ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
つくるのはモノだけでなく

5月28日(日)の授業「自分らしいものづくり、手仕事を考える ~僕が、革の工房を開いた理由~」にスタッフとして参加しました。
本日の教室は、授業の先生であるファーマー・スタジオ代表の岩井圭一さんの奥様が切り盛りなさっている「ちてはこカフェ」。
ごく最近、店内に「ちてはこ菓子店」をオープンされたとの情報をキャッチし、そちらも興味津々で伺いました~。

つくるのはモノだけでなく_1

ところがお店に到着して一転、お気楽気分でいられなくなることが勃発。
そのときの様子は・・・激写する余裕もなく、ただひたすら教室の設営に没頭。
授業開始時刻になんとか間に合って良かったっす(-_-;)

授業終了後に元通りに戻した写真。
つくるのはモノだけでなく_10

設営後の授業風景とを比較。
つくるのはモノだけでなく_4

教室いっぱいに机がいくつも並んでいるのがわかるでしょうか?
この机、お店の2階の工房(もちろんファーマー・スタジオですよ)から分解して運んでから再度電動ドライバーで組み立てたんですぞ。

つくるのはモノだけでなく_3

しかもギリギリのラインでプロジェクターやホワイトボードを設営したので、ちゃんと見えるかどうか、始まるまでドキドキでした。

授業の様子は、ひろりんさんの授業レポートをご覧ください。
「日本の確かなものづくりの発展を目指す」
http://nhmu.jp/report/28267

私の役目は写真撮影だったので、「数打ちゃ当たる精神」に則(のっと)り、とにかくバシバシ撮影。
先生だけでなく、いろんなところをがっつり撮りまくっていました。
授業終了後、岩井さん曰く「むっちゃ撮影してるから、途中からカメラ意識してたわ(笑)」ですって。
でもね、けっこうピンボケもあったりして、なかなかうまくいかないもんです。。。

つくるのはモノだけでなく_5

そして、個人的に楽しみにしていた「ちてはこ菓子店」コーナー。
とっても素敵なんです。
ディスプレイされたお菓子が美味しそうなのはもちろんのこと、設えというか全体なのかな・・・、白を基調として、温かみがあって、シンプルなんだけど清潔で、心地いい感じ。

つくるのはモノだけでなく_7

内装は岩井さんが数日かけてなさったとのこと。
「かわいいでしょ。僕、女子力高いんです」なんておっしゃっていましたが、まさしく「女子力の高さ」を感じる佇まいでしたよ。

つくるのはモノだけでなく_8

さて、岩井さんのお話で印象的だったこと。
ものづくりの目的が自分がつくるモノを手にした人を幸せにすることだとしたら、職人が高い技術を持つことでものづくりの質を上げることができる。
だからといって、技術を磨くだけでは人を幸せにすることはできなくて、自分がつくるモノを手に取るのはどんな人なのか、ターゲット層を明確にイメージすることが大切である。
手にしてくれる人、将来手に取るかもしれない人を想定しながら心をこめてものづくりをすることが、結果的に「売れる」ものづくりにつながるはず。
そのためにも、ただ技術を高めるだけではなく、お客様の視点を持つことを戦略的に学べる学校をつくっていきたい。
職人の未来が少しでも拓かれることで、伝統的なものだけでない「手仕事」の文化を残していくことができるのではないか・・・。

つくるのはモノだけでなく_6

有名ブランドを例にとり「ブランディング」「ターゲティング」について解説してくださり、とても興味深かったです。
「ブランディング」?「ターゲティング」??と思ったあなた!!
現在、奈良だけでなく大阪でも革縫い教室をしておられ、日夜忙しい岩井さんですが、ちてはこカフェにいらっしゃることもあるそうなので、運よく会うことができたなら、ご本人に直接聞いてみてくださいね。
お時間があれば、きっといろいろと教えてくださるはずですよ(^^♪

岩井さん&奥様、ありがとうございました!!!

つくるのはモノだけでなく_9

(なさ)

奈良で暮らすことの魅力

授業「奈良で暮らしたい人、応援します! ~移住者の目から見た、奈良という町~」に参加しました。
「奈良移住計画」代表の中島章さんが、先生です。
なぜ奈良に戻ってきたのか、ご自身の体験や思いを伝える授業が今から始まります。
どんな授業かワクワクしてきます。

教室は、「町家貸スペースぼたん」です。
猿沢池の近くにあり、奈良ひとまち大学の授業では何度もお世話になっているところです。

奈良で暮らすことの魅力_1

今日の授業では、初めに中島さんのお話があり、後半はグループに分かれてワークショップを行います。
教室の設営に、早速取りかかりました。

奈良で暮らすことの魅力_2

そうしている間に、中島さんが来られました。
早速、打合せが始まりました。
担当の“GA-3★”とは、だいぶ打ち解けているようでした。

奈良で暮らすことの魅力_3

打合せが終わると、徐々に学生のみなさんが集まり始めました。
女性の方が多くて和やかな雰囲気で授業が始まりました。

まず、学生のみなさんの自己紹介。
奈良だけではなく、横浜など全国のいろいろな場所から来てくださっていて、奈良への関心が高いことがわかります。

授業の様子は「ひとまちレポート」をご覧ください♪
「奈良の奥ゆかしき魅力を改めて発見できました!」
http://nhmu.jp/report/28279

奈良で暮らすことの魅力_6

学生のみなさんの自己紹介の後は、中島さんのお話。
写真を撮影しながら聞いていましたが、中島さんのお話のなかで印象的なことは、
「一度奈良から離れないと、奈良の良さがわからない。東京に行ったからこそ、この活動を始めた」とおっしゃっていたことです。
私も、大阪から奈良に移り住んできましたが、奈良には大阪にない魅力があります。
奈良では時間がゆっくり流れているように感じ、自然がたくさんあるところが魅力的に感じています。
みなさんは、奈良のどこに魅力を感じていますか。

次のワークショップでは、奈良の魅力について、学生のみなさんが意見を出し合いました。
色とりどりの意見がいっぱいあり、奈良への愛があふれていました。

奈良で暮らすことの魅力_4

最後に、集合写真を撮って終了です。
遠方から参加してくださったみなさん、ぜひまた奈良に遊びに来てください。
お待ちしています。

奈良で暮らすことの魅力_5

(まさまさ)

ことのまあかりでビールをいただく

5月のある暑い日、仕事終わりに同僚の“さとちん”とやって来たのがここ。

ことのまあかりでビールをいただく_9

2015年8月22日の授業「奈良で遊ぶ、奈良を遊ぶ ~カフェから発信する奈良愛~」の教室、「奈良の雑貨とカフェBAR ことのまあかり」に訪れた訳は・・・
この奈良らしさ満載なBEERを味わうためでございます。

ことのまあかりでビールをいただく_3

「そらみつ」(「奈良」を表す言葉 by 日本書紀)
「あをによし」(「奈良」を表す言葉 by 万葉集)
「ひのひかり」(奈良県産の「ひのひかり」(6年連続特Aのお米)を使ったライスビール)
これらは全て、奈良発のクラフトビールを手掛ける「Golden Rabbit Beer」の商品です。

2017年6月25日(日)の授業「奈良らしさ、のあるビール作り ~クラフトビールで奈良を元気に!~」では、Golden Rabbit Beer代表の市橋健さんにお話を伺います。
市橋さんは2013年、奈良市主催の起業家支援事業「好きなまちで仕事を創る in 奈良」で最優秀賞を受賞したことをきっかけに、ビール製造工場での修業を経て、クラフトビールの開発・販売を目的に、2015年9月にGolden Rabbit Beerを起業しました。

ことのまあかりでビールをいただく__8

縁あって奈良で暮らすようになり、奈良の魅力にふれ、奈良の活性化に貢献したいと思うようになったそうです。
で、なんでクラフトビールなの?ってところは、授業でたっぷりとお聞かせいただきます。

さて、溢れすぎる奈良愛に満ちた「ことのまあかり」では、発売当初より、これらのビールを取り扱っています。
授業に先駆けて、当日の担当者“なさ”&“さとちん”のふたりがレポートすべく訪れたのであります。

ことのまあかりでビールをいただく_4

私はあまりビールは飲まないのですが、“さとちん”は「夏の晩酌はビールに限るっ!」な人。
そんな対照的なふたりが、メニューを見ながらああでもないこうでもないと言いつつ頼んだのがこちら、「そらみつ」と「ひのひかり」。
2種類を飲み比べてみました。
「そらみつ」は、口当たりが軽くて苦味も少なく、とても飲みやすい印象。

ことのまあかりでビールをいただく_5

「ひのひかり」は、「そらみつ」よりはちょい重めで、後味がお酒っぽい感じがするような・・・。
ことのまあかりでビールをいただく_6

お水を飲みつつ交互に飲むにつれ、味わいの境目に自信が持てなくなり、酒豪の“さとちん”に「どう違う?」と尋ねたところ、「うーん、わからんっ。でも美味しいわっ\(^o^)/」と、なんともシンプルな返事が。

ことのまあかりでビールをいただく__7

「違いがわかる」わけではない残念なふたりですが、「美味しい」ってのは間違いないということは保証いたします。
授業ではお話を伺うだけでなく3種類とも試飲しますので、どんなお味か、しっかりと味わっていただくことができますよ。
※お酒は20歳になってから!ということで、今回は成人限定とさせていただきます。

授業のお申し込みはこちら↓↓
http://nhmu.jp/class/28189

(なさ)

  • Page 1 of 2
  • 1
  • 2
  • >