いのちに向き合う

●レポーター:奈良市在住 みんみん さん

教室となる「にこちゃん堂」は、お子さま歓迎カフェ。
娘も一緒に参加させていただきました。

階段を上がると、そこはステキな屋根裏部屋。

いのちに向き合う_1

優しい白熱灯の光のなかで、女性フォトグラファーとして活動されている なかおあづさ先生が、いかにして「いのち」というテーマに辿り着いたかというお話や、活動の中心として制作されているバースアルバムの写真を、穏やかな音楽とともに見せていただきました。

いのちに向き合う_5

四季の移ろいと、新しいいのちを迎える家族の表情が、とても自然な姿で写し出されていました。
スライドを見ながら、自分自身の出産の記憶がオーバーラップし、初めて娘を抱っこした時の小さな温もり、甘い匂い、感動がよみがえってきました。

動物には巣ごもり本能というものがあるそうですが、撮る側であっても、出産間近になるとそういう気持ちで、出産の時を「待つ」体勢になるそうです。
妊婦さんの心に寄り添う、先生の撮影スタイルが伝わってきました。
講義の後は、美味しいスイーツをいただきながら参加者のみなさんと交流させていただきました。

いのちに向き合う_3

最後は先生からサプライズなお土産が☆

いのちに向き合う_4

心が和む一枚をありがとうございました!!