フレンドリーなお坊さん

●レポーター:奈良市在住 まちゃ さん

今回、初めて奈良ひとまち大学の授業に参加しました。
私が参加した授業は、「お坊さんは元ボクサー!? ~般若寺の若き僧侶、大いに語る~」でした。
教室は般若寺の本堂、先生は般若寺の工藤顕任さんでした!!

ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_1  ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_2

授業の最初に、参加者の一人ひとりが自己紹介とこの授業に参加した理由を話していきました。
みなさん共通していたのが、「お坊さんとボクサーというおもしろい組み合わせが気になる」ということでした。
もちろん、私自身もそうでした。

そして工藤さんのお話が始まりました。
「こうやって人前で話すのは初めてなので、緊張する。」とおっしゃっていましたが、わかりやすく、楽しく語ってくださいました。

ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_3  ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_4

お寺の息子として育ち、プロボクサーになり、目の病気のためにボクシングを引退し、僧侶になるための修行をし、現在は般若寺のために頑張っている工藤さん。
しかし、なぜ厳しい修行をしなければならないのか、なぜ仏さんに手を合わせなければならないのか、疑問に思っていた時期もあったとか。
勝負の世界であるボクシングの世界から、全く別の世界である仏教の世界に身を置くことは、工藤さんのなかでかなり葛藤があったそうです。
でも今は、「すべて仏さんが導いてくれたことだったんだ」と思えるようになったそうです。

ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_5

また、授業の途中には、他の参加者の方とグループをつくって、「お坊さんに対するイメージ、お坊さんに求めること」などを話し合いました。
みなさんそれぞれ様々なことを考えておられて、楽しいグループワークでした^^

ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_6

授業の最後に工藤さんは、「崇められるお坊さんではなく、『こんにちは!』と気軽に声を掛けられるようなお坊さんになりたい」と語っておられました。
今回の授業を聞いて、工藤さんならそんなお坊さんになれる!と私は感じました。笑

実は、私と同世代の工藤さん。笑
同世代でも、私と全く違う人生を歩んでいる工藤さん。
なんだか私も頑張ろうと思いました!!

ひとまちレポート フレンドリーなお坊さん_7

般若寺は、季節によって様々な花を見ることのできる素敵なお寺です。
また、親しみやすい素敵なお坊さんのいるお寺です。
そんな般若寺を、ぜひ訪れてみてください☆