ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年7月 (4)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 国宝の宝庫に埋もれてみよう

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、奈良ひとまち大学の授業が2月から中止・中止・中止・・・。
    中止期間が長いと、みなさんに奈良ひとまち大学のことを忘れられていないか心配で心配で。
    緊急事態宣言が解除され、みなさんお待たせしました!
    半年ぶりに、授業再開です!

    再開1本目の授業は、超人気!毎回多くの方から申込をいただいている・・・
    興福寺!
    国宝館!!
    独占貸切授業!!!
    先生は、執事の辻明俊さん!!!!
    7月25日(土)の授業「開校10周年記念!リクエスト大会Vol.6 興福寺国宝館とことん探訪!その3 ~お待たせしました!またも国宝館独占!!~」です。

    国宝の宝庫に埋もれてみよう_1

    興福寺の国宝仏像の件数は日本一。
    そのうち、国宝館には21体も納められています。
    それ以外にも国宝館には、『日本霊異記(上巻)』や、金銅燈籠などが所蔵され、右も左も国宝だらけ。
    拝観させていただくたびに、その素晴らしさ、そして今ここにあることへの感謝と畏敬の念を抱きます。
    それもそう、日本にある国宝仏像彫刻のうち約十数%が興福寺にあるのですから、国宝の宝庫と言っても過言ではありません。
    十数%ですよ、興福寺だけで。
    なんでこんなに国宝の仏像彫刻が集まっているか気になるところです。
    授業で、そんな話も聞けたらいいですね。

    国宝の宝庫に埋もれてみよう_3

    また、興福寺では、五重塔の周りで発掘調査が行われます。
    あのあたりにあった回廊や五重塔西門の発掘とのこと。
    兵火や落雷で失われた過去の姿が、数百年の時を経て、発掘されます。
    今後の動向が気になりますね。

    国宝の宝庫に埋もれてみよう_2

    では、授業へのお申込、お待ちしています。
    短い時間ですが、素敵な国宝に囲まれて、気持ちのいい1日を始めてみませんか。
    申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/34177

    ※授業について
    現在、興福寺国宝館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、拝観時間の短縮(10時~16時)を行っています。
    授業では、9時30分から10時まで国宝館を貸切で拝観させていただきます。
    10時から10時30分までは、興福寺境内のご案内となります。
    希望者の方は、授業終了後(10時30分から)、国宝館の再拝観をしていただくことができます。

    (かっぱ)

    « | »