ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2018年8月 (5)
  • 2018年7月 (5)
  • 2018年6月 (7)
  • 2018年5月 (5)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 暖炉の前の美味しいひととき

    今日の授業「奈良のお茶って、すごいんです!」は、奈良市田原地域での2回目の授業です。
    前回の田原での授業(「餅つきに日本の魂(ソウル)を見た!」)では雪に見舞われとても寒かったので、お天気が心配でしたが、今日はやわらかな日差しのなか、鳥のさえずりも聞こえ、春の訪れが感じられる好天に恵まれました。

    暖炉の前の美味しいひととき9

    私たちスタッフは、いつも授業が始まる1時間前くらいに教室に到着し、準備を始めます。
    今回も教室である「遊茶庵」へ到着すると、竹西先生と打合せの後、座席や配付物の確認をし、入口にのぼりを立てたり、教室への案内表示を掲示したりなど、学生のみなさんをお迎えする準備を始めました。

    「遊茶庵」の中へ入ると、最初に目につくのは、2階の吹抜けに伸びる煙突を備えた暖炉です。
    私たちが生活のなかで使用する暖房器具といえば、石油ストーブやエアコンが多いと思うのですが、薪をくべる暖炉の暖かさは、それらとは違い、どこかやわらかくまろやかな感じがしました。

    暖炉の前の美味しいひととき2

    暖炉の横には、たくさんの薪が置かれていました。
    この薪ですが、薪として使える大きさに揃えて準備するのが大変なんだそうです。テレビで見たことのあるような薪割りは、簡単そうに見えて実はとっても重労働で、「遊茶庵」では一日で断念したとか。今は“自動薪割りマシーン”なるものを導入して薪割りをしているそうです。
    どんな機械なのか気になるところですが、今回は見せていただく機会がなく・・・。写真がなくてゴメンナサイ!

    田原地域へ訪れるベストシーズンは、春~初夏または秋だそうですが、寒い冬だからこそ感じられる暖炉の暖かみを求めて、ぜひ一度、冬に「遊茶庵」を訪れてみてください!

    さて今日の授業では、竹西先生より、大和茶の歴史やお茶の種類、有機栽培についてのお話を伺った後、実際にお茶を淹れて飲みながら、美味しいお茶の飲み方を教わりました。

    詳しくは、ひとまちレポート「確かにすごい!奈良のお茶☆」をご覧くださいね!

    暖炉の前の美味しいひととき3

    今回の授業では、残念ながら急な欠席があったため、私も学生のみなさんと一緒にお茶をいただき、同じ茶葉で一煎目から四煎目まで違う味を楽しませていただきました。

    お茶が大好きで普段からよく飲んでいるのですが、適切な温度でゆっくり時間をかけて淹れると、いつものお茶も格段に美味しくなるものだなぁと実感しました。

    暖炉の前の美味しいひととき4

    みなさんにも、竹西先生に教えていただいたお茶を美味しく飲むコツをいくつかお伝えしますね。

    ●お茶は冷暗所(冷蔵庫など)で保存すると良いのですが、冷蔵庫に入れていたものを出して使う時は、常温に戻してから封を開けると良いそうです。
    封を開けた後は周囲の湿気や臭気を吸ってしまうので、キチンと密閉してから保存してください。

    ●古くなった茶葉は、炒ると復活するそうです。(ほうじ茶になるのかな?)茶炒り器などを使って炒ってから淹れてください。暖炉の前の美味しいひととき8
    (写真は、ごま炒り器です。竹西先生はごま炒り器で見本を見せてくださいました。)


     
    ●水出し緑茶を作るときは、水は水道水でOKです。ただし、水道水にはカルキが入っているので、一度沸騰させてから冷まして使ってください。
    外国の水(硬水)は、日本の水(軟水)とは成分が違うので、お茶が出にくいそうです。またアルカリイオン水は、成分が出すぎるそうです。

    この他、お茶の淹れ方については、ひとまちレポート「確かにすごい!奈良のお茶☆」を参考にしてみてくださいね。

    暖炉の前の美味しいひととき5 暖炉の前の美味しいひととき6

    ただ、お茶は“嗜好品”なので、「こうしなければならない」という絶対の淹れ方はないそうです。
    みなさんもぜひ、自分の飲みやすい美味しいと思う方法を見つけて、楽しくお茶を飲んでください!

    (tomo)

    奈良に生まれ育って

    3月の終わりとはいえまだまだ寒い日、桜の便りも聞こえません。
    授業「ついに出た!?鹿のホンネ本! ~作家が自ら語る、あの本の裏話~」の教室内もちょっと寒くて、足元はひえひえ・・・。
    そんななか、先生の語りは熱く熱く、鹿への愛があふれておりました。

    奈良に生まれ育って_1

    授業の内容は、「ひとまちレポート」をご覧ください。
    http://nhmu.jp/report/4005

    奈良に生まれ育って_3  奈良に生まれ育って_2

    参加者は奈良にお住まいの方がほとんではありますが奈良出身の方は少ないようで、観光客目線のご意見が多く・・・。
    奈良にはおいしいものがない お土産がない
    掃除が行き届いていない 朝は遅い 夜は早い と、
    ならまちに住んでいるものには耳が痛く、穴があったら入りたい。

    でも!人力車を鹿に引かせてみてはとの意見には私もびっくり!!
    先生が今、奈良の鹿は神様のお使いだと話されていたではありませんか!
    おそれおおくも かしこくも・・・。

    (つしねこ)

    モノクロな奈良は奥深い

    東日本大震災で犠牲になられた方々のご冥福をお祈りし、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。

    3月12日の奈良ひとまち大学特別授業は、11日に発生した大地震から、様々なことがありました。
    開催するか否かの検討を重ね、「開催」で動きだした特別授業。
    ここで問題になったのが、特別授業の先生・みうらじゅんさんは、来ることができるのか?
    「もし、新幹線が動かなかったら?」「遅れて来られたら?」等、みうらじゅんさんと電話が通じないなか、様々な事態が考えられました。

    みうらじゅんさんが来ることができなかった場合、一番の悩みは石川住職との対談者でした。この状況下で、急に誰かお願いできるのか?ひとまち大学のことを理解していただき、奈良への思い・奈良の魅力を語れる人・・・。どなたかいないのか・・・。
    そのとき、ふと頭に浮かびました。「そうだ!奈良では平城遷都1300年祭が行われたんだ!!このとき一緒に仕事をし、奈良の社寺を巡り、多くの特別講話を実現してきたあの人にお願いするしかない。」
    ということで、平城遷都1300年記念事業協会の露口さんへ現在の東京の状況を伝え、一肌も二肌も脱いでいただけることが決定しました。
    そして、ナビゲーターであり奈良を発信している人となれば、ならどっとFMの羽原さんにお願いするしかないと、夜遅くに連絡をし、了承を得ることができました。

    もしもに備えて、シナリオ等を変更する準備をしていた11日深夜、みうらじゅんさんご本人からお電話が・・・。
    今の東京の状況、みうらじゅんさんの心境をお伝えいただき、とてもお話をできる状況ではないということでした。
    それを受け、授業当日の12日未明に、みうらじゅんさんが来られないということで司会原稿の変更等を行い、朝を迎えました。

    モノクロな奈良は奥深い_1 モノクロな奈良は奥深い_2
    迎えた当日の朝、学生のみなさんが続々とやって来られました。
    そのころ控え室では、石川住職・露口さん・羽原さんが集合し、打合せ。
    初めて出会う3人・・・。
    と思いきや、そうではなかった!どこかで3人がつながっているんですね(奈良は人のつながりがしっかりしている!)。
    今までは、それぞれお互いは知っていたのですが、3人が顔を合わせたのは初めて。
    今日はトライアングルで話すんだね!という感じで、打合せも盛り上がっていきました。

    「みうらじゅんさんの火付けで仏像ブームになりましたよね、そのみうらじゅんさんと言えば、なぜイケ住と呼ばれるようになったところから聞いていきましょう」「あそこの仏像をはずしては語れない」「奈良県北部だけではなく、南部にもいいところがたくさんある。このことは伝えていきたいですね。」など、授業開始までの1時間余りで、多くのことが語られました。

    モノクロな奈良は奥深い_3

    特別授業の始まりを告げるチャイムが鳴り、いよいよスタート!
    手に汗を握り震えていたのに、鼓動も静まり、落ち着いた様子で照明のなかに進んでいく姿にプロを感じました。

    90分の授業は3人のトークで瞬く間に過ぎていき、いつもの講演会では聞くことのできない奈良の深さを感じることができました。
    京都・大阪は写真で言えばカラーで、奈良はモノクロだ。カラーには勝てないけど、モノクロには深みがあり、奈良は四次元的である。
    奈良に来ると言葉で語れないが魂を揺さぶられる、DNAが揺さぶられる・・・などなど、とても興味深い内容でした。

    また、石川住職からの「みうらじゅんさんの直筆絵馬プレゼント!」の超サプライズ発表もあり、会場にはどよめきが・・・。

    モノクロな奈良は奥深い_4

    終了後の控え室では、3人が一様に緊張から解き放たれた安堵の表情を見せ、「このトライアングルは良かったね」「これから3人であちらこちらで話しに行こうか」「売り出していこうか」とも相談されていました。

    みうらじゅんさんが来られなかったことで、残念だった方も多かったと思います。アンケートにも多く感想が寄せられていました。
    みうらじゅんさんのトークショーは、いつか実現したいと考えています。そのときまで・・・、どうか待っていてくださいね。

    急遽、先生をお引き受けいただきました、平城遷都1300年記念事業協会の露口様、ならどっとFMの羽原様、本当にありがとうございました。

    (かっぱ)

    後日、「みうらじゅんさんの直筆絵馬プレゼント!」の抽選を行い、その模様をユーストリームで中継しました(↓で見ることができます)。
    http://www.ustream.tv/recorded/13573027
    これまでに実施した授業の紹介や、これからの授業予定などもお話しました。ぜひご覧ください♪