ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2018年7月 (3)
  • 2018年6月 (5)
  • 2018年5月 (5)
  • 2018年4月 (3)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • ぬかりなく参加してきました、節分祭

    2017年12月17日(日)の授業「大きな茶わんの素敵なお茶会 ~西大寺の名物行事、その意味を知る~」のブログ「寒空の合間に見えたもの」の最後に書いたように、2018年2月3日(土)、節分祭巡りをしてきました。
    一部の人に大人気かもしれない、節分ブログです。
    2017年の様子はこちら↓
    「奈良の節分2017」
    http://nhmu.jp/blog/others/11473

    まずはおなじみ手向山八幡宮。
    「今年は土曜日で、平日仕事の人も参加しやすいから人が多いかもしれない」と予想して、早めに向かいました。
    到着したときはだいたい5番目。
    その後、予想的中!
    どんどん人が増えてきましたよ~。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_1

    御田植祭で安定のかわいらしさの「牛」。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_2

    そして種をまく翁。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_4

    この後、巫女さんや牛の男の子、世話役の人たちが豆をまきますが、いつも通り必死で拾っていたので写真はありません。

    お昼を挟んで、午後は大安寺へ。
    家族連れが多い印象でした。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_5

    ほら貝の音とともに鬼が2匹登場。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_3

    この鬼は退治せず、改心させます。
    なので、後で一緒に写真も撮れますよ。

    豆まきの後はぜんざいのふるまいをいただきました。
    ほっとしますね~。(^^)
    ずっと外にいるので温かさが身に沁みます。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_9 ぬかりなく参加してきました、節分祭_8

    今年もたくさん取れたので、いろいろな人に福のおすそ分けができました。

    ぬかりなく参加してきました、節分祭_7

    【お知らせ】
    2019年2月3日は日曜日です!
    私もまたどこかの節分祭に出没しているかもしれません。

    (Mochi)

    元興寺は創建1300年!

    元興寺は今年創建1300年。
    ふむふむ、創建1300年。
    え!?1300年~?(驚!)

    そんなにも長いこと、奈良町の一角に元興寺があったということ。
    1300年前からその地にあるということ自体が、奈良の魅力であり、奈良のスゴイところ。
    「奈良は当時の面影が残っていて、思いを馳せることができる場所。」
    まさに元興寺はそんなところです。

    元興寺は創建1300年!_1

    創建1300年と言いますが、飛鳥から奈良に移って1300年。
    元興寺は、588年に蘇我馬子が飛鳥に法興寺の工を起こしたところから始まります。
    その寺が、平城京遷都に伴って、飛鳥の地から移ってきたのです。
    飛鳥から数えるとなんと!1430年の歴史があります。

    元興寺は創建1300年!_2

    元興寺の本堂・禅室の屋根では、その当時の瓦が今も現役。
    そして、同時期の木材も、これまた建物の一部に使われているのです。
    今の時代では、各社寺の修復や復興の際に、千年も残せる木を探すのは大変だと聞いています。
    今も現役で元興寺を支えている木材があると聞くと、その時代の技術力というか、木の活かし方が見事としか言えませんね。
    さらに、元興寺の境内の広さは、奈良時代には今の奈良町がすっぽり入ってしまうくらいの大きさで、東大寺に次ぐ大寺だったと言われています。

    元興寺は創建1300年!_3

    そんなすごい歴史をもつ元興寺が、今回の授業「世界遺産、元興寺のエトセトラ ~お坊さんは元銀行員!~」の教室。
    お話をしてくださるのは、執事の辻村泰道さん。

    元興寺は創建1300年!_8

    辻村さんの経歴は少し変わっていて、佐賀県出身で、明治大学を卒業後は大手銀行マンとして活躍していました。
    縁があって僧侶の道を歩むことになったのです。
    授業では、なぜ僧侶の道を選んだのか、会社組織とは全く違う信仰の世界に生きるということなどを伺います。
    また、古代から現在に至るまでの元興寺の歴史を振り返るとともに、元興寺に今も大切にされている庶民の信仰(地蔵信仰や観音信仰)などを学びます。

    元興寺は創建1300年!_5

    みなさんのお申込をお待ちしています。
    お申し込みはこちら↓
    http://nhmu.jp/class/30252

    ★耳より情報★
    授業ではご案内できないのですが、6月16日(土)から7月16日(月・祝)まで、国宝禅室の屋根裏探検を行っています。
    先人たちの息遣いを感じてみませんか。
    詳しくはこちら↓
    https://gangoji-tera.or.jp/news/detail.php?no=OTU=

    元興寺は創建1300年!_6

    (かっぱ)

    世界を一周する男3 ~いよいよ授業やりますっ!~

    この「ひとまちブログ」で彼を初めて紹介したのは、2014年8月。
    「世界を一周する男」
    http://nhmu.jp/blog/info/6746

    今はもう2018年5月。
    もう4年近くも前のこと。。

    世界を一周する男3_1

    彼の名は「旅丸sho」。
    もう何年も彼のブログやTwitterを追いかけ続けた。

    彼は日々欠かさずブログをアップし続けた。
    (現在は毎日ではない。)
    それを読むと、私も一緒に世界を旅することができた。
    ぜひ彼に、奈良ひとまち大学で授業をして欲しい!
    彼の帰国に合わせて授業をするタイミングを見ていたが、なかなか日程が合わない。

    まだまだ彼は旅の途中。
    いつ彼の話を聞くことができるだろう・・・。
    「世界を一周する男2 ~もう既に3周目に入っております~」
    http://nhmu.jp/blog/info/8524

    と、思っていたけど、ようやく実施にこぎつけましたよ!
    いよいよ開催いたします!旅丸shoさんの授業!!

    それは、6月3日(日)の授業「ぼくが世界を旅する理由 ~いま、ちょっと奈良にいます~」。
    彼は何を想い、何を考え、世界を廻り続けるのか。

    世界を一周する男3_4

    私たちが体験することのできないものを、彼は沢山見聞きしてきた。
    授業で、彼からどんなことを聞くことができるのか?
    そして私たちがは、それを受け止めてどのように想うのか?

    もうブログで多くは語りません。
    授業を受けていただき、彼から沢山のものを直接感じ取っていただきたい!
    そんな想いを込めた授業です!

    世界を一周する男3_5

    みなさんのお申込みをお待ちしております。

    あの方もこう申しております。
    「人が旅をするのは到着するためではなく、旅をするためである」
    ゲーテ(ドイツの詩人)

    お申込みはこちら↓
    http://nhmu.jp/class/30152

    (ask)

    • Page 1 of 2
    • 1
    • 2
    • >