ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (6)
  • 2019年8月 (5)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (11)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 時空を超えて

    半年前から準備を進めていた特別授業「時空を超えて奈良を旅する ~これまでの奈良、これからの奈良~」。
    当日は、朝、東の空に向かって手を合わすことから始まった。

    時空を超えて_1

    教室となる興福寺の興福寺会館で9時過ぎから、準備をスタート。
    学生のみなさんに渡す資料を袋に詰めたり、椅子を並べ替えたり、横断幕を飾ったり、音響の確認など・・・。
    興福寺会館は、音響設備や舞台設備、椅子や机などが整っているので、準備もスムーズ。

    時空を超えて_2

    おかげで、いつもより余裕を持ってスタッフの打合せができちゃいました。
    (ってことは、いつもは時間が・・・!?)

    時空を超えて_3

    そうこうしているうちに受付開始時刻に。
    門の前には、早くも学生さんが並んでいるじゃありませんか。
    受付を開始すると、出足よく、教室の席が埋まっていく。

    時空を超えて_11

    みんな授業を楽しみにしてくれているんだな・・・と、熱い思いが伝わってくるようでした。
    そのためか、授業前から教室の温度は
    アッツーーーーーーーーーーーーーーーーーー!
    授業中も、先生方のメチャクチャ熱い奈良の話に教室内も一緒に熱くなって、エアコンの設定温度を下げたりもしたけど、温度を下げても熱いこと熱いこと。

    時空を超えて_5

    授業の様子は「ひとまちレポート」をご覧くださいね。
    「歴史の1ページを刻む現場の様々な様子」
    http://nhmu.jp/report/25477

    トークショーも終わり、いよいよ・・・。
    興福寺の特別なお計らいで実現した、興福寺中金堂再建現場の特別見学。

    時空を超えて_6

    夏頃には足場が解体されてしまうので、このような機会は、これが最後かも!?
    (と、ツイッターで興福寺 波乗坊さん @hajyoubou が呟いておられました)

    外に出ると、今にも雨が降ってきそうな雲行き。
    (雨よ、あと1時間待て!と祈りの“かっぱ”。)
    グループに別れて各層を見学。
    1層目は馬場先生に、3層目では辻執事に、中金堂の説明を聞きました。

    時空を超えて_7

    3層目から眺める風景は、眼下に五重塔を望み、辺りには他に高いものがないので、まさに天空の中金堂って感じです。

    時空を超えて_8

    ここに登ることができ、このような景色を眺めることができるのは、次は1000年先?2000年先?まさに時空を超えている。
    とても貴重な体験をさせていただいた興福寺さまに感謝。

    時空を超えて_9

    中金堂はこの後、足場が解体され、2018年(平成30年)に落慶法要が営まれる予定です。
    その時は、また現場にいたい。

    時空を超えて_10

    見学の途中には雨が降っていましたが、それも束の間、見学が終わった頃には雨も止み、雲の切れ間からは晴れ間が覗いていました。
    夕方、晴れ間の覗いた西の空に感謝の手を合わす。

    (かっぱ)

    « | »