ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (4)
  • 2021年2月 (5)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (4)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 散華の世界

    大正時代の民家を活かし、おしゃれに改装された丸窓や天井の梁が、昔を偲ばせてくれます。
    アトリエには美しく描かれた散華が飾られ、春の陽気とともに暖かく包み込まれるような、奈良きたまち小さなギャラリー散華美術館。
    本日の授業「寺院で生まれた可憐なアート ~美術散華の世界を愉しむ~」の先生、原田千賀子さんの雰囲気そのままの空間です。

    散華の世界_6

    学生のみなさんの自己紹介が終わり、いよいよ授業開始です。

    授業の様子は、「ひとまちレポート」も併せてご覧ください★
    「写経ならぬ写仏散華」
    http://nhmu.jp/report/17917
    「散華で自分がわかる?」
    http://nhmu.jp/report/18077

    お香で手を清め、面相筆を手に写仏散華に向かいます。
    シーンとした教室、みなさんの集中力には、ただただ感心です。
    みなさんから「描きたい!」というオーラが伝わってきます。

    散華の世界_1

    作品は、学生のみなさんのように優しく上品に仕上がっていました。
    美術館スタッフさんの「いつもは、アバンギャルドな作品もあるけど、今日のみなさんは上品ですね」の声。
    みなさんのお人柄でしょうね。
    散華の裏に好きな字を書き入れ、落款を押して完成です。

    散華の世界_2

    「脳細胞が疲れたでしょう」と、チョコレートとコーヒーをいただきながら、できあがった作品を並べてみると「見れば見るほど自分に似てるでしょ?!」(笑)。
    散華への思いなどのお話に、話題は尽きません。

    散華の世界_3

    アトリエの中には、子どもの似顔絵がたくさん飾ってありました。
    これは、多賀城市で東日本大震災に遭われた被災者の赤ちゃんの似顔絵だそうです。
    送られてきた写真の赤ちゃんを一枚一枚描いているそうです。
    散華への思い、被災された方々への想い、大切にされていました。

    散華の世界_4

    「県外から久しぶりに奈良に戻りました。こんな良いところがあるんですねぇ。奈良の良さを再発見しています。ひとまち大学には初めての参加でしたが、これからは色々な講座に参加したいです。」
    散華を大切に持って帰られました。

    散華の世界_5

    先生はじめ美術館スタッフ・学生のみなさん、お疲れさまでした。
    満足そうなお顔に私たちも嬉しくなってきました。
    「散華は人を幸せにする」という先生の言葉。
    プレゼントされた散華を、私もいただきました。
    宝物がまたひとつ増えました。
    機会をつくり、私も散華を描きに行きます。

    (m・n)

    行基さんでつながるご縁!?

    さてここはどこでしょう?
    しかもこんなものが持ち込まれて・・・
    何のために??

    行基さんでつながるご縁!?_1

    正解は、喜光寺のとあるお部屋。
    喜光寺は、「菅原町の阪奈道路沿い北側に見える大きなお寺」と言えばわかりやすいかも。

    行基さんでつながるご縁!?_2

    実は・・・
    去る3月8日(土)に行った生涯学習フェスタ2014特別授業「奈良を笑おう、奈良で笑おう!~笑い飯のゆかいな奈良案内~」の先生方からいただいたサイン色紙の厳正なる抽選を行うべく、喜光寺へ馳せ参じたわけなのであります。

    サイン色紙はコレですっ、コレ。
    学生のみなさんの垂涎のまなざしに負けじと神妙な顔つきで持ってはるコヤツですよ。

    行基さんでつながるご縁!?_3

    先生は、奈良にゆかりのあるこの方々。
    大盛況だった授業の様子が伝わるかな?

    行基さんでつながるご縁!?_4

    「えっ?いや・・・、えっ、なんで喜光寺??」と思ったあなた。
    キーワードは、「行基さん」。
    授業に参加した方もそうでない方もおられますので、簡単に。
    詳しくは後日UP(予定)の「ひとまちレポート」をご覧くださいね♪

    今回の授業では、「笑い飯」「ラフ次元」「ゆりやんレトリィバァ」の全員参加による「奈良あるあるネタ」のトークがあったんです。
    その中で出てきた「行基さん」に注目!!
    というのも、笑い飯・西田さんの近鉄奈良駅行基さんの銅像(奈良っ子なら誰もが一度は待ち合わせに使うランドマーク的な存在!?)のお話が学生のみなさんの共感を集め、「最強奈良あるある」に輝いたのでした。

    そういうわけで、喜光寺、なのです。
    なんたって、喜光寺は「行基菩薩のお寺」なのですから。
    詳しくは、喜光寺ホームページをご覧ください♪
    http://www.kikouji.com/

    ここで、喜光寺副住職の小林澤應さん登場。
    ことの次第を説明し、行基さんつながりで抽選をお願いしたところ、快諾してくださったのです。

    行基さんでつながるご縁!?_5

    ちなみに、小林副住職はちょうど1年前の授業「東京からやってきたお坊さん ~行基さんのお寺で本音トーク~」の先生もしていただいてますよ。
    そのときの様子はこちら。
    「ひとまちレポート」
    「喜光寺 副住職さんの心にしみわたる法話」
    http://nhmu.jp/report/13842
    「ひとまちブログ」
    「行基さんのお寺を満喫!」
    http://nhmu.jp/blog/class/3966

    いよいよ、抽選開始です。
    授業のアンケート用紙が抽選箱に入っており、これを引いていただく形です。

    行基さんでつながるご縁!?_6

    小林副住職は、毎回毎回、選ぶごとにぐるぐるとかき混ぜてくださって・・・。

    行基さんでつながるご縁!?_7

    みなさんの念をしっかり感じつつ選んでくださっているから、ぎゅっと目をつむっておられるのかも・・・?

    行基さんでつながるご縁!?_8

    最後のひとりはこの人で決まり!

    行基さんでつながるご縁!?_9

    この5人の方に決定です☆彡

    行基さんでつながるご縁!?_10

    「笑い飯・ラフ次元・ゆりやんレトリィバァ サイン色紙プレゼント 当選者のお知らせ」はこちら↓
    http://nhmu.jp/news/17902

    これからも奈良ひとまち大学は奈良の魅力たっぷりな授業をお届けしますので、乞うご期待(キラリっ)!!!

    (なさ)

    特別授業 ~嗚呼、舞台裏はつらいよ~

    去る3月8日の生涯学習フェスタ2014特別授業
    奈良を笑おう、奈良で笑おう! ~笑い飯のゆかいな奈良案内~
    ワタクシ授業企画チームスタッフ“ask”が舞台袖から見た授業風景を、みなさまにご報告いたします。
    授業の内容については、参加された学生さんのレポートがあるので、ぜひそちらをご覧ください。

    「奈良のおもしろ特別授業」
    http://nhmu.jp/report/18015
    「生涯学習フェスタ2014特別授業『奈良を笑おう、奈良で笑おう! ~笑い飯のゆかいな奈良案内~』に参加」
    http://nhmu.jp/report/18048

    学生のみんなが「あぁ~あるある!」って頷いた「奈良あるある」トークも炸裂し、さぁ!いよいよ笑い飯・哲夫さんの仏教講座!

    プロレスで言うと、「メインイベント・タイトルマッチ!」ですな。
    いつ始まるのか?「今デショ!」という瞬間。
    舞台袖ではスタッフ全員ソワソワしておりました。

    それもそのはず。
    舞台袖には哲夫さんの姿がなーーい!

    特別授業 ~嗚呼、舞台裏はつらいよ~_1

    予定では奈良トーク後の舞台転換後すぐに始まるハズでしたが、哲夫さんが休憩のため一旦楽屋へ戻られてたんです。
    もちろん、すぐに哲夫さんは戻って来られましたが、冷や冷やしたんだってばヨ!!んもぅ!!

    その後、「ムーディーな照明・雰囲気」(哲夫さん談)のなか、仏教講座は無事始まりました。
    まぁなんと申しますか、やっぱり話ができる人ってのは凄いなぁ~と、その時ほど思ったことはありませんでしたね。
    司会者などが緊張して早口に喋ってしまうとか、そんなモンじゃあない!
    いつ息を吸い込んでるんだろう?ってくらいの「That’s マシンガントーク」!!
    お話の中身もさることながら、哲夫さんの口調は凄まじいものがありました。

    これだけスムーズに早くお話されるってことは、頭を高速回転させ、話す内容を素早くまとめておられるんだろうと、ひとり舞台袖から見ておりました。

    仏教講座を聞いている300人に畳み掛けるように伝えるトーク!

    特別授業 ~嗚呼、舞台裏はつらいよ~_2

    やっぱりTVに映るお方ってのは違うんだなぁって感じましたね。
    だって身体からオーラが見えましたからね。

    ほら。
    特別授業 ~嗚呼、舞台裏はつらいよ~_3

    ん?
    違う?
    それはステージ上のライトの光?

    いえいぇ、みなさんにはライトの光に見えるかもしれませんが、
    私には、ちゃーんと見えたんですよ。
    (ちなみにワタクシに霊感や霊能力はビタイチございません)

    まぁ申しますと雰囲気っちゅーやつですね。

    出番待ちで舞台袖にてスタンバイされておられる時も、こぅ、真剣な顔をされて、今からいくぞ!っていうオーラをムンムン醸し出していましたからね。
    (個人的にサインをいただきたかったんですが、とても声かけれませんでした)

    特別授業 ~嗚呼、舞台裏はつらいよ~_7

    さて、仏教講座も無事終了。

    ワタクシには、最後に舞台上のお仕事が残っておりました。
    出演していただいた先生方のサインの入った色紙の掲示です。
    (5人の当選者様!!おめでとうございます!!)
    →笑い飯・ラフ次元・ゆりやんレトリィバァ サイン色紙プレゼント当選者のお知らせ
    http://nhmu.jp/news/17902

    色紙掲示・・・舞台袖でその仕事を指示されたワタクシですが・・・んン!?
    ワタクシなんかより、可愛くて綺麗な女性職員が居るのに?
    ワタクシみたいな野郎でイイのん? 
    な~んて思いましたが、ふたつ返事で「イエッサーっ!!」
    緊張しながら舞台上で色紙を抱えてると・・・
    「パシャ」
    あらっ♪・・・まさか写真を取られるとは。
    (もっとダイエットしとくべきだった・・・)
    っておい!ワタクシの写真をブログにあげるんじゃあナイッ!!

    特別授業 ~嗚呼、舞台裏はつらいよ~_5

    まさか、ブログ上で晒されるとは思ってもみなかった!!
    (今回は、フェ○スフラッシュでうまく誤魔化しちょりますが・・・)

    ってか、おい!こっちのこのブログ。
    デカデカとワタクシの素顔出とるやんけ!!
    →行基さんでつながるご縁!?
    http://nhmu.jp/blog/class/5945

    しかもまんま素顔!やんけ!!
    普段マスクマンとして裏方で闘っているワタクシにとって
    素顔をさらすことは命に関わるコトなのです。。。(嘘)

    それにしてもハズいったらありゃーしない。。。

    まぁでも本当に中身も深~い授業でしたよ。
    もっともっとたくさん舞台袖で聞きたかった。

    でも本当に耳から離れなかったのは、笑い飯のネタの「ブァ~サ!ブァ~サ!」の声でしたけれど。

    舞台袖からのブログは以上!!!
    ではみなさま、また授業でお会いしましょう!!!

    (ask)