「おいしい、かわいい、シフォンケーキ」に参加して

●レポーター:奈良市在住 そのか さん

この愛らしいクマちゃんは、生クリームで出来ているプックちゃん☆

「おいしい、かわいい、シフォンケーキ」に参加して_1

先日、公民館で開催された「奈良ひとまち大学」に、「シフォンのお店 PUKKU」さんのお話を聞けると知って、娘と一緒に出掛けて来ました。

お店のオーナーは、冨岡絵梨子さん。
ご自身も3児の母で、大阪市立大学で養護教諭の資格を取るも、学生時代のアルバイト経験からパティシエの仕事を知り、大学卒業後は大阪でパティシエと働いていた、メチャメチャお菓子作りが大好きな女性でした。

「おいしい、かわいい、シフォンケーキ」に参加して_2

お店の営業時間は平日の朝10時からお昼の3時まで。
土・日・祝日はお休み!
品物はシフォンケーキに特化したお店!
という事で、中々巡り会えない人もいるかもしれません。

このお店は幼稚園ママ同士でやっているお店。
子ども主体のライフスタイルで回っている為、諦めなくてはいけないことも多々あります。
でも、子育ての時間を削ってまで、ケーキ作りはしたくない!
これも彼女の強~いこだわりがあって、実現している事。

「おいしい、かわいい、シフォンケーキ」に参加して_5

学園前という立地で、中々この条件でやっていくのは、もの凄く覚悟のいることは、言うまでもありません。
でも、子ども達にも安心して食べてもらえる様にと、素材のこだわり方も、これまたとことん!
普通、シフォンケーキには油が欠かせませんが、この油は低温圧縮の太白ごま油を使用。
卵は従業員が全員一致で賛成した奈良県五條市のふながきファームさんのモノと、こだわり方が半端ありません!
数々のこだわりが「PUKKU」を作りあげています。

当日は冨岡さんのご提案で子連れ受講が実現。
子ども達様に、ハロウィン仕様のクッキーが配られました。

「おいしい、かわいい、シフォンケーキ」に参加して_3

さてさて、こんな大変な事を実現してしまう彼女のバイタリティーに当初は反対の立場で、しかも単身赴任中だったご主人さんもお店作りを手伝っているという、笑える一場面も。
まだまだ夢実現の途中だけれど、やりたい事を自分の信念を曲げる事なく貫く姿勢が、とても心地よく感じた2時間でした。

「おいしい、かわいい、シフォンケーキ」に参加して_4

写真のケーキは、お店の主力商品。
中にはカスタードクリームも入って、見た目以上にリッチな感じです☆

手土産にもピッタリなシフォンケーキ!
どうぞ、どうか 営業時間内にいらして下さい!
PUKKU
https://ameblo.jp/pukku-chiffon