ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (4)
  • 2021年2月 (5)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (4)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ☆彡

    「日+月+星」。
    音読すると、「さん むーん すたー」。
    「日+月+星」はイベントの時のみOPENする空間です。

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_1

    先日、「2016EXPO古墳クッション大博覧会vol.2」通称「ふんぱくmini」にお邪魔しました。

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_2

    古墳クッションはもちろんのこと、古墳にまつわるあんなものこんなものがお行儀よく並んでいました。

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_3

    イベントを企画したのは、2016年12月24日(土)の授業「イベントを企画する、ということ ~『表現』することの愉しさ~」の先生・たかはしみちよさん。
    実は、ここは古墳クッション製作元の「宇宙椅子cosmic re-chair」の工房も兼ねています。
    たかはしみちよさんは「宇宙椅子cosmic re-chair」の企画・広報担当なんですよ。
    (ちなみに、古墳クッションを作る人はフクトククニヲさん。たかはしさんとフクトクさんはご夫婦なんです。)

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_4

    お客さんとおしゃべりしたり交流したりの楽しいひととき・・・そこでのやりとりが今後の展開のヒントになったりするんですって。
    しかもイベントをすることが宣伝につながったりもするので、一口で何度美味しいんだか状態かも。

    たかはしみちよさんの職業は、space producer、workshop creator、そして「虹作家(こうさくか)」です。
    イベントでは不思議な楽器で音楽を奏でたりすることも。
    時にはヘアメイク・写真撮影・振り付けなども手がけ、ほんとオールマイティーな活躍ぶりです。
    すごくカッコイイですよね!ってお話していたら、「足りないところを補っているだけなんです」とのこと。

    ひとまちブログ「サンキャッチャーを作ってみた」に書いたサンキャッチャー作り。
    これって、たかはしさんにとってはイベントを作っていくことと何ら変わりないんですって。

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_5

    「ビーズには一人ひとり、いろんな形・色・大きさがある。
    同じ黄色でも少しずつ異なるし、それって人々の個性のように思える。
    イベントも、その場に集まった人(ビーズ)を一人ひとりが輝くようにつなげていくイメージ。
    メインテーマが輝くように、他のものを集めたり変えてみたりして配置する。」

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_6

    虹を作っていくような感覚だなと、最近気がついたそう。
    まさしく「虹作家」です。
    「虹作家」はモノも作るし場も作る、目に見える見えない問わず、キラキラするときを作る人なんですね。
    全体を見て、輝きが足りないとか、ここから光を当てた方がいいなとか、そういうところを補うために、いつのまにかどんどん肩書が増えていったのだそう。

    授業では、光がさしこむ居心地のいいこの場所で、肩肘張らずにリラックスしながら、ものづくりの楽しさを体感していただきます。
    サンキャッチャー作りをした後に、温かい飲み物をいただきながら、たかはしさんの軌跡を映像を交えてたどり、イベントやワークショップを手掛けることへの思いを伺います。
    クリスマスイブの午後、冬の光の短い時間を楽しめるサンキャッチャーを作るって、とても素敵な時間になりそうな予感大ですぞ。

    「日+月+星」で過ごすクリスマスイブ_7

    ぜひお申込ください♪
    授業の申込はこちら↓↓
    http://nhmu.jp/class/26942

    (なさ)

    « | »