ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2021年10月 (2)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (4)
  • 2021年7月 (6)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • コトの間に明かりを灯す

    お暑うございます。
    平熱が低めの私の体温より熱を帯びた日々がこうもまぁ続くと、日差しの眩しさが恨めしく感じてしまう・・・。
    こんな日はやっぱ、冷たいものに限るっ!
    巷では「奈良かき氷MAP」が大人気で、近鉄奈良駅界隈のかき氷のお店に軒並み長い列が。。。

    8月22日の授業「奈良で遊ぶ、奈良を遊ぶ ~カフェから発信する奈良愛~」の教室「ことのまあかり」でも、「氷はじめました」情報が!!
    グルメレポートをすべく、「ことのまあかり」へGo!
    ちなみに、前回のブログ「ことのまあかりのつくりかた」にも予告していたのです。
    こちらもご覧くださいね★
    http://nhmu.jp/blog/info/8898

    お品書きはこちら

    コトの間に明かりを灯す_1

    「ことのまあかり」ワールド全開です。
    「かき氷」じゃなくて「削氷(けずりひ)」。
    私が伺ったのは削氷メニュー解禁初日だったので、お試し価格でいただきました~。

    注文したのはこちら、「橘三千代」。

    コトの間に明かりを灯す_2

    あっちゅう間に完食。
    須恵器と古墳スプーンが古代な感じ。
    器の周りにうっすら浮かんだ水滴がひんやり涼やかで、ガラスの器とはまた異なった趣きを醸し出しています。

    コトの間に明かりを灯す_3

    削られた氷の白にオレンジ色が映えて、レモン味のシロップが甘酸っぱくて、さっぱり美味しゅうございました。
    柑橘系シロップの削氷が「橘三千代」ってなんで?
    「名前ですよ(笑)」と言われて、「はぁっ!そうやん、橘って柑橘やん・・・」。
    ちなみに、橘三千代は藤原不比等の妻で、光明皇后のお母さんです。

    そして、牛乳とはちみつの削氷は「長屋王」。
    このネーミングは、当時牛も飼ってたセレブな長屋王だったら、牛乳とはちみつ(奈良時代には薬として日本に伝来していた)を食していたのでは・・・というところから。
    なるほどね~。
    古代への道、まだまだ遠く遥かなり。

    そうそう、和同開珎チケットもゲットしましたよ。
    これはドリンクチケットみたいなもので、先にチケット代を支払って使います。

    コトの間に明かりを灯す_4

    お酒以外のドリンクを注文したら、お会計のときにお手製の和同開珎スタンプを押してもらうのです。
    全部たまったら枝銭になって、遊び心たっぷり。
    ドリンク代が少しお得になるのも魅力です。

    コトの間に明かりを灯す_5

    さっそく「古墳珈琲中期 勾玉クッキー添え」をいただきましたよ。
    気分はまさしく豪族?はたまた貴族??

    コトの間に明かりを灯す_6

    お店には雑貨スペースもあり、「旅とくらしの玉手箱 フルコト」の商品も多数取り扱っています。

    コトの間に明かりを灯す_7

    「ことのまあかり」ってどんなところか、雰囲気、伝わりましたでしょうか?
    ここからは授業について、ふれていきたいと思います。

    先生は、
    ことのまあかり 店主 生駒あさみさん
    ことのまあかり 店員 伊藤多恵さん
    旅とくらしの玉手箱 フルコト あるじ 金田あおいさん

    生駒あさみさんの著書『ならびたり』は、奈良の素敵なお店・場所や、奈良を伝える魅力的な人たちが紹介された奈良案内本です。
    詳しくはコチラ→ http://sukuhido.com/narabitari/

    コトの間に明かりを灯す_8

    奈良で過ごす時間が日常でなかったからこそ気づいた魅力と、奈良に住んでみて新たにわかった魅力が生駒さん目線で描かれた、奈良への愛情がたっぷり詰まった素敵な本です。
    奈良が好きで、ずっと奈良にときめいていたいからこそ長年通っていたけれど、ついに住むことになったとき、特別な思いが色あせてしまうのではないかと不安に思っておられたこと。
    でも住んでみたらそれは杞憂で、日々新たな発見があり、「奈良愛」はますます深まるばかり・・・という生駒さんの思いに、個人的に心を打たれました。

    金田あおいさんは「ことのまあかり」の奈良時代的な器を全てプロデュースしています。
    見た目だけを似せているのではなく、時代考証に基づいて作製されているのですぞ。
    すばらしい・・・。

    コトの間に明かりを灯す_9

    授業では、天平気分を盛り上げるべく、「頭巾(ときん)」や「花鈿(かでん)シール」、「翳(さしば)」などをご用意くださいます。
    どんなんかは、当日のお楽しみっつうことで。。。

    授業は3人でトークしながら、みなさんが訊きたいことを中心にお話ししていく形になります。
    この機会に訊きたいことをまとめておいてくださいね♪

    お待ちかねの飲食タイムでは、「天平BARセット」と題し、天平人も食していたと思われるアレやコレやをいただきながら、一献傾けます。
    ソフトドリンクメニューもありますので、お酒NGな方も大丈夫ですよ。

    授業へのお申込み、お待ちしています
    ↓↓
    http://nhmu.jp/class/22695

    (なさ)

    和気あいあいと楽しくやっております。

    特別授業「開校5周年!奈良ひとまち大学 ~奈良LOVER大集合、の学園祭~」のプレ企画。
    開校5周年特別企画「奈良ひとまち大学校歌プロジェクト!」の参加賞の5周年オリジナル缶バッジ!!
    実はこの缶バッジ、手作りなんですねぇ。
    知ってました?ナニっ!知らないっ!?
    ま、そりゃそうですよね。
    ちなみに、手作りといえば、この缶バッジだけではないのです。

    ひとまち手旗&旧ひとまちポロシャツ。
    和気あいあいと楽しくやっております。_1

    ひとまちハンコ。
    和気あいあいと楽しくやっております。_2

    このコたちも手作りなんですね~。

    それはさておき、缶バッジを作ることにします!
    いつもいつも独りで作ることが多いのです。
    そう、作業は孤独との戦いです!!
    ・・・というのは冗談で、準備&作業は、みんなで分担して和気あいあいと楽しくやっております。
    さてと準備OK!
    エイっ!

    和気あいあいと楽しくやっております。_3

    どうです綺麗でしょ!

    和気あいあいと楽しくやっております。_4

    パパパパっとこんな感じで楽々完成です。職人っすわ。

    和気あいあいと楽しくやっております。_5 和気あいあいと楽しくやっております。_6

    あ、アハハハ・・・。
    やってしまいました。

    和気あいあいと楽しくやっております。_8

    ・・・もう一度・・・。
    ん・・・オカシイナ。オレ何やってんだろ?

    和気あいあいと楽しくやっております。_9

    上手くいきませんね。調子乗ってるとダメですねぇ(照)
    気を取り直して。オレ、マジの本気をだしちゃうぞっ!
    ・・・。
    ・・・・。
    ・・・・・!
    ・・・・・・!!!(涙)

    和気あいあいと楽しくやっております。_10

    ハイ。無残。
    こんな時は、スタッフに助けてもらいます。
    助けて~“ジーニョー”!(涙)
    準備&作業は、スタッフで分担して和気あいあいと楽しくやっておりますぅ~。
    スタッフみんなのおかげで、見事完成です!!

    和気あいあいと楽しくやっております。_11

    そんなこんなで、こんな感じに完成した参加賞の5周年オリジナル缶バッジとスクレイパーは、近日中に、校歌を応募してくださったみなさんのもとへ届きます!
    それまでお待ちあれ!!

    校歌を応募されなかったあなた&このブログを読んでくれたみんなっ!
    「はぁ?いったいなんの話だったのン?」なんて思わないで!
    9月27日(日)10:00~16:00。
    特別授業「開校5周年!奈良ひとまち大学 ~奈良LOVER大集合、の学園祭~」を、奈良市立中部公民館(奈良市上三条町23番地の4)で行います!
    ぜひお申込くださいね!!

    詳しくはこちら↓
    http://nhmu.jp/class/22921

    (Lenira)

    • Page 2 of 2
    • <
    • 1
    • 2