奈良で活躍する素敵な学生さん

●レポーター:大阪市在住 あきこ さん

大好きな奈良のことをもっと知りたくて、
少し前から参加させていただいている奈良ひとまち大学の授業。
今回の先生は、南都古社寺研鑽会のみなさんです。

ひとまちレポート 奈良で活躍する素敵な学生さん2

南都古社寺研鑽会とは、
奈良の古社寺について勉強をする奈良の学生さんの集まりで、
寺社で参拝者の方の案内をすることもあるそう。
そんな学生さんたちが語ってくれる
“僕らが見る、伝える 仏像の魅力”という内容に惹かれました。

ひとまちレポート 奈良で活躍する素敵な学生さん3

教室は、南都七大寺の1つ、大安寺さん。
大きくはありませんが、雰囲気のいい素敵なお寺さんです。
本堂からは、ご祈祷の読経が響いていました。

ひとまちレポート 奈良で活躍する素敵な学生さん1

住職さんのお話の後に、研鑽会の会長さんが、
会を立ち上げた経緯や活動の内容について、説明してくださいました。
会長さんが仏像に興味をもつようになったのは、
奈良の大学に通うようになり、
「たまたま唐招提寺さんでのアルバイトに参加した」のがきっかけだとか。
関東で生まれ育った会長さんが奈良の大学へ通い、
そこで唐招提寺さんのアルバイトに参加して、さらに仏像に惹かれていく。
なんだか、“ご縁だなぁ。”と思いました。

ひとまちレポート 奈良で活躍する素敵な学生さん4

その後、他の会員さんの自己紹介、好きなお寺の紹介があり、
最後は実際にお寺を案内していただくことに。
ベテランのガイドさんとは違う、初々しくて、
それでいて“仏像が好き!”という気持ちのこもった案内は、とても新鮮でした。
「こちらの仏像さんは、某テレビ局の男性アナウンサーに似てると思いませんか?」
なんて解説がおもしろかったです。

ひとまちレポート 奈良で活躍する素敵な学生さん5

そして、あっという間に授業終了の時間。
最後に会長さんが語ってくださった
「平城遷都1400年祭の時まで、南都古社寺研鑽会を存続させること」
という夢に、ちょっとジーンときました。

また奈良のどこかのお寺で、
南都古社寺研鑽会の方にお会いできる日が来るのを楽しみにしています!