ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年9月 (7)
  • 2020年8月 (5)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 奈良市民。他府県の方から学ぶなら。

    12月22日の授業「東京都民、奈良愛をデザインする ~あたらしい仕事のかたちを拓く~」、久しぶりのスタッフ参加です!

    今回の教室は、「ゲストハウス奥」。
    こんな住宅街にゲストハウスがあるの?という驚きから始まりました。
    住宅街の狭い路地を入っていくと、名前のとおり奥まった敷地にある長屋を発見!
    しかし実は、奥にあるからというよりはオーナーの名前が奥さんだとか・・・。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_1

    玄関の扉をガラガラっと開けると、壁に飾られた数々のイラスト。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_3

    奈良をモチーフにしたかわいいイラストが飾られています。
    そのイラストの作者が、今回の授業の先生である東京都民の小西景子さん。
    「東京都民、奈良をデザインする」って、どゆこと?
    なんだか不思議なタイトル。
    なんか興味を惹かれる。

    開始30分前から、奈良ひとまち大学ののぼり旗を持って通りでみなさんをお出迎え。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_2

    しばらくすると小雨が降ってきた。
    そこでこんな出来事が・・・。
    たまたま通りかかったご近所の方が興味を持たれ、奈良ひとまち大学の説明をさせていただきました。
    すると別れ際に、
    「いいことしてはるね~。これからもどんどん色んなおもしろいところ教えてね~。頑張ってください!風邪ひかないようにね~。」のお声をいただきました。
    嬉しい!
    そのひとことで心も体も温まりました。

    授業開始。
    参加の学生さんは、13人。
    関東や近隣の他府県からも参加あり。
    参加理由はそれぞれですが、共通して言えることは、みなさん奈良愛にあふれていること!
    奈良市民歴〇十年の私が足元にも及ばないほど奈良について興味を持っていて、情報通のオーラ満載。
    そんなみなさんを代表しているかのような、先生の小西さん。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_4

    小西さんがデザインしている数多くの作品のモチーフは、地図。
    なかでも奈良市内で朝ごはんが食べられるお店の地図は必見!
    観光客はもちろん、奈良在住・在勤・在学者にとっても、家で朝ごはんを食べ損ねて出かけて来た時のお役立ちツールとして持っていたいもののひとつです。
    この地図の場合、東京都民の小西さんだけではなく、インターネットでつながっている奈良在住のお仲間との情報交換をもとに制作されたようです。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_7

    今回は、寒い季節にピッタリのおこた(こたつ)に入って聴く授業。
    後半には美味しそうなケーキとお茶をいただきながらの質疑応答もあり、小西さんと学生のみなさんとの交流が繰り広げられました。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_6

    この授業時間中ステキだったのが、学生のみなさんがキラキラしておられたこと。
    あ~、みなさんホントに奈良を愛してくださってるんだな~。
    「奈良都民」と名乗る小西さん。
    お話のところどころに笑いも入り、そのユーモアあふれた個性が作品にも表れています。
    しかも奈良への愛情たっぷり。
    だからみんな笑顔に溢れているんだな~と感じる授業でした。

    詳しい授業の内容は、「ひとまちレポート」をご覧ください。
    「奈良都民 ~きっかけは人それぞれ~」
    http://nhmu.jp/report/33437
    「『奈良都民』視線のデザイン」
    http://nhmu.jp/report/33567

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_5

    実は、他府県の方への偏見のようなものを持っていた私。
    他府県の方はどうせ奈良のことを「田舎だ」「お店の閉店時間が早い」「特に何もないからおもしろくない」etc.
    いろいろ思っておられるんだろうなと。
    ところが、今回の授業にスタッフとして関われたことで、「奈良ってステキなところなんや!」「愛してやまない人が日本中のあちらこちらにたくさん居てくれはる!」と知りました。

    こうして、授業終了。
    雨がかなり降っていました。
    学生のみなさんは、小西さんとの別れを惜しみつつ、それぞれ帰路につかれました。
    無事に帰宅されたでしょうか?
    私たちスタッフも片づけを終え、ゲストハウスのオーナーさんと小西さんにご挨拶して帰路につきました。
    奈良市民よりも奈良に詳しいみなさんに奈良の魅力を教えていただいた心ほっこりした授業となりました。

    (rain-d)

    « | »