ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (9)
  • 2017年9月 (2)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (6)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 夏空や 心に染み入る 坐禅かな

    今日は、奈良に数少ない禅寺での授業「地元で愛される禅寺のおはなし ~三松寺の住職トーク&坐禅体験!~」でした。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_1

    三松寺の境内に入ると、まず漆喰塗りの門に仏像が鎮座されていました。
    その下をくぐり抜け、中庭に出ると百日紅(さるすべり)の花が咲き、その下に蝉の抜け殻を発見!
    夏の到来を感じました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_2

    本堂は唐破風の屋根の立派な建物です。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_3

    その右に座禅道場、左に事務所がありました。
    本堂の左脇から渡り廊下に上がると、よく手入れされた庭が見渡せます。

    授業前に本堂の縁側で、今回の授業の先生、三松寺住職の皆川大眞さんと細かな確認をしました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_4

    これらの準備が整いますと、1人・・また1人と、学生さんが訪れてきました。
    授業を前に本堂の仏様にご挨拶する方もいて、とても感心させられました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_5

    授業が始まりました。
    授業の様子は、「ひとまちレポート」をご覧ください。
    「スマホを手放して、何も考えない40分の座禅体験」
    http://nhmu.jp/report/29087

    まずスタッフからの授業の説明、そして先生の紹介、みんなで合掌。
    先生曰く、「挨拶」という言葉も仏教用語なのだそうです。
    知らなかった~(^^;。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_6

    その後、みなさんは別室で道着に着替え、本堂にて寺の縁起(歴史)を教えていただきました。
    三松寺は奈良時代の延暦4年(785年)に開かれたそうです。
    桓武天皇の皇后の藤原乙牟漏(おとむろ)が万民富楽を念じた勅願寺として建立された当初は、現在の奈良市富雄地域の三松町にあったそうです。
    寛永16年(1639年)に大和郡山藩の城代家老・松下将監の菩提供養のため、現在の七条町に曹洞宗の寺院として再建されたとのこと。
    時折、笑いを誘うようなエピソードも交えながら語ってくださいました。
    このように由緒ある寺での座禅体験、楽しみですね。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_7

    いよいよ座禅についての授業です。
    座禅の手の組み方から、心得まで教えていただきました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_8

    合掌と礼をして道場に入り、それぞれ座布団に着座しました。
    まずは、身体を揺らしたり、捻じったりしてリラックス♪
    それから先生の指導を受けながら姿勢を正して心を整えます。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_9

    太鼓と叩き板の合図で瞑想に入っていきます。
    叩き板の中心が深く抉(えぐ)れているのを見て、道場の長い歴史を感じました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_10

    先生は、座禅する学生のみなさんたちに、力強くも優しい声で説法をされていました。
    「自分の思い込みという主観を捨て去り、自然に戻す」
    「周りの音は聞こえるに任せる」
    「自分の生命の働きに感謝し、そこから周りに感謝する」
    「周りの人の幸せを祈ると、お顔も穏やかになるものです」
    など、みなさんの心に語り掛けていきます。
    調身・調息・調心の禅の3つの基本を、わかりやすく話してくださいました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_11

    座禅を終えるとまた本堂に戻り、みんなで「釈尊のことば」を音読しました。

    夏空や 心に染み入る 坐禅かな_12

    授業を終えたみなさんのお顔は、とても穏やかでスッキリした様子でした。

    (やまたろ)

    « | »