ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2022年9月 (6)
  • 2022年8月 (4)
  • 2022年7月 (4)
  • 2022年6月 (5)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (7)
  • 2022年3月 (7)
  • 2022年2月 (6)
  • 2022年1月 (7)
  • 2021年12月 (8)
  • 2021年11月 (8)
  • 2021年10月 (7)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (6)
  • 2021年7月 (7)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • ラッキーアイテムは大和茶で決まり!

    1月23日(日)は、授業「世界へ羽ばたく月ヶ瀬のお茶 ~井ノ倉さんのお茶が愛されるわけ~」の日でした!
    偶然にも3日連続でお茶の話を聞く講座に参加させていただいた私。
    「なんというご縁!2022年のラッキーアイテムはお茶なのかしら??」と、参加する前からワクワクしていました。

    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「お茶でつながる」
    http://nhmu.jp/report/37106
    「世界をまたにかける月ヶ瀬のお茶」
    http://nhmu.jp/report/37121

    授業が始まり、ティーファームの歴史や、寒暖差の激しい自然環境である月ヶ瀬でのお茶作り、大和茶の魅力を教えていただきました。
    特に興味深かったのは、井ノ倉さんのお茶が月ヶ瀬から始まり、日本全国、そして世界へと広まっていくお話でした。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    大和茶カフェや茶摘み企画などを次から次へと行い、独自のブランド力で縁がつながって、国内だけでなく海外にも呼ばれるようになったそうです!
    人と人とのつながりをとても大切にしている井ノ倉さん。
    授業が終わった後、いつの間にか井ノ倉さんの周りに学生さんが集まって輪ができている現場を実際にお見掛けし、その「つながり」に心が温かくなりました。

    さて、今回の授業でびっくりした体験を3つ書かせてください!
    その1
    紅茶・緑茶・烏龍茶、どのお茶も原料は同じ茶葉!
    みなさん知っておられましたか?
    私は初めて知り、かなりの衝撃でした!
    製造や発酵の程度が違うだけで、あんなにも変化が出るんですねぇ。
    お茶を飲む意識が変わりそうです!

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    その2
    ティーファーム井ノ倉のお茶作りの写真やお茶摘み企画のプロモーションビデオを見させていただいたのですが、匂いがするはずもない画像や映像からお茶のいい香りがする気がしたんです!
    視覚が嗅覚を刺激するお茶・・・そんな不思議な体験でした。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    その3
    試飲させていただいたお茶。
    柔らかくまろやかな口当たりで、心地よい苦みの後、口の中全体に甘みを感じたのですが、不思議なことに体がふわっと軽く浮く感覚がして心が解きほぐされた感じがしたのです!
    人生で初めての味と感覚にとても癒されました。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    世界を魅了するティーファーム井ノ倉のお茶。
    まるで愛息の話をするかのように終始温かい笑顔でお話をされている姿がとても印象的でした。
    奈良市民として奈良の特産である大和茶を末永く愛飲していきたいと思いました。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    最後に・・・ちょっとした裏話。
    授業が終わり片付けをしていると井ノ倉さんが来て、「お茶って意外と用意より片付けが大変だったりするんですよね~」と言いながら、サラッと茶器を洗ってくださいました。
    なんてスマートなんでしょう!
    そして壁がない!!
    こういうお人柄に惹かれて人が集まってくるのだろうなぁと、改めて思ったのでした♪

    (みんと)

    « | »