ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (5)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (4)
  • 2022年1月 (4)
  • 2021年12月 (5)
  • 2021年11月 (8)
  • 2021年10月 (7)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (6)
  • 2021年7月 (7)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 映えまくる秋の奈良

    今日の授業「Nara観光コンシェルジュの奈良案内 ~とっておき『映え』スポット、教えます~」では、Nara観光コンシェルジュの松原純さんに、奈良の映えスポットを案内していただきます。
    出発場所は、奈良の待ち合わせ場所の「テッパン」である「行基さんの噴水前」。
    「じゃあ行基前で集合な!」は、奈良民の合言葉でございます。

    映えまくる秋の奈良

    そんな場所で受付の準備をします。
    先生の松原さんが到着されました。
    あら、軽装ですね・・・。
    秋が深まり冷えを感じるなかでの外歩きだと覚悟していたため、奈良ひとまち大学と書かれた緑色のパーカーをしっかり着込んでいた私ともう1人のスタッフは、思わず顔を見合わせたのでした。

    映えまくる秋の奈良

    この日はきれいに晴れたので、歩いていると暑くなってきました。
    さすがコンシェルジュ・・・。

    さて、みなさんが揃ったので出発です。
    授業の様子は「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「奈良のまちの歴史と紅葉散策」
    http://nhmu.jp/report/36879
    「Nara観光コンシェルジュの奈良案内に参加しました」
    http://nhmu.jp/report/36919

    行基さんの噴水前から、ひがしむき商店街に入り、興福寺へ向かう坂道を登ります。
    五重塔が見える辺りで、青空講義スタート。

    映えまくる秋の奈良

    奈良を中心とした日本史の振り返り。
    今日のために特製資料を用意いただきました。
    「奈良ってほんっっとに、すごいところなんですよ!」との松原さんの熱弁に、道行く人も「なになに?」と、思わず引き込まれそうになっていました。

    興福寺の南大門跡へ移動。
    五重塔は来春から120年ぶりの大規模工事に入るため、見逃すとあと10年間は姿が拝めなくなります。
    3月頃に桜とともに撮れるかどうか・・・!
    学生のみなさんは熱心にカメラやスマホを向けていました。
    三条通を渡り、どこかの門を我が家のように開けて入っていく松原さん。
    「え、どこ行くんですか?」と追っていくと、「こちらも興福寺なんです!」とのこと。
    どういうこと??
    こちらは、菩提院。
    興福寺の子院にあたります。
    銀杏の黄色が美しい!
    木の下にお地蔵様が並んでいて、とっても絵になる~~!!
    ここで、御堂と銀杏の木を例に、映える撮り方ポイントを解説いただきました。
    重要なのは、光と見方。

    映えまくる秋の奈良

    見せたいものに対して光がどこから当たっているか、下から見るなど普通に見ないところを撮ることなどがポイントだそうです。
    Twitter担当のスタッフは、その教えを聞いて早速実践。
    「あれ、どこ行った?」と思ったら、離れたところからめちゃくちゃかがんで連写していました。
    負けちゃおれんと私もデジカメでいろいろ撮りましたが・・・映える写真になっているでしょうか?

    その後、菊水楼の前へ。
    こちらでも解説。
    楠木正成と関係があるなんて知らなかった~。

    映えまくる秋の奈良

    さらにまっすぐ進んで、春日大社の一の鳥居を抜け、どんどん進ま・・・ず!
    「右手をご覧ください!この切り株!」
    景色に溶け込んでいて分からなかったのですが、説明してもらって気づきました。

    映えまくる秋の奈良

    ご神木の松の切り株とのことです。
    見逃しがちなスポットのようで、学生のみなさんからも「何回も通っているのに気づかなかった!」との声がちらほら。

    他にも・・・
    おんまつりで神に舞を奉納する「芝居」の語源が感じられる場所
    奈良国立博物館の建物から分かる歴史
    東大寺南大門の天井の高さと仁王像の横にいる日本最古の狛犬
    東大寺七重塔跡近くの桜スポット
    吉城川沿いの紅葉ポイント
    鹿を撮るならこの季節がベスト
    ・・・などなど、1つに対して1つの講座ができるくらいの濃い内容を、ギュッと凝縮して案内いただきました。
    「本当はいくらでもお話ししたいですけど、そうなると1ヶ所で2時間以上は要るので・・・」だそうです。

    映えまくる秋の奈良

    さすがコンシェルジュ!
    奈良のことを語り出すと、話題の豊富さが底無しです。

    そして最終目的地である吉城園に到着。
    園内は、前日に少し雨が降って湿気を含んだ苔と、落葉した紅葉が一面に広がっていて大変美しいです!

    映えまくる秋の奈良

    松原さん曰く、「奈良のいいところは、伝統と自然が絡んでいるところ」。
    美しい自然と歴史を感じる建造物が一緒に撮れるスポットがたくさんあるのは、奈良ならでは。
    観光コンシェルジュの親しみやすく分かりやすいお話で、秋の奈良を満喫することができました。

    (もりぞー)

    « | »