ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2019年1月 (7)
  • 2018年12月 (4)
  • 2018年11月 (6)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (7)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 努力すれば夢は叶うもの

    奈良におしゃれな綿菓子のお店ができたと知り、以前、訪れたことのあったお店「Pamba pipi」。
    そのお店のオーナーさんが、美容師さんだったなんてホントにビックリ!
    この日の授業「こだわり満載のポップな綿菓子 ~美容師が綿菓子店を開いたわけ~」でどんなお話をお伺いできるのか・・・と、私“うしお”も興味津々で従事させていただきました。

    お店では授業ができないため、先に教室の準備を整えてからお店に移動し、学生のみなさんを待ちます。

    努力すれば夢は叶うもの_1

    授業開始5分前、学生のみなさんはお揃いになりましたが、肝心の小林先生の姿が見えません。
    担当スタッフが小林先生の経営している美容室を見に行くと、先生はまだお客さんの髪をセット中とのこと!
    授業直前まで美容師のお仕事とは、なんともお忙しい小林先生。
    「間に合うの?」「直前打ち合わせはなし?」と、内心ヒヤヒヤ・ドキドキ!でしたが、授業開始直前、小林先生が小走りで到着。
    Pamba pipiについてご紹介いただいた後、お店のスタッフの方が、あの巨大な綿菓子づくりを目の前で披露してくださいました。

    努力すれば夢は叶うもの_2 努力すれば夢は叶うもの_3

    みなさん、ご存じでしたか?
    顔も隠れてしまうほどのあの大きな綿菓子を、どうして作ることができるのかを・・・。

    まずひとつめは、ザラメの種類。
    Pamba pipiで使用されているザラメは、普通のザラメより粒の大きい「鬼ザラメ」。
    この鬼ザラメを使うことにより、長時間、あの綿が出てくるのだそうです。
    なお、綿菓子づくりに鬼ザラメを使っているところは、全国でもPamba pipiだけなんだそうですよ。

    そしてふたつめは、作り方。
    棒に綿菓子をある程度まで巻き付けた後、出てきた綿の帯を片手で引き上げ、丸い綿菓子の上にどんどん巻き付けていくのです。
    こうすることで、あのまんまるで大きな綿菓子ができあがるというわけなんです。

    努力すれば夢は叶うもの_4 努力すれば夢は叶うもの_5

    学生のみなさんは、それぞれ好みの味のカップ入り綿菓子を購入した後、授業会場へ移動し、授業開始です。

    努力すれば夢は叶うもの_6

    小林先生は、2017年4月、美容室のお客さまとのふとした会話がきっかけで、綿菓子店を開きたいと思い立ったとのこと。
    すぐに「事業計画書」をしたため、奥様に相談。
    OKサインが出たところで、食品衛生責任者の資格を取得。
    その年の7月にはPamba pipi1号店をオープンするという超スピード!
    その裏には、小林先生の努力もさることながら、美容師としての先生の厚い人脈とつながりがあったからこそ、この短時間でのオープンにこぎつけたとのお話。

    努力すれば夢は叶うもの_7

    そしてさらに2018年7月には2号店をオープン。
    お話をお伺いしていると、小林先生はとっても勉強熱心な努力家でいらっしゃる上に、すごい強運の持ち主では?と思わざるを得ないですよね~。
    やはり努力を惜しまない人は、自然と運気もアップするものなんですね!

    努力すれば夢は叶うもの_8

    授業の様子は、ひとまちレポートもご覧くださいね。
    「可愛い綿菓子の花が咲くお店見学」
    http://nhmu.jp/report/31210
    「行動力が凄い!」
    http://nhmu.jp/report/31288

    綿菓子店を始めてから、小林先生はもてなす喜びをよりいっそう感じるようになったとのこと。
    そして、美容師の時には考えもしなかった「奈良の観光に貢献したい」「地域の活性化に繋げていきたい」という思いを強く持つようになったそうです。
    気温と湿度の高い夏季はまだまだ課題も多いそうで、その対策について日々スタッフのみなさんと検討しながら模索しているとのこと。
    現状に満足せず常に研究心を持ち続けておられる小林先生のこれからのご活躍をお祈りいたしております。

    努力すれば夢は叶うもの_9

    (うしお)

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり、間もなく始まります!

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりのパンフレットは、手にとっていただけましたでしょうか?
    「まだ~」と言うみなさん!奈良市内の各所にパンフレットが設置されていますよ。
    市内の公民館(分館を除く)にも置いていますので、ぜひ手に取ってみてください。

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり、間もなく始まります!_1

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりの2日間、会場では「古の奈良、今の奈良を知る」として、多彩な講演会やワークショップが行われます。
    奈良ひとまち大学で先生をしていただいた方も、いくつかの講演会に登壇されますので、要チェックです!

    1.「地域に根付く信仰を伝える写真とことば 神撰からひもとく奈良の祭り」
    先生は、2015年11月の授業「奈良を撮り続けた男、入江泰吉 ~旧居から見える、写真家の素顔~」の先生、入江泰吉旧居コーディネーターの倉橋みどりさん。
    奈良大和路の祭りについて、写真家の野本暉房さんと語らいます。

    日時:1月26日(土) 16時~17時30分
    場所:天平みはらし館VRシアター
    参加費:1,500円
    定員:180人

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり、間もなく始まります!_2

    2.1月27日(日)の「南都の寺のお坊さん講話」
    南都を代表するお寺の6人のお坊さんによるリレー講話には、2人の先生が登場。

    2018年6月の授業「世界遺産、元興寺のエトセトラ ~お坊さんは元銀行員~」の先生、元興寺 僧侶の辻村泰道さんが、13時~13時40分の「元興寺創建千三百年を振り返って」に。

    2016年1月の授業「知っているようで知らない、修二会 ~東大寺二月堂のお水取りって?~」の先生、東大寺 僧侶の佐保山暁祥さんが、16時~16時40分の「東大寺の冬の行事 ~修二会を中心に~」に。

    このおふたりの他には、興福寺の夛川良俊さん、西大寺の笹尾正憲さん、唐招提寺の松浦俊昭さん、大安寺の河野裕韶さんが講話を行います。
    “かっぱ”は、全ての講話をハシゴしたい気分。

    日時:1月27日(日) 11時~(各時毎40分)
    場所:天平うまし館 tokijiku kitchen 平城京
    参加費:各回2,000円(おやつ・飲み物代)
    定員:各回約40人程度

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり、間もなく始まります!_6

    3.トークショー&上映会「平城宮の祈り」
    先生は、2016年10月の授業「『カメラマン』という生き方について ~世界を駆け抜けた男が撮る、奈良~」の先生、フリーランスカメラマンの保山耕一さん。
    海龍王寺住職の石川重元さんとのトークショーです。
    保山さんの、観る人を圧倒する美しい奈良の映像とともに、平城宮が語られます。

    日時:1月27日(日) 16時~17時30分
    場所:天平みはらし館VRシアター
    参加費:無料(整理券配布)
    定員:180人
    ※詳細は、奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりHPまたは実行委員会事務局まで

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつり、間もなく始まります!_4

    他にも、たくさんの講演会・ワークショップが行われますよ~!!↓
    https://hoguhogunara.jp/event/#learn

    奈良ちとせ祝ぐ寿ぐまつりのHP↓
    https://hoguhogunara.jp/

    奈良ひとまち大学1月26日(土)の授業「奈良時代と繋がる祭りを楽しむ ~奈良LOVERSとちとせ祝ぐ寿ぐまつり~」は、コチラ↓
    http://nhmu.jp/class/31036
    ただ今、先着で受付中。
    お急ぎください!!

    (かっぱ)

    今年の特別授業は・・・

    明けましておめでとうございます!
    今年も奈良ひとまち大学をよろしくお願いいたします!

    さて、年が明けて、奈良ひとまち大学が行う最初のビッグイベントは、みなさん、もうご存じですよね?
    そう、特別授業!
    今年も奈良ひとまち大学は特別授業を開催します!
    そして今回、特別授業のテーマに取り上げたのは・・・。
    えへへ、ちょっと焦らしちゃおうかなw

    ヒント!
    冬の奈良のビッグイベントといえば?

    そうそう、若草山の山焼きですよね!
    打ち上げ花火の合図とともに一斉に点火!
    冷たく透き通った奈良の冬空を紅く染めあげる、200年以上続く伝統の行事で・・・って、違ーーーう!

    今年の特別授業は・・・_7

    それもあるけど!
    もっとこう・・・、ホラ、他にもあるでしょう!?
    って、僕が焦れてきたので正解をお知らせします!
    そう!「しあわせ回廊 なら瑠璃絵」ですよね!!
    2月9日(土)の特別授業「もっと楽しむ、なら瑠璃絵 ~写真映えするスペシャル企画~」は、今年で10周年を迎える なら瑠璃絵とコラボして開催します!

    今年の特別授業は・・・_3

    冬の澄んだ空気に満たされた夜の奈良公園と東大寺・春日大社・興福寺の3社寺を幻想的な光の回廊で結び、美しい瑠璃絵の世界を演出する、なら瑠璃絵。
    奈良の伝統と文化を同じ空間で味わうことができるので、まさに奈良ひとまち大学の特別授業にピッタリ!

    今年の特別授業は・・・_4

    今回の特別授業は、2部!いや、3部構成となっています!
    まず第1部は、なら瑠璃絵実行委員会の立ち上げから携わっておられる平井宗助さんを先生にお迎えして、なら瑠璃絵を立ちあげてから現在に至るまでのお話や、なら瑠璃会にかける想いなどをお話しいただくほか、なら瑠璃絵の楽しみ方やちょっとオシャレな撮影ポイントを紹介していただきます。

    第2部では、3社寺別に分かれて夜参りに出掛けます!
    そして、なんと!
    今回は特別に、3社寺を、それぞれの神職さんと僧侶さんが案内してくれます!
    アッメイジング!

    今年の特別授業は・・・_5

    え、はい?「3社寺全部を回るんちゃうの?」ですって?
    そうなんです、すみません。
    本当は、みなさん全員に3三社寺を巡ってほしかったんですが・・・。
    実は3社寺全てを回ることができない理由は、第3部にあるんです。

    第3部では、ふたつめのスペシャルである再点灯式を行うのです!
    なら瑠璃絵は通常、18:00点灯21:00消灯となります。
    が!今回!特別に!一度消えた灯りを奈良ひとまち大学のためだけに!もう一度点灯していただけることになりました~!

    今年の特別授業は・・・_6

    みなさん、想像してみてください。
    月の薄明りのなか、甍庭園の輪郭がうっすら見えているところに、次の瞬間!
    一瞬にして瑠璃色の光の海が広がる!
    そして、願い事を書いた花短冊を、丘の上の木につける・・・。
    んー、ロマンティックが止まらないですね~。

    再点灯式を行うにあたって、なら瑠璃絵実行委員会の方々には、本当に無理なお願いを聞いてもらいました。
    ありがとうございます!
    ということで、21:00過ぎの再点灯式にはみなさん全員が揃っていなければならないので、3社寺全てを回ることができないということなんです。

    今年の特別授業は・・・_2

    みなさんには、21:00までには再点灯式の会場に戻って来てもらう予定で、再点灯式までの間は休憩時間となります。
    奈良ひとまち大学は、先生のお話を聞くだけでなく、参加者同士、奈良を愛する者同士のつながりを作っていくことも目的としています。
    休憩時間には、みなさんが行けなかった社寺の様子を話して分かち合ってもらえたらなぁ~と思います!

    さてさて、長々と書いてきましたが、結局何が言いたかったのかというと、「めっさおもしろい授業やからおいでや!」です!
    みなさまのお申込お待ちしております!
    申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/31151

    (よっしー)