会うとラッキー!幸せを運ぶ雑貨屋さん

●レポーター:奈良市在住 T.K さん

11月26日に重要文化財の今西家書院にて「ならまちの動く雑貨屋さん~出会うとラッキー!?な移動屋台~」を受講させて頂きました。

会うとラッキー!幸せを運ぶ雑貨屋さん_1

講師である染井先生の経歴はとても興味深く、写真のお仕事をされたり、寿司職人のもとで修業されたり、様々なキャリアでご活躍されていたそうです。

会うとラッキー!幸せを運ぶ雑貨屋さん_2

実は私は染井先生の雑貨のお店を初めて拝見したのですが、とてもユニークな構造をしていまして、何を売られているのか思わず立ち止まって見てしまいたくなります。
何か商品を購入されたお客様には、5円玉に赤い糸でくくった「ご縁返し」をされていらっしゃって、地域の人々にとても受けているそうです。

会うとラッキー!幸せを運ぶ雑貨屋さん_3

また、お店は特殊な自転車の中に商品を陳列することで販売されているのですが、その中にいくつかきれいな書体がありました。
これは「寄席文字」というそうで、意味はデザインを右斜めに書くことで、(1)商売が右肩上がりになること、また隙間なく書き上げることで、(2)人が集まってくるようにということだそうです。
これに乗じて、最近ではストラップにリクエストで文字を書いて差し上げたり、ゲン担ぎにも利用されている方もいらっしゃるとのことです。

会うとラッキー!幸せを運ぶ雑貨屋さん_4

さて、講義終了後に今西家書院の中を案内して頂いたのですが、どの天井も部屋ごとに異なっており、また独特な古いお茶室を見学してすごくハッピーな気持ちになりました。

会うとラッキー!幸せを運ぶ雑貨屋さん_5

これも幸せを運ぶ雑貨屋さんに出会えたおかげですね♪