい)を手に、空を見上げながら探索ウォーキング。
恐らくすぐ目の前を滑空されたら悲鳴をあげたかもしれませんが、闇夜で姿が見えないコウモリを探知機で探すのは面白い♪

ぎょえぇ~!!コウモリだっ!(笑)_5

こちらからの質問にもどんどん応じていただけた先生やスタッフの方々に感謝の気持ちでいっぱいになりながら、授業終了。
こんな稀有な経験・学習をさせてもらえて、本当にラッキーでした。
奈良ひとまち大学さんに感謝感謝です。
ありがとうございました。