ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2022年6月 (5)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (4)
  • 2022年3月 (4)
  • 2022年2月 (4)
  • 2022年1月 (6)
  • 2021年12月 (8)
  • 2021年11月 (8)
  • 2021年10月 (7)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (6)
  • 2021年7月 (7)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 大スターは永遠に不滅です!

    先日、授業「東京からやってきたお坊さん ~行基さんのお寺で本音トーク~」の教室になる、喜光寺に行ってきました。

    近鉄尼ヶ辻駅から西へ歩くこと約12分、右手にきれいな南大門が見えてきます。

    大スターは永遠に不滅です!_1

    ここが、喜光寺です。
    訪れた日は、ちょうど行基菩薩御遠忌大祭が行われていて、たくさんの方がお参りに来られていました。

    大スターは永遠に不滅です!_2

    行基菩薩は、まだ仏教が国や貴族のためのものだった奈良時代に、民衆に向けて仏教を説き、民衆とともに治水や架橋といった社会事業を行い、東大寺大仏建立に大きな役割を果たしたことから、聖武天皇より、日本最初の大僧正の位を贈られました。

    そんなすごい行基菩薩のことを、奈良の人々は今も「行基さん」と親しみをこめて呼んでいます。
    近鉄奈良駅の待ち合わせ場所は、「行基さんの前!」と言うくらいです。
    (現在は工事中でカバーされているため、見ることはできません。)
    行基菩薩は、約1300年の時を経ても、なぜそんなに親しみをこめて「行基さん」と呼ばれているのでしょうか?
    今回の授業で、1300年前の大スターに接近してみませんか?

    この授業の先生は、喜光寺副住職の小林澤應さんです。

    大スターは永遠に不滅です!_3

    小林副住職は、東京の高校に通われていたときに、薬師寺の高田好胤(こういん)元管主(故人)の法話を聴いて「心が動かされ」、高校を卒業後、佛門を志して薬師寺に入山されたという経歴の持ち主です。
    どんな言葉に心が動かされたのか、気になりませんか?
    授業のなかで聞いてみましょう。
    きっと、今の時代にも通じる言葉なんでしょうね。

    行基さんのあたたかいまなざしの下で、小林副住職のやさしいお話に耳を傾けてみませんか。
    ぜひお申込みください★

    授業の申込みはコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/13155

    (かっぱ)

    « | »