ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2018年12月 (1)
  • 2018年11月 (5)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (7)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ

    2018年12月22日(土)、クリスマス前の3連休の1日目。
    みなさんの予定はいかがでしょうか?
    「まだ予定が入ってないわ・・・どうしようかな~」なんて考えているアナタ。
    奈良ひとまち大学の授業「空前の古墳ブーム、到来!? ~ブームを牽引する古墳クッション~」に参加してはいかがでしょうか?

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_1

    「古墳クッション?それは一体・・・?」という方は、「ひとまちブログ」を見てね。
    「かわいい古墳♪」
    http://nhmu.jp/blog/info/13456

    前方後円墳って、レトロな鍵穴みたいな形で、デザイン的にも使いやすいモチーフのような気がします。
    だから、前方後円墳型の雑貨、巷でよく見かけますよね。
    私も愛用しています。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_2

    雑貨にしてもかわいい古墳♪ですが、これをクッションにしたのが、宇宙椅子 cosmic re-chair 代表のフクトク クニヲさんです。
    古墳を触れるようにするだけでなく、座るものにしちゃうという発想にびっくり。
    さぞかし歴史好きかと思いきや、フクトクさん曰く「歴史には全く興味がなかったんですよ」とのこと。
    歴史好きの友人から古墳への熱い思いを聞き、マニアックな人に向けて商品を作ったらウケるかもと思ったのがきっかけだったそう。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_3

    毎年11月に高槻市の今城塚古墳で開催されている「古墳フェス come come* はにコット」に、6年前に出店したのが最初だったそうですが、そのときはクッションではなく古墳椅子だったとのこと。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_7

    でも、椅子だとどうしても値段が高くなってしまい、じゃあクッションにしようかということで、今の古墳クッションへとつながったそうです。
    今年の古墳フェス come come* はにコットにももちろん出店されていて、「古墳-1グランプリ(古墳クリエイター部門)」で第1位を獲得されたんですって!!

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_4

    当日の来場者の方々の投票によるものなので、古墳ファンからどれだけ支持を集めているかがよくわかる結果だと思います。
    古墳フェス come come* はにコットだけでなく、さまざまな歴史系&クラフト系イベントに出店されているフクトクさん。
    古墳にコーフン協会」が企画する関東近辺の古墳を回るはとバスツアーのノベルティとして、現地の古墳クッションを作ったりもするそうですよ。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_5

    古墳マニアも納得のクオリティーとビジュアルのかわいらしさを兼ね備えた古墳クッション。
    大小さまざまなサイズや形、生地で作られていて、鑑賞用として飾ってもらうのももちろんOKだけど、椅子張り師の技術に裏打ちされた実用性もしっかりあるところがすばらしい。
    おすすめは椅子の背もたれに置いて座ることだそう。
    腰に当たって座り心地良しとのこと。
    今度やってみよう。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_11

    ところで、フクトクさんは古墳クッションばかり作っているわけではありません。
    椅子張り職人として、オリジナルの椅子を製作したり、椅子の張替え作業をしたり。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_6

    それ以外にも、ものづくりをする職人として「作れそうなものだったら何でも作ってみる」そうなんです。
    このお星さまもそう。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_9

    これは、奈良県図書情報館で開催されるイベント、「トショカンノクリスマス」に伴い、12月11日(火)~16日(日)まで展示される「クリスマスノ星」のクッションオーナメント。
    「トショカンノクリスマス」の企画に協力しているのが、たかはしみちよさん。
    実は、フクトクさんとたかはしさんはご夫婦なのです。
    たかはしさんには、2016年12月24日の授業「イベントを企画する、ということ ~『表現』することの愉しさ~」で先生をしていただいてます。
    フクトクさんとたかはしさんのおふたりにとって、お客さまと喋ることがアイデアの源だそう。
    「あんなものあったらいいな」「こんなものだったらほしい人いるんだ」といったニーズを知ることができて、それがアイデアにつながるんですって。
    おふたりでイベントに出店したり、たかはしさんが企画するイベントにフクトクさんが協力したりするなかで、アイデアを共有したりして、いいものができるのだろうなと思います。

    椅子張り師が古墳ビルダーになったわけ_10

    今回の授業では、フクトクさんが脱サラして椅子張り職人になって古墳クッションを作るようになったいきさつや、古墳クッション築造について、映像や実物を交えつつ、お話いただきます。
    奈良市内でのイベントでも人気のmoricoさん特製の宇宙椅子クッキーもありますよ!!

    みなさんのお申込み、お待ちしています。
    授業のお申し込みはこちら↓↓
    http://nhmu.jp/class/30927

    ※「トショカンノクリスマス」の詳細については、日+月+星のHPをご覧ください。
    http://sun-moon-star.jp/

    (なさ)

    かわいい古墳♪

    「奈良」と言えば・・・「鹿」も「大仏」もあるけれど、忘れちゃいけない存在、それは「古墳」です(^^♪
    奈良ひとまち大学でも、古墳にまつわる授業、いろいろやりました。
    2014年10月には、授業「『ならほるもん』ってなんだ? ~へんてこフリペの古墳巡り~」を。

    かわいい古墳_0

    2016年2月の授業「古墳・木簡がスイーツになった!? ~奈良らしいお菓子を発信するカフェ~」では、古墳型ケーキ作りのワークショップなんかもやりましたね。

    かわいい古墳_1

    2018年12月22日(土)の授業「空前の古墳ブーム、到来!? ~ブームを牽引する古墳クッション~」では、古墳好きのハートに火をつけた「古墳クッション」を世に送り出した、古墳ビルダーのフクトククニヲさんにお話を伺います。

    かわいい古墳_2

    古墳って、言ってみれば「昔の偉い人のお墓」。
    カワイイからは遠く離れた存在だったはずなんだけど、フクトクさんが作る古墳クッションは、もふっとしててかわいいんだよね。
    これは、椅子張り師の技術を活かして、前方後円墳のころっとした丸みやくびれを立体的なフォルムに仕上げているからこそのかわいさなんですぞ。
    そりゃあ、雑誌やテレビで取り上げられるわけだわ。
    全国的にも注目されるわけだわ。

    かわいい古墳_3

    授業の教室は「日+月+星」。
    ギャラリーとして開いているときもありますが、普段はフクトクさんの椅子張り&クッション製作工房として使われています。
    先日この場所で開催された、「オープンアトリエ『宇宙小屋 in 宇宙椅子』」にお邪魔してきました。

    かわいい古墳_4

    この日はあいにくの雨模様で周りは暗かったんですが、室内は温かみがあるキラキラした空間で、木製の小屋のなかに、古墳クッションをはじめ、きのこみたいなかわいい椅子たちがたくさんありました。

    かわいい古墳_5

    古墳クッションは、前方後円墳だけじゃないんですよ。
    測量図面などに基づき、できるかぎり実際にある古墳に近づけて再現した「リアル古墳クッション」もあるんですぞ!!
    これはその一部。
    奈良の箸墓古墳もありましたよ。

    かわいい古墳_7

    これは製作用のミシン。
    築造前のパーツらしきものがちらり。
    授業でも、実物や裁断パーツを見せてもらいながら、お話していただきますよ。

    かわいい古墳_6

    その他、フクトクさんが古墳をクッションにするまでのことや、古墳クッションを展開するさまざまなアイデア、古墳関連イベントとのかかわりについて、伺います。

    みなさんのお申込み、お待ちしています。
    授業のお申し込みはこちら↓↓
    http://nhmu.jp/class/30927

    (なさ)

    アサギマダラに夢を託して

    みなさん、「アサギマダラ」という蝶を知っていますか?
    2,000㎞を旅する珍しい蝶です。
    日本を縦断し台湾まで飛んでいくことがわかっています。

    アサギマダラに夢を託して_1

    11月25日(日)の授業「2千キロを旅する蝶を育て、空へ! ~人と自然の関係性について考える~」の先生は、そのアサギマダラに魅せられた道端慶太郎さん。
    道端さんをみなさんに紹介したいと思います。

    生き物、特に虫が大好きだった道端少年は、大人になっても虫を追いかけていました。
    高校・大学と進学し、大好きな虫を捕る毎日が過ごせる天職につきました。

    アサギマダラに夢を託して_2

    しかし、ふと、「自分は本当に自然を守ることができているのだろうか?」と思った道端さんは、一念発起し、本当に自然を守る事業を自分で立ち上げようと決意するのです。

    自然を守る事業って?
    道端さんの取り組みは少し変わっています。
    「蝶で人と自然の調和した世界をつくる」
    どんな取り組みなのか、一緒に伺いませんか?
    授業では、これまでの苦労や楽しさ、そしてアサギマダラに対する熱い思いもお聞きいただけるはず!

    アサギマダラに夢を託して_3

    そして教室は、「いつか森になるカフェ」。
    素敵な名前だと思いませんか?
    このお店にも、道端さんの思いがたっぷり詰まっています。
    2012年12月には、授業「豊かな森を育てる、私たちのカフェ ~夢をひとつにする、ということ~」を開催しました。

    アサギマダラに夢を託して_4

    授業の最後には、道端さんが開発したアサギマダラ飼育キットの紹介と、そこで育ったアサギマダラにマーキングして放蝶します。
    他では体験できないちょっと変わった授業です。
    ぜひお申込ください。
    申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/30826

    (たかねぇ)