新大宮の美味しいらーめん屋さん

●レポーター:兵庫県西宮市在住 れなぱぱ さん

奈良ひとまち大学の授業で、新大宮のらーめん春友流さんにお邪魔してきました。
店主の佐藤さんの楽しいトークと美味しいらーめんの2倍お得な授業でした。

新大宮の美味しいらーめん屋さん_1

お店の看板メニューである味噌らーめんの美味しさは言うまでも無く、とても一言では言い表せないのですが、あえてまとめるならばスープまで飲み干しても胃にもたれない優しい味のらーめんでした。

新大宮の美味しいらーめん屋さん_2

通常、奈良ひとまち大学の授業では講師が淡々とお話しされて進行していくのですが、佐藤さんは喋るのが苦手なので、学生さんからの質問に答えてお話ししていきたいとリクエストされ、その形式で授業が進んでいきました。

新大宮の美味しいらーめん屋さん_6

お話はとても面白く、北海道出身の佐藤さんが何故横浜でらーめん屋を開き、そして奈良にやってきたのか、現在の春友流さんの状況、そして今後の展望などを楽しく聴かせていただきました。

どれも素晴らしいお話だったのですが、私が1番興味を覚えたのはお店の名前の由来です。
そして楽しい授業が終わって帰る際、振り返ってお店の看板を見た時に春友流の「友」の字が朱色だったのに気付いて、なるほどと2度納得したのでした。

新大宮の美味しいらーめん屋さん_5

ちなみに佐藤さんは超イケメン、奥さんは美人で素敵な方でしたよ。