ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2023年1月 (4)
  • 2022年12月 (2)
  • 2022年11月 (3)
  • 2022年10月 (2)
  • 2022年9月 (6)
  • 2022年8月 (6)
  • 2022年7月 (6)
  • 2022年6月 (8)
  • 2022年5月 (4)
  • 2022年4月 (7)
  • 2022年3月 (7)
  • 2022年2月 (6)
  • 2022年1月 (7)
  • 2021年12月 (8)
  • 2021年11月 (8)
  • 2021年10月 (8)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (6)
  • 2021年7月 (7)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 音楽×奈良=特別授業!

    3月11日(土)の特別授業「音楽LOVE×奈良LOVE ~コンサート&クロストーク~」のご案内です!!
    テーマはズバリ!
    「音楽×奈良」!!
    過去に奈良ひとまち大学で「音楽」について先生をしていただいた3人をお迎えして開催します。
    ありそうでなかった試みに、スタッフ一同ドキドキワクワクしながら準備中です。

    誰がお越しになるか、気になりますよね!
    紹介させていただきます。

    1人目は、2017年3月26日の授業「大好きな音楽を仕事にする、ということ」の先生、鈴木智貴さん。
    音楽大学卒業後ウクレレ奏者となり、2016年12月には国際大会でグランプリを受賞するなど、国内外でご活躍中です。

    音楽×奈良=特別授業

    2人目は、2014年5月24日の授業「モンゴル、その音楽と文化と。」の先生、中西史子さん。
    モンゴル日本大使館勤務時にヤトガ(モンゴル筝)に出会い、現在、日本人唯一のヤトガ奏者として、奈良・東京・札幌を拠点に、演奏活動や学校での体験活動などで全国を飛び回っています。

    音楽×奈良=特別授業

    3人目は、シンガーソングライターの吉田ともえさん。
    2011年6月25日の授業「愛し愛されたい!わたしたちの奈良」と、
    2012年8月25日の授業「奈良で歌う 奈良を歌う」で先生を務めていただいた他、
    2015年の開校5周年特別企画「奈良ひとまち大学校歌プロジェクト!」では、奈良愛にあふれた校歌の制作を担当していただきました。
    現在は子育てに奮闘しながら、子どもたちとミュージカルを作る活動も。

    音楽×奈良=特別授業

    今回の特別授業では、奈良ひとまち大学にゆかりがある3人の生演奏とクロストークを行う豪華版です。
    奈良ひとまち大学以外では見れない・味わえない内容になること間違いなしです!!

    最後に、先日行った打合せの様子をチラ見せします。

    吉田さんの生歌を聴くことができて、スタッフ全員が役得を満喫。
    「スタッフやってて良かったあ~!」と叫びました。

    中西さんのヤトガは、力強くて、でもとても優しいキレイな音色でした。
    当日、どんな曲が聞けるのかお楽しみに。

    音楽×奈良=特別授業

    ヤトガを囲んで、共演者同士でお話も。

    音楽×奈良=特別授業

    司会を担当いただくのは、ならどっとFMでDJをされている、ほりいみほさん。

    音楽×奈良=特別授業

    チェコの親善アンバサダーで旅モデルでもあるほりいさん。
    スタッフが出演のお願いをした時も海外に居たそうです。
    どんなお話が聞けるのが楽しみですね。

    みなさん、ぜひお申込みください。
    申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/38664

    (もりぞー)

    ビャンの文字はフォントが無いッ!!

    寒い日が続きますねぇ。
    みなさま風邪など引かずに元気に過ごしておられますか?

    ひとまち大学のブログを書くのは何だか久しぶり。
    さぁ、そんな“ask”が提供させていただく2月26日(日)の授業 「ビャンビャン麺ってなんだ? ~メディアで話題の西安料理~」は、そう、「ビャンビャン麺」の授業!
    「なんそれ!」とZAZYばりのツッコミが入りそうなキーワードですね。

    本当は漢字でご紹介したかったのですが、この漢字はフォントで表せない!!

    ビャンの文字はフォントが無いッ

    「ビャン」という漢字は、なんと57画もあり、中国一画数の多い漢字とされています。

    で、麺はこちら!

    ビャンの文字はフォントが無いッ

    特徴的なのは麺の太さ。
    なんと3cm!!!!!
    名古屋のきしめんなんて目じゃない太さ。
    ふっといため、ベルト麺と呼ばれたりします。

    ビャンの文字はフォントが無いッ

    あの秦の始皇帝も好んで食べたという一品で、酢と香辛料が混ざり、辛さの中にもほんのりとした酸っぱさがイイ味です!!

    実は世間でブームのビャンビャン麺。
    メディアでもたびたび紹介されています!
    某大手冷凍食品会社からビャンビャン麺の冷凍食品が新発売されるほどです!!
    スーパーで売っているのを“ask”は見ましたよ!

    今回の授業でみなさんに試食していただくビャンビャン麺は、「超本場、中国・西安のビャンビャン麺」!!
    授業の教室は、パラディ学園前の中にあるお店「王楽園(わんらくえん)」。

    ビャンの文字はフォントが無いッ

    こちらの店長である王曉亮(わん しゃお りゃん)さんは、ビャンビャン麺の本場、中国・西安のご出身です。
    と~っても気さくで明るいお方。
    あの「となりの人間国宝さん」の認定を受けています!

    ビャンの文字はフォントが無いッ

    授業では、王さんが中国・西安から日本に来て、なぜ奈良にお店を出したのか、そしてビャンビャン麺についてもお伺いします。
    ビャンの漢字の書き方もマスターできますよ!

    ビャンの文字はフォントが無いッ

    どうでしょう?こんな授業?
    それでは、みなさんのお申込をお待ちしておりますね!
    まずは申込をしていただかなければ始まりません。

    申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/38826

    あの方もこう申しております。
    「東南西北白發中ラーメンマーン!」
    流れ星 ちゅうえい

    (ask)

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    今回のブログでは、2月5日(日)の授業「歌声を奈良の風にのせて ~氷置晋のミュージックライフ~」の教室、奈良女子大学附属中等教育学校の多目的ホールへの行き方をお知らせしますね。
    前回のブログ「奈良で歌うアーティスト、氷置晋」も、ぜひご覧ください♪
    http://nhmu.jp/blog/info/17031

    今回の教室・多目的ホールは、校門を入って左側に進んだところにあります。
    車で来られる方は、校門を入って右側のスペースに停めてくださいね。

    正面玄関を右に見ながら、奥にずっと入っていきます。

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    ここを右折します。

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    この建物に多目的ホールがあります。

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    靴は、入口を入ったあたりに脱いでおいてください。
    スリッパをお借りすることはできますが、必要な方は上履きをお持ちくださいね。

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    多目的ホールは、2階にあります。
    階段を上がって右手です。
    受付は多目的ホールの前で行いますので、ここまでお越しください。

    氷置さんが6年間を過ごされた思い出の場所での授業。
    学生時代の思い出話も聞けたりするのかなぁ?
    実は氷置さんはコロナ禍をきっかけに声楽を始められたとか。
    音楽以外にも、自身の応援団長である「ぴよっきー」をプロデュースするなど、その活動はとっても幅広いんですよ。
    氷置さんのバイタリティはもちろん、音楽を通じてつながった仲間からいろいろな刺激を受けているから幅広いのかなぁ。

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    東日本大震災の時には奈良駅前でチャリティライブをして200万円を被災地に送ったという逸話もあります。
    最初は2人で始めた路上ライブが、いろいろなアーティストが集まって広がっていったそう。
    音楽の持つ力を改めて感じたんだそうです。
    話を聞いていると氷置さんの音楽人生には様々な人との出会いやつながりがあることを感じました。

    授業「歌声を奈良の風にのせて」の教室案内

    彼の人生に触れると、私たちも一歩を踏み出す勇気や元気をもらえるんじゃないかなぁと思います。
    もちろん、オリジナル曲の歌唱もありますよ~♪
    楽しみにしていてくださいね。

    申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/38628

    (たかねぇ)