奈良ひとまち大学

menu

ひとまちブログ

松葉さんがパフォーマンスをする意味

2023.11.16 | 授業info | by Staff

12月24日(日)の授業「火を操るパフォーマーの人生 ~困難を乗り越えて表現したいこと~」のご案内です。

私が松葉さんに出会ったのは5年前。
私は現在勤務している富雄公民館に赴任したばかりで、地域のこともまだ何も分からず、来館される方のお顔もあまり分からないという時期でした。
ちょうどその時、松葉さんは自治会長をされていて、自治会の会議などで、よくお見掛けする方でした。

松葉さんがパフォーマンスをする意味

とにかく話し方が優しくて、物腰も柔らかいという印象でした。
そして当時は髪が腰ぐらいまでの長さでひとつに束ねておられて、松葉さんは何のお仕事をしているんだろう?と興味津々でした。
そして当時の館長から、松葉さんは企業で仕事をする傍らファイヤーパフォーマンスをしている人で、鳥見の夏祭りの仕切りとパフォーマンスを一手に引き受けておられると聞いて、とてもびっくりしました。

blog20231116_2

そんな出会いから今回、奈良ひとまち大学の先生をお願いすることになりました。
私自身、ファイヤーパフォーマンスを目の前で見たことがないので見てみたい!
なかなか見ることができない炎のパフォーマーが奈良に住んでいるなんて、絶対呼びたい!!
・・・と熱望し、先生をお引き受けいただきました。

そして、授業に向け松葉さんと9月頃に打合せを行い、いろんな話をお聞きしました。
過酷な家庭環境だったこと。
いじめに遭ったこと。
ひとりの恩師との出会いと別れがきっかけで、表現するということを通して恩師に恩返しができたらと思ったこと。
全てが、現在の「パフォーマンスをする意味」に繋がっているとおっしゃっていました。

松葉さんがパフォーマンスをする意味

松葉さんは、「授業では、パフォーマンスを観て『何か』を感じて帰ってもらいたい。
感じ方はそれぞれの感性があるだろうし、好き嫌いもある。
『嫌い』だと感じてもらうのもいい。
何かを思い、感じてくれれば・・・」とおっしゃっていました。
松葉さんのファイヤーパフォーマンスを、ぜひご自身の目でご覧ください!!

松葉さんがパフォーマンスをする意味

ぜひお申込ください♪
申込はこちら↓
https://nhmu.jp/class/40290

(おーちゃん)

19,573

2023.11.05 | 授業 | by Staff

19,573・・・この数字、何だかわかりますか?
実はこの数字、今回の授業「江戸時代の観光マップで奈良を歩こう ~Nara観光コンシェルジュがご案内~」で、わたくし、スタッフの“GA-3★”が歩いた歩数です。
距離で計算すると15㎞ほどになるそうです。
お手伝いした奈良ひとまち大学の授業史上、一番歩いた授業になりました。
ですが、そんなに歩いたと感じさせないぐらいおもしろい授業で、学生のみなさん大満足!!

19573

さて今回の授業は、奈良の大仏前に店舗があった絵図屋庄八が出版した「和州奈良之絵図」を見て昔の奈良を想像しながら、現代の奈良を歩くという、ちょっと変わった町歩きでした。

そんな変わった町歩きでしたが、一番の魅力はやっぱり先生であるNara観光コンシェルジュの山﨑愛子さんのお話です。

19573

何回も歩いたことのある道なのに「ここには実は・・・」「ここから見えるのが・・・」など、話が出るわ出るわで、大げさに言えば数メートルごとに解説があり、それもとても分かりやすくて、スタッフじゃなかったら一番前で聞きたい!と思ったぐらいです。

19573

先生のファンになってしまいました♪

そして、奈良のまちの魅力も再発見!!
普段、何気なく通っている道でも、見方を変えると歴史があり、「だからこんな道になっているのか!」など、歴史ある奈良ならではの発見がたくさんあります。
ぜひ一度「和州奈良之絵図」を見ながら歩いてみてはいかがでしょうか。

19573

奈良で活動している人に出会い、奈良のまちに出会える場となった今回の授業は、奈良ひとまち大学の名前どおりの授業でした。
授業の様子は「ひとまちレポート」もご覧ください♪
「江戸時代に思いを馳せて奈良散歩」
https://nhmu.jp/report/40268

(GA-3★)

こころもおなかも満足!

2023.11.04 | 授業 | by Staff

今回の授業は、奈良市西登美ヶ丘にある「シフォンのお店 PUKKU」で開催しました。
PUKKUは、2019年9月の授業「おいしい、かわいい、シフォンケーキ ~子育てママのケーキ屋さん~」に登場して以来ずっと、ずっと私が気になっていたお店です。

こころもおなかも満足

何を隠そう、わたくし“くすきち”は登美ヶ丘の地に勤めて3年目にして、なんと今回が念願の初来店☆
今まで、いろんな方々から差し入れなどでいただき、シフォンケーキはもちろん、クッキーやプリンなど、お店の商品は何度も食べたことはあったんです!
がっ!しかし!!
お店の営業日や営業時間の関係で都合が合わず、来店できずに悶々と3年が過ぎていきました。
シフォンケーキを食べる度、PUKKUへの思いは募り、お店が移転するという情報も、新店舗の建設現場も、いち早くキャッチしていました。
せっかくPUKKUの御膝元の登美ヶ丘にいるのに、私にとっては「近くて遠いPUKKU」でした。

こころもおなかも満足

それが今回の授業「働くママたちのかわいいお菓子屋さん ~シフォンケーキのお店の取り組み~」にスタッフとして従事することになり、ついについに恋焦がれたPUKKUへ初来店が叶いました♪
しかも新築のピカピカのお店!
しかも5周年YEAR。
もう、ワクワク☆ドキドキ☆が止まりません!

こころもおなかも満足

まぁこれだけ話せば、いかに今回の授業が私にとって大きなイベントだったかおわかりいただけたことでしょう。
自分の気になっていた方やお店が奈良ひとまち大学で取り上げられる。
そして、その授業に裏方のスタッフとして関わることができる。
こんなラッキーなことが奈良ひとまち大学ではあるんですね~。

ここまでひたすら私の「PUKKU愛」を語ってばかりで、授業の内容には触れていませんでしたね(笑)。
教室となった新店舗は2階建て。
1階がカフェスペース、2階がワーキングスペースになっています。
でも、人気店ゆえにお店の移転後も益々お忙しく、この2階のスペースは活用できずにいたそうです。
そこで今回、この授業をこのスペースで開催することになりました。
木の香りが漂う、とっても日当たりの良いお部屋です。

こころもおなかも満足

授業の先生であるPUKKUオーナーの冨岡絵梨子さんを学生のみなさんで囲んで、お話を伺いました。
学生のみなさんのなかには、お店の常連さんやご近所さん、私と同じように来店したくても都合が合わなかった方、2019年開催の授業に参加した方も居て、みなさんそれぞれの思いをもって参加したようです。

学生のみなさんの共通点はPUKKUのシフォンケーキのファンであること。
そして冨岡さんの人柄に魅せられていること。
「夢をカタチにする」って、言葉では簡単ですが、現実問題、そう簡単にできるわけではありません。
もちろん、冨岡さん自身も表には見えない、見せない苦労が山ほどあるとおっしゃっていましたが、実際に自分の思いが詰まったお店をOPENしてしまうんですから、やはり冨岡さんはただ者ではありません!

こころもおなかも満足

「お店をやることで子どもが犠牲になるような店なら閉めたい!」とまで言える「子どもファースト」な考え方。
お店のスタッフ12人みんなの家庭もHAPPYであるために、みんなで協力して支え合っていける関係性を構築されています。
「シフォンケーキを食べた人に幸せになってもらいたい!」という願いはもちろん、お店のスタッフみんなの幸せも、そして何より自分自身の幸せも、全部を同率一番に考えているところが、また素敵です。

こころもおなかも満足

こんな素敵な考えをもったオーナーのお店だからこそ、地域に愛されているんでしょう。
そして、冨岡さんの新たな夢もいつかまた実現するんでしょうね!
おいしいシフォンケーキをいただきながら、応援し続けていきたいです。
あぁ~、PUKKUのことを思い浮かべてたら、食べたくなってきた~!!(笑)

(くすきち)