ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2022年1月 (2)
  • 2021年12月 (5)
  • 2021年11月 (5)
  • 2021年10月 (3)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (4)
  • 2021年7月 (6)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    1月23日(日)の授業「世界へ羽ばたく月ヶ瀬のお茶 ~井ノ倉さんのお茶が愛されるわけ~」のご案内です。

    近鉄奈良駅から東へ車で1時間ほど走ると、茶畑が広がる月ヶ瀬に到着します。
    今回の授業は、その月ヶ瀬で11代、実に260年以上続く茶農家の井ノ倉光博さんを先生に迎えて開催します。

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    高原で昼夜の寒暖差があり、朝霧がたち込める月ヶ瀬は、美味しいお茶を作るのに最適な場所とされてきました。
    大和茶の美味しさの秘密は、ここにもあるのですね。
    そんな月ヶ瀬で、井ノ倉さんの家は茶工場の隣にあり、常にお茶が身近にありました。
    小さい頃からお茶の香りが好きだったそうです。

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    井ノ倉さんのお茶作りは、有機肥料を主とした優しい土作りから始まり、月ヶ瀬の湧水を使って茶葉を蒸し、透明感のある水色(すいしょく)と「まろ味」をめざして、日々お茶と向き合っています。
    まろ味って?
    気になりますね。

    井ノ倉さんが大切にしていることは、お茶を通して「人と人のつながり」を作ること。
    お茶の香りは幸せを運ぶ。
    その思いは人から人に伝わり、井ノ倉さんのお茶は月ヶ瀬から東京へ、そして世界へと広がっていきました。
    今では、国内のハイグレードホテルはもとより、パリのTHEODOR、ブルガリ ホテル ミラノといった世界の一流の場所でも愛飲されています。

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    授業では、世界一の茶作りをめざしている井ノ倉さんから、茶葉へのこだわり、大和高原ならではのお茶作りや美味しいお茶の淹れ方について伺います。
    また併せて、世界へと広がっていったお茶の話も伺います。
    「もっと美味しいお茶を作りたい」と日々ひたむきに茶葉に向き合っている茶農家・井ノ倉さんの姿を知ることで、奈良の食と農の魅力に触れてみませんか?

    ※授業ではお茶を淹れる体験は行いませんが、井ノ倉さんに淹れていただいたお茶の試飲を行います。

    ぜひお申し込みください!
    お待ちしています。
    お申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/36756

    Photo:kuraya eto shyuji

    (かっぱ)

    古代のロマン

    1月29日(土)の授業「日本で一番ビッグ!な円墳 ~公園の中にある富雄丸山古墳~」では、なんと発掘調査を体験します。
    先日、みなさんに先駆けて発掘体験をさせていただく機会がありましたので、行ってまいりました。

    こちらが富雄丸山古墳です。

    古代のロマン

    発掘現場は墳頂部になります。
    少し登るので頂上からの眺めがとても素晴らしいです。

    古代のロマン

    発掘体験は、このような道具を使って行います。

    古代のロマン

    約1m四方のスペースが割り振られ、決められた場所で発掘を行います。
    何か出土した場合は、どこで発掘されたのかが重要とのことです。

    古代のロマン

    残念ながら私は何も見つけることができませんでしたが、埴輪の破片を発掘した方もいらっしゃいました。

    古代のロマン

    発掘体験では、全く何も出ないことは少なく、小さいものであれば鏡・埴輪・刀・管玉・鉄器などの破片がちょくちょく出土するみたいですので、ご安心ください!
    古代のロマンに触れられる貴重な機会ですので、ぜひお申し込みください!

    今回の授業の教室「西部生涯スポーツセンタークラブハウス」までの行き方を紹介します。
    教室の最寄りのバス停「若草台中央」へは、近鉄学園前駅・近鉄富雄駅の両方からバスが出ていますが、
    授業開始の10時にちょうどいいのが、近鉄学園前駅9時25分発・若草台中央9時38分着のバスになりますので、公共交通機関でお越しの方は、このバスをご利用ください。

    「若草台中央」でバスを降車して、右手にテニスコートを見ながら西に約100m進むと・・・

    古代のロマン

    交差点があります。

    古代のロマン

    交差点を右折して北に約200mなだらかな下り坂を進んでいくと・・・

    古代のロマン

    右手にクラブハウスが見えてきます。

    古代のロマン

    これがクラブハウスです。

    古代のロマン

    みなさんのお申し込みをお待ちしております。
    申込はこちらから→ http://nhmu.jp/class/36762

    (じーあん)

    日本最大の円墳!

    「奈良」と言えば・・・「鹿」「大仏さま」、そして「古墳」!
    奈良ひとまち大学でも、今まで古墳にまつわる授業をいくつもやってきました。
    私が担当した授業は、どちらかというとその可愛いビジュアルに注目したものばかり。

    2016年2月28日の授業「古墳・木簡がスイーツになった!? ~奈良らしいお菓子を発信するカフェ~」では、古墳型ケーキのワークショップをしたり。

    日本最大の円墳!

    2018年12月22日の授業「空前の古墳ブーム、到来!? ~ブームを牽引する古墳クッション~」では、古墳クッションの制作秘話を伺ったり。

    日本最大の円墳!

    このたび、満を持して、本物の古墳に足を踏み入れることになりました。
    それも、日本最大の円墳「富雄丸山古墳」です!!

    2017年、航空レーザーによる測量調査で国内最大の円墳であることが判明し、一躍注目される存在に。
    現在、第4次調査まで、発掘調査がされています。
    奈良市動画チャンネルでも紹介されていますので、詳しくはこちらをご覧ください。
    日本最大の円墳 富雄丸山古墳【4K】
    https://youtu.be/N5-7i6mfkIs

    1月29日(土)の授業「日本で一番ビッグ!な円墳 ~公園の中にある富雄丸山古墳~」では、富雄丸山古墳を教室に授業を行います。

    先生は、奈良市埋蔵文化財調査センター所長の鐘方正樹さんと・・・

    日本最大の円墳!

    同センター主事の村瀨 陸さんです。

    日本最大の円墳!

    富雄丸山古墳の担当者でもある村瀨さんは、先ほど紹介したYouTubeにも登場していますよ。
    授業では、おふたりから富雄丸山古墳のお話を伺った後、現地にて発掘調査体験をさせていただきます!

    日本最大の円墳!

    実はこの発掘調査体験、すごい人気でして、既に今年度の募集は締め切ったとのこと。
    申込損ねて残念な思いをしていたみなさん、チャンスですぞ!!
    専門知識がなくても問題ありません。
    せっかくの貴重な機会、古代のロマンを魂で感じてみませんか?

    授業の申込はこちら↓↓
    http://nhmu.jp/class/36762

    (なさ)