ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (4)
  • 2021年2月 (5)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (4)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 素晴らしいコンビで 成し遂げた「竪義」

    本日は小雨! 
    そういえば前回、私が授業に関わった時(12月の「大きな茶わんの愉快なお茶会」)も小雨が降っていたような記憶が・・・
    もしや、雨オンナ?
    そんなことはない!きっと今日は晴れる!!と念じながら、本日の教室・興福寺へ。

    三条通り沿いの階段の下に車を止めて、荷物を興福寺会館へ・・・。 
    う~ん。雨、あがってほしいなぁ~。

    素晴らしいコンビで 成し遂げた「竪義」_1

    興福寺会館では、本日の先生方が既に映像を写し出す準備をされていました。
    おまけに、受付用に立派な机もご準備いただいて、恐縮・恐縮・・・。
    受付の準備が整わないうちに、すでに学生のみなさんがちらほら。
    今日は、60人の参加です。

    素晴らしいコンビで 成し遂げた「竪義」_2

    受付がスタートすると、遅れることなく、あれよあれよと言う間に次々と参集。
    受付風景の写真を撮る余裕は、どこにもありませんでした。

    さて、いよいよ授業開始です。
    今回の授業の先生は、興福寺に千年以上も前から伝わる「竪義」(正式には「慈恩会竪義(じおんねりゅうぎ)」)を終えられた僧侶・辻 明俊さんと、童子(付き人)を務められたSAILE 暁映さん。

    素晴らしいコンビで 成し遂げた「竪義」_3

    21日間の加行(けぎょう)をされたのち、法相宗の教義についての難解な口頭試問を受けるのが、「慈恩会」における「竪義」というものだそうです。
    「辻さんが受験生で、私は受験生の母ような感じ・・・」と表現されたSAILEさんに、みなさん「なるほど~」と大きく頷いておられました。

    加行は厳しいもので、横になって寝ることは許されない。
    浄火のみで灯りと暖をとる。しかも、加行中、浄火を消してはいけない。
    1日2食。
    諸堂参拝(1と6のつく日は約7kmに及ぶ)。
    何より、難しい教義の論議を暗記しないといけない。
    もちろん、テレビや携帯電話の使用は×。

    俗世間から離れた生活。逃げ出したくなりそうな厳しい行なのですが、おふたりの掛け合いを聞いていると、厳しい行のなかにも楽しさを感じてしまいました。

    素晴らしいコンビで 成し遂げた「竪義」_5

    「竪義」を成し遂げるという強い信念と大きなプレッシャーのなかでの生活を語るおふたりは、とても爽やかで魅力的。
    もし私が漫画を描けるのなら、失礼ながらおふたりの『「竪義」加行日記』たる作品を描きたいと思いました。
    それほど、おふたりの信頼関係は厚くて素晴らしい。
    もの凄いことを成し遂げたおふたりですが、高慢なところが全くなく、むしろあらゆるものに感謝の気持ちをもつ謙虚なお人柄に、みなさんも本物の輝きを感じたことと思います。

    いつまでもおふたりのお話を聞いていたいような雰囲気を残し、一旦授業は終了。

    教室の興福寺会館を出て、SAILEさんの案内で興福寺境内を回ります。
    ドイツ人のお坊さんに案内していただいていると、周りからの不思議そうな視線を感じます。

    素晴らしいコンビで 成し遂げた「竪義」_4

    東金堂の前でSAILEさんと別れて、本日の授業は終了。
    雨もあがって、心に虹がかかったような爽やかな授業でした。

    「慈恩会」「竪義」については、興福寺のホームページ「年中行事とイベント案内」に詳しく掲載されています。
    http://www.kohfukuji.com/event/festival/10.html

    (HANA)

    « | »