ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2022年8月 (2)
  • 2022年7月 (4)
  • 2022年6月 (5)
  • 2022年5月 (1)
  • 2022年4月 (6)
  • 2022年3月 (7)
  • 2022年2月 (6)
  • 2022年1月 (7)
  • 2021年12月 (8)
  • 2021年11月 (8)
  • 2021年10月 (7)
  • 2021年9月 (3)
  • 2021年8月 (6)
  • 2021年7月 (7)
  • 2021年6月 (6)
  • 2021年5月 (4)
  • 2021年4月 (7)
  • 2021年3月 (6)
  • 2021年2月 (8)
  • 2021年1月 (7)
  • 2020年12月 (8)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • ラッキーアイテムは大和茶で決まり!

    1月23日(日)は、授業「世界へ羽ばたく月ヶ瀬のお茶 ~井ノ倉さんのお茶が愛されるわけ~」の日でした!
    偶然にも3日連続でお茶の話を聞く講座に参加させていただいた私。
    「なんというご縁!2022年のラッキーアイテムはお茶なのかしら??」と、参加する前からワクワクしていました。

    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「お茶でつながる」
    http://nhmu.jp/report/37106
    「世界をまたにかける月ヶ瀬のお茶」
    http://nhmu.jp/report/37121

    授業が始まり、ティーファームの歴史や、寒暖差の激しい自然環境である月ヶ瀬でのお茶作り、大和茶の魅力を教えていただきました。
    特に興味深かったのは、井ノ倉さんのお茶が月ヶ瀬から始まり、日本全国、そして世界へと広まっていくお話でした。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    大和茶カフェや茶摘み企画などを次から次へと行い、独自のブランド力で縁がつながって、国内だけでなく海外にも呼ばれるようになったそうです!
    人と人とのつながりをとても大切にしている井ノ倉さん。
    授業が終わった後、いつの間にか井ノ倉さんの周りに学生さんが集まって輪ができている現場を実際にお見掛けし、その「つながり」に心が温かくなりました。

    さて、今回の授業でびっくりした体験を3つ書かせてください!
    その1
    紅茶・緑茶・烏龍茶、どのお茶も原料は同じ茶葉!
    みなさん知っておられましたか?
    私は初めて知り、かなりの衝撃でした!
    製造や発酵の程度が違うだけで、あんなにも変化が出るんですねぇ。
    お茶を飲む意識が変わりそうです!

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    その2
    ティーファーム井ノ倉のお茶作りの写真やお茶摘み企画のプロモーションビデオを見させていただいたのですが、匂いがするはずもない画像や映像からお茶のいい香りがする気がしたんです!
    視覚が嗅覚を刺激するお茶・・・そんな不思議な体験でした。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    その3
    試飲させていただいたお茶。
    柔らかくまろやかな口当たりで、心地よい苦みの後、口の中全体に甘みを感じたのですが、不思議なことに体がふわっと軽く浮く感覚がして心が解きほぐされた感じがしたのです!
    人生で初めての味と感覚にとても癒されました。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    世界を魅了するティーファーム井ノ倉のお茶。
    まるで愛息の話をするかのように終始温かい笑顔でお話をされている姿がとても印象的でした。
    奈良市民として奈良の特産である大和茶を末永く愛飲していきたいと思いました。

    ラッキーアイテムは大和茶で決まり

    最後に・・・ちょっとした裏話。
    授業が終わり片付けをしていると井ノ倉さんが来て、「お茶って意外と用意より片付けが大変だったりするんですよね~」と言いながら、サラッと茶器を洗ってくださいました。
    なんてスマートなんでしょう!
    そして壁がない!!
    こういうお人柄に惹かれて人が集まってくるのだろうなぁと、改めて思ったのでした♪

    (みんと)

    心遣いから生まれる優しい商品

    1月22日に、授業「白雪ふきんに学ぶ、仕事のヒント ~蚊帳のハギレがヒット商品になった~」を開催しました。
    奈良にお住まいの方は、もちろん「白雪ふきん」をご存じですよね。
    私も大好きで、長く愛用しています。

    この授業の先生は、その白雪ふきんを生み出している株式会社白雪の垣谷弥生さん。
    実は以前、ファッションサイトのスナップで拝見したことがあり、「美しい方だなぁ」「おしゃれだなぁ」と、秘かに憧れていた方でした。

    心遣いから生まれる優しい商品

    そんな憧れの方にお会いでき、「垣谷先生」「垣谷先生」と興奮して連呼していたのですが、授業中におっしゃいました。
    「先ほどからみなさんに先生と呼ばれていますが・・・弥生さんと呼んでください」と。
    ということで、図々しく、でも少し照れますが、ここからは「弥生さん」と呼ばせていただきます。

    心遣いから生まれる優しい商品

    さて、当初の予定では温かい飲み物を飲みながら、リラックスしながらの授業の予定だったのですが、オミクロン株の猛威の影響を受け、お茶の提供は断念することに。
    ちょっと緊張した雰囲気のなか、学生のみなさんの自己紹介、弥生さんのお話・・・と、授業は進んでいきます。
    授業の様子は、「ひとまちレポート」をご覧ください♪
    「白雪ふきん」
    http://nhmu.jp/report/37090

    それにしても、こんなにたくさんの商品があったとは!
    定番の白雪ふきんの図柄がたくさんあることや、有名な女優さんも使っているという「うるおいたおる」などの存在はもちろん知っていましたが、手巾と言われるもの、シュシュ、ヘアバンド、そしてなんと化粧水に美容液まで!
    白雪ふきんは、ここまで進化していたのですね。
    知らなかった・・・。
    いつの間に・・・。
    完全に勉強不足です。

    心遣いから生まれる優しい商品

    「女の人は、やらなければいけないことが多い。
    こうしなければならない、じゃなくて、少しでも楽になるように、
    こうだったらいいんじゃない?という気持ちで開発してきた。」
    これは、弥生さんが語った言葉です。

    そして、こんな商品を開発した背景も紹介されました。
    「糊を落としてあるバスタオル」
    これは、出産や病気などで入院している方が糊を落とす作業は大変だろうから、という心遣いから生まれたものだそうです。
    かわいらしいクマの形になっているので、いただいた方がほっと和む様子が目に浮かびます。
    弥生さんの、使う人に対する優しさと心遣い。
    私は、すごく納得しました。

    心遣いから生まれる優しい商品

    こういう優しさや心遣いがそのまま商品に伝わり、それが使う人にも伝わるのだろう。
    だから、私のような「白雪ふきんファン」が生まれるのだろう、と。
    ますます、白雪ふきんの、そして弥生さんのファンになりました!
    ありがとうございました~!!

    心遣いから生まれる優しい商品

    (matsuo)

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    1月23日(日)の授業「世界へ羽ばたく月ヶ瀬のお茶 ~井ノ倉さんのお茶が愛されるわけ~」のご案内です。

    近鉄奈良駅から東へ車で1時間ほど走ると、茶畑が広がる月ヶ瀬に到着します。
    今回の授業は、その月ヶ瀬で11代、実に260年以上続く茶農家の井ノ倉光博さんを先生に迎えて開催します。

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    高原で昼夜の寒暖差があり、朝霧がたち込める月ヶ瀬は、美味しいお茶を作るのに最適な場所とされてきました。
    大和茶の美味しさの秘密は、ここにもあるのですね。
    そんな月ヶ瀬で、井ノ倉さんの家は茶工場の隣にあり、常にお茶が身近にありました。
    小さい頃からお茶の香りが好きだったそうです。

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    井ノ倉さんのお茶作りは、有機肥料を主とした優しい土作りから始まり、月ヶ瀬の湧水を使って茶葉を蒸し、透明感のある水色(すいしょく)と「まろ味」をめざして、日々お茶と向き合っています。
    まろ味って?
    気になりますね。

    井ノ倉さんが大切にしていることは、お茶を通して「人と人のつながり」を作ること。
    お茶の香りは幸せを運ぶ。
    その思いは人から人に伝わり、井ノ倉さんのお茶は月ヶ瀬から東京へ、そして世界へと広がっていきました。
    今では、国内のハイグレードホテルはもとより、パリのTHEODOR、ブルガリ ホテル ミラノといった世界の一流の場所でも愛飲されています。

    月ヶ瀬発!世界で愛される大和茶

    授業では、世界一の茶作りをめざしている井ノ倉さんから、茶葉へのこだわり、大和高原ならではのお茶作りや美味しいお茶の淹れ方について伺います。
    また併せて、世界へと広がっていったお茶の話も伺います。
    「もっと美味しいお茶を作りたい」と日々ひたむきに茶葉に向き合っている茶農家・井ノ倉さんの姿を知ることで、奈良の食と農の魅力に触れてみませんか?

    ※授業ではお茶を淹れる体験は行いませんが、井ノ倉さんに淹れていただいたお茶の試飲を行います。

    ぜひお申し込みください!
    お待ちしています。
    お申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/36756

    Photo:kuraya eto shyuji

    (かっぱ)