ホーム > 授業一覧 > 詳細

甘葛煎(あまづらせん)って、どんな味?
~まぼろしの古代スイーツ、復活!~

日時:2019年12月21日(土)13:30~16:30
教室:奈良女子大学(奈良市北魚屋東町)

●授業について
奈良~平安時代に多く用いられた甘味料、甘葛煎。廃れて原材料も製造方法も分からなくなった甘葛煎の再現実験を行い、幅広い校外活動も展開する、奈良女子大学の前川佳代さん。研究の成果や今後の展望を伺い、特製古代スイーツを味わってみよう。

☆スタッフブログ
「削り氷にあまづら入れて・・・」
http://nhmu.jp/blog/info/14485

【先生】
前川 佳代
(奈良女子大学 大和・紀伊半島学研究所古代学・聖地学研究センター協力研究員)

【参加費】
500円(飲食代)

【定員】
15人

【申込締切】
12月14日(土)09:00
※申込多数の場合は、抽選となります。



学生証IDでの申込み

参加費:500円(飲食代)
定員:15人
申込:12月14日(土)09:00締切
※申込多数の場合は抽選

先生紹介
ひとまちの人 前川佳代

前川 佳代
奈良女子大学大和・紀伊半島学研究所古代学・聖地学研究センター協力研究員
【詳しくみる】

教室紹介
ひとまちの街 奈良女子大学記念館

奈良女子大学
住所:奈良市北魚屋東町
【詳しくみる】