ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2019年7月 (4)
  • 2019年6月 (10)
  • 2019年5月 (4)
  • 2019年4月 (4)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (7)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 授業の感想(新聞記事)をいただきました!!

    5月26日、授業「発禁本が学問の資料になった!? ~東洋民俗博物館、ふたたび!!~」を実施しました。

    授業の感想(新聞記事)をいただきました!!_2

    授業の様子は、斑鳩町のミスターピンク&マダムイエローさんのレポートをご覧ください!
    「潜入!ピンクに染まる森羅万象窟とスーパーディープな博物館の旅」
    http://nhmu.jp/report/32427

    毎回毎回、授業が無事終わるとホッとします。
    授業に参加したみなさんは、満足してくれたかなぁ~。
    みなさんが書いてくださったアンケートを見ながら、どーだったかなぁ?と毎回振り返りをします。

    そんななか、参加した学生の方から、授業の感想を新聞に掲載したとの報告をいただきました!
    感謝!!

    奈良新聞 2019年6月23日付
    授業の感想(新聞記事)をいただきました!!_1

    こういったみなさんからの声はスタッフにとって本当にありがたいものです。

    奈良ひとまち大学の授業に参加して、「奈良の新たな魅力の発見」をしていただけたのではないでしょうか?!
    授業企画の担当者として、みなさんの奈良との新たな出会いに向けて、これからも魅力的な授業を開催します!!

    (ask)

    奈良女子大学にて

    こんにちは!
    奈良ひとまち大学広報課の“せとやん”です。
    7月2日、同じく広報課の“なさ”と奈良女子大学にお邪魔してきました。

    奈良女子大学にて_1

    というのも、奈良女子大学から「文学部の授業の中で奈良ひとまち大学のことを話してくれませんか?」とお声がけいただいたのです。
    奈良ひとまち大学をPRできる絶好の機会です。
    ありがたいお話!ぜひぜひ!というわけで話して参りました。

    資料の作成は“なさ”、私はしゃべり担当。
    わたくし、ただでさえ挙動不審ぎみなのに、緊張してさらに輪をかけて不審者になってしまうおそれがあるので、“なさ”に内容のチェックをしてもらい、入念にリハーサルをして臨みました!

    奈良女子大に到着し、直前のチェックをしています。
    緊張感が伝わってきますよね。

    奈良女子大学にて_2

    教室の雰囲気はこんな感じです。
    大学の教室ですね~。
    時間になりました、いよいよスタート!
    「みなさんこんにちは~」

    奈良女子大学にて_5

    *奈良ひとまち大学の始まり
    *奈良ひとまち大学とは何なのか
    *どんなことをやっているか
    *奈良ひとまち大学のスタッフは普段どこにいるのか
    *これからの授業のこと
    ・・・など、簡単ですが、ひととおり奈良ひとまち大学のことをお話しさせていただきました。
    熱心に聴いていただいた学生のみなさん、本当にありがとうございました!

    奈良女子大学にて_3

    「よかった、無事に終わりました~」と学内を歩いていると、鹿さんものんびりとしています。
    「わー鹿だー。」

    奈良女子大学にて_6

    ・・・。
    ・・・・・・こんなにいる!!
    さすが奈良の大学だなぁ・・・(しみじみ)。

    奈良女子大学にて_4

    授業を聞いてくれた奈良女子大学の学生のみなさん、奈良ひとまち大学に興味を持っていただけたでしょうか。
    奈良ひとまち大学の授業でお会いできることを楽しみにしています!

    (せとやん)

    イベント紹介

    今回は、イベントの紹介です。
    ご興味のある方は、ぜひお申込ください。

    *****

    【秋田の日本酒を片手に】
    関係人口会議
    ~ツッコミ待ちです秋田県。~

    ▼イベント概要1
    人と地域の良いかかわり方のヒントは、「ボケとツッコミ」にある?

    イベント紹介_2

    「観光地ではなく、通える地域・第二の故郷が欲しい」
    「でも、地域と関わるきっかけがない」
    そんな思いを持っている方におすすめのイベントです。
    ひょんな縁から秋田県にかかわりを持ち始めて、ついにはその関係性を事業という形で昇華させようとする3人のゲストを招待。
    余白が多く手付かずの資源が眠る「ツッコミ待ち」の秋田という土地の「伸びしろ」を見出し、それを「かかわりしろ」として地域との縁を紡ぐかかわり方を共有します。
    今回は地域に入り込むきっかけを提供してくれる秋田県内の3市町の担当者も来場。
    秋田の美味と美酒を片手に、地域と関わる第一歩を踏み出しませんか?

    日時:2019年7月28日(日) 15:00~18:00
    詳しくは、下記申込サイトをご覧ください
    https://kankei-kansai-akita-1.peatix.com/

    イベント紹介_1

    ▼イベント概要2
    【20名限定】
    地域を訪れる現地プログラム
    2019年の秋と冬の2回、秋田県内の3市町のいずれかを訪れ、観光地を回るのではなく、アート・食・教育を切り口に、地域にツッコミを入れながら関係性を構築できるプログラムを用意しております。
    参加費は10,000円。
    秋田までの交通費と宿泊費は秋田県が負担します(食費は自己負担)。

    詳細及びお申込みは秋田県公式サイト「美の国あきたネット」をご確認ください。
    https://www.pref.akita.lg.jp/

    ▼こんな方にお勧めです!
    ○ただ地域を訪れるだけでなく、その土地の人とかかわりを持ちたい
    ○地域で仕事をしたり、地域に通ったりすることに関心がある
    ○「関係人口」になりたい/興味がある
    ○秋田県に興味・関心がある
    ○秋田県に行ったことがないのでこの機会に行ってみたい

    (Mochi)

    • Page 1 of 2
    • 1
    • 2
    • >