ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年7月 (4)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!

    元気ですかッ!!
    まだまだ暑い日が続いていますが、みなさんお茶飲んでますかーー?

    お茶といっても様々なものがあります。
    緑茶(Green tea)
    紅茶(Black tea)
    烏龍茶(Oolong Tea)etc…

    お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!_1

    緑茶や紅茶、烏龍茶など、お茶の種類は沢山ありますが、素は全て「お茶の樹」。
    どのお茶も、お茶の樹から葉を採取し、加工したものなのです。

    お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!_3

    質問!
    「じゃあ、ひとつの茶園で色んな種類のお茶が作れるの?」

    答えは、「Yes!」

    9月27日の授業「月ヶ瀬のお茶の舞台裏 ~お茶を栽培する、という仕事~」の先生、月ヶ瀬健康茶園の岩田文明さんは、先祖代々続く茶農家に生まれ、家業を継ぐと同時に紅茶作りも始められました。
    今では、烏龍茶を含め様々なお茶を作っておられます!

    お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!_4

    作り方にもこだわりを持っておられ、土造りから製茶、貯蔵、加工、袋詰め、喫茶まで徹底してこだわることで、「安心して飽きずに飲める、飲み続けられるお茶」「体が求めるお茶」作りに取り組んでおられます!

    そんな月ヶ瀬健康茶園に、我々は訪れることができるッ!!

    お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!_2

    月ヶ瀬までの交通手段がない方も安心ッ!
    (バスでみなさんご一緒にお連れします。)

    しかも当日は、お昼を挟んでの1日プログラムッ!!
    (※昼食は持参してください。)
    ってことで、授業の中身も超充実ッ!!

    (1)茶園見学
    茶園を歩いて見学します。ただ歩くだけでは物足りんッ!
    デモンストレーション「茶摘み」を見学ッ!
    みなさん、茶摘みですよ!茶摘み!見たことあります?
    (ちなみにお昼ご飯は茶園で食べますYo!)

    (2)茶葉の手もみ体験
    茶葉を手もみし、爽やかな香りを体感ッ!
    ((1)で摘んだ茶葉ではなく、前日に摘んだ茶葉で手もみ体験をします。
     当日摘んだ茶葉では手もみできません。)

    (3)手もみした茶葉の試飲
    これはこれは見逃せませんよ!!! 
    手もみしていただくのは何と「生紅茶」(岩田さん命名)なる聞いたこともないお茶!
    詳しい中身は、もちろん当日までの超お楽しみッ!

    お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!_5

    残念ながら、バスの定員の関係で多くの方にご参加いただける授業ではありません。
    本当は多くの方に参加していただきたい授業なのですが、仕方がなかとです。
    だからこそ、ぜひ受けて欲しいこの授業ッ!
    躊躇せず今すぐお申し込みを!!

    お茶の生産地「月ヶ瀬」訪問ツアー!!_6

    あの方もこう申しております。 
    「何もできないって言って何もしなかったら、もっと何もできない・・・。」
    ~キ○・ヤ○ト~

    お申込みはコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/19218

    (ask)

    « | »