ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2017年10月 (5)
  • 2017年9月 (1)
  • 2017年8月 (10)
  • 2017年7月 (7)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (6)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編

    先日、8月24日(日)の授業「わたしの仕事は、ぬいぐるみ。 ~自分で切り拓く、仕事と人生~」の全貌を明らかにすべく、先生・野原レンゲさんのお仕事に同行させてもらいました~。
    密着取材?の様子と当日の授業で行うワークショップについて、紹介します☆彡

    *「野原さんってどんな人?」「『まほろばパンダ』ってどんなん??」って方は、前回のブログ「まほろばパンダの舞台裏に潜入 ~前編~」をぜひご覧ください。

    じゃ~ん。野原レンゲさんのまほろばパンダの写真です♪
    まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_1

    奈良公園近くの浮見堂が見えるポイントで、実際に撮影された作品。
    決して合成ではありませぬ!!

    普段、どんな風にぬいぐるみ撮影をしてはるのか、知りたいと思いませんか??
    みなさん、きっと興味津々なはず☆
    というわけで・・・、今回の密着取材に至るのです。
    まずはまずは、野原さんが撮影しているところをパシャ。
    ※ここから全て、撮影by“なさ”でございます。

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_2

    オホン。
    ただ闇雲に撮っておられるわけではありません。
    シチュエーションを想定し、決めた構図に従って、ロケーションやアングルを変えつつ・・・なんですよ。
    そうそう、「まほろばパンダ」の物語を紡ぐのに現世のものが写り込むと世界観が壊れてしまうので、その辺りも要注意。
    例えば、池に浮かぶペットボトルや鉄の柵、遠目に見える現代的な建物などもNGなんですよ。

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_3

    ここで秘密兵器!?投入。
    「この背景で撮影したいけど、いい地点がないっ」ってときに大活躍なアイテム、名付けて「どこでも芝生~」。
    この芝生はお茶葉で作成されたそうです。
    とっても自然ですよね。
    まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_10

    ここからは2体登場、撮影もヒートアップしますよ。
    「池のほとりの赤い蓮を効かせたい」
    「雲の切れ間狙って(太陽の)光待ちで」
    など、状況に応じてレンズも変えるし(通常4つは持ち歩いているとのことっ)、レフ板的なものも使うって、ほんと本格的な撮影現場です。
    すごいっ。

    野原さんのお仕事を激写してたら、なんだか私も撮ってみたいかも・・・なんて思っていたところで、「撮ってみますか~」との嬉しいお言葉。
    「えっ、いいんですか!?」と、最初は遠慮がちにパシャっ。
    と言いつつも、「あっ、空の青さが際立った。これが光待ち効果か~」なんてことがわかった途端、本分を忘れ、夢中になって撮りまくっておりました。
    ちなみに、私が撮ったのはこちら。

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_6

    普段、写真を撮るといえば、記録用。
    腕に覚えなしなので、「数打ちゃ当たる」でとにかくいっぱい撮るというのが信条の私。
    「ぬいぐるみってかわいいし、しかも動かへんから、被写体として理想的かも」なんて、気がつくと写真を撮ることが楽しくなっていました。

    撮った写真を見ていただき、「いい写真」と「残念な写真」を選んでもらいました。

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_9 まほろばパンダの舞台裏に潜入 後編_10

    どっちがどっちか、一目瞭然!?ですよね。
    しかしながらこの「いい写真」と「残念な写真」、構図の取り方によって魅力倍増または半減しちゃったりするんですよ。
    今回の授業のワークショップでは、写真の構図をアナログで学びます。
    いくつかの例に基づいて、被写体の魅力を活かすトリミングとは何ぞやを体感した上で、最後に「まほろばパンダ」の世界観を各自で構成し、オリジナルコラージュカードを制作します。
    野原さんが生みだす世界観に興味がある人も、写真を撮ることが好きな人も、きっとおもしろいと感じてもらえる、楽しい時間が過ごせること間違いなしです。

    ぜひぜひお申込みくださいね。
    http://nhmu.jp/class/18927

    (なさ)

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 前編

    台風一過の青空の下、とある場所にて。
    ちょうどいい具合に花開いたところをパシャ。

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 前編_1

    って、のんきに花撮ってる場合じゃないっす。
    この日は、8月24日(日)の授業「私の仕事は、ぬいぐるみ。 ~自分で切り拓く、仕事と人生~」の先生、野原レンゲさんのお仕事に密着?!なのです。

    と、その前に。
    野原レンゲさんってどんな人??

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 前編_2

    野原さんのホームページ↓の「ABOUT ME」をのぞいてみると・・・
    http://nohararenge.wix.com/panda

    「仏像をテーマにオリジナルのぬいぐるみを作成。ストーリーを考えながら、奈良の各地を巡り、ぬいぐるみの撮影をして作品を完成。ポストカードなどにして販売している。」って。

    噂のポストカードがこれ。(私物です。)
    まほろばパンダの舞台裏に潜入 前編_3

    実は、今回の授業の教室「絵本とコーヒーのパビリオン」でこのポストカードを初めて見て、「なんてカワイイの」と一目惚れ☆彡
    パンダなのに鹿、パンダだけど仏像な、キュート&クールな世界観にヤラレテしまいました。
    しかもぬいぐるみは全てお手製、そんでもって現地(もちろん奈良ですよ♪)で撮って作品にしてるなんて!なんか凄いぞっ!!
    どんなことしてはるのか、ひとまち大学でお話してほしい!!!
    ということで、今回の授業へとつながるのです。

    野原さんは、編集者や商品企画会社での実績を糧に、単身上海へ移住し、現地で雑貨ブランドを起業した経歴の持ち主です。
    仕事も軌道に乗り充実した日々でしたが、両親の介護のため、2013年春に故郷奈良へ戻られ、現在の活動へ至ります。
    今年に入り、朝日新聞の奈良版やNHK大阪放送局でも紹介された、今注目の人なんですよ。

    初めての打合せの際、「私は今、成功しているわけではないのに、ひとまち大学で授業しても大丈夫でしょうか?」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。
    上海で苦労を重ねたのちの成功体験がある野原さんならではの言葉だな・・・と思いました。

    しっかりとしたビジョンを持ちつつも、ただやみくもに夢を追うだけでなく、現実も見据えながら、やりたいことを着実に形にしておられる野原さん。
    「いつか絵本を作りたい」という夢の第一歩として、タブレット&スマートフォン専用日刊ニュース媒体である「毎日スポニチTAP-i」にて、6月25日号より毎週水曜日、全5回で「まほろばパンダ」のプロット写真が連載されています。
    「毎日スポニチTAP-i」はコチラ↓
    http://www.mainichi.co.jp/tap-i/

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 前編_4

    あ~、野原さんの紹介をしていたら、長くなっちゃった。
    密着取材の様子は後編へ。
    カメラを使わずして写真の構図を学ぶ、授業で行うワークショップの全貌も明らかに!!
    乞うご期待☆彡

    まほろばパンダの舞台裏に潜入 前編_5
    撮影:なさ

    お申込みはコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/18927

    (なさ)

    自分らしさは企画から!

    7月27日、「奈良で起業、まちを元気に! ~自分らしく生きるための仕事~」を開催しました。
    「起業」というキーワードにはあまりピンとこない方でも、「自分らしく生きるための仕事」というキーワードには、何となく惹きつけられるのではないでしょうか。
    さて、「自分らしく生きるための仕事」とは、これいかに。

    授業の様子は、ひとまちレポートも併せてご覧ください★
    「自分らしく仕事するには?」
    http://nhmu.jp/report/19186

    集まった学生のみなさんたち。
    意外だったのですが、女性が多い!
    男性は3人。少数派ですが、がんばって~!!

    自分らしさは企画から!_1

    本日の先生・橋本龍一さんのお話は、七転び八起きを軸にお話が進んでいきます。
    橋本さんの人生は、七転び八起きが、なんと×3回。
    今こんな風にいきいきと活躍されていますが、いろんな辛いこと・苦しいこと・悲しいことを乗り越えてこられたんですね。
    それらの全てが、今の「橋本先生らしさ」につながっているのです。
    なんというパワー!なんというポジティブさ!!

    自分らしさは企画から!_2

    授業は、学生さんたちのワークも取り入れながら進んでいきます。
    1回目のワークは、自己紹介タイム!
    お名前、今のお仕事、子どもの頃好きだったことを、全員が紹介していきます。

    自分らしさは企画から!_4

    しかしみなさん、本当に様々な動機で来られていたのでした。
    「起業するしかない・・・!」と5~6年悩んでいた方、実際に既に起業した方、今までの自分の働き方に疑問を感じ、いろんな考え方にふれたいと思って来られた方、ライフワークを見つけたいという方、なんと、橋本先生の話術を盗みに来た方・・・。
    それぞれ様々な思いを持ち寄って集まって来られた学生のみなさん同士、会話がとっても進んでいました。
    なんとも楽しい、和やかな雰囲気です。

    自分らしさは企画から!_5

    橋本先生のお話もどんどん進み、旅行会社・生命保険会社で働かれていた頃のエピソードも盛りだくさん。
    私自身が最も心に残ったのは、「自分らしさは企画から始まる」という言葉。
    確かに、決まったことを決まった通りにやるだけでは、「自分らしさ」を出すのはなかなか難しいですよね。
    ふだん簡単に「自分らしさ」などと言いますが、「自分らしさ」ってそうやって表現できるんだなあ、という気づきをいただきました。

    自分らしさは企画から!_6

    最後は、みなさんが楽しみにしていた本日のスイーツタイム。
    学生のみなさんは、心もお腹も、満たされた様子で帰って行かれました。
    みなさんが、これからももっと自分らしく、いきいきと輝いてお仕事できますように!

    (matsuo)