ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2018年6月 (3)
  • 2018年5月 (5)
  • 2018年4月 (2)
  • 2018年3月 (8)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 「いっかんばり」と読みます

    2月24日(土)の授業「奈良の伝統工芸がモダンに蘇る ~300年以上続く『一閑張』ってなに?~」の打合せに、奈良市六条にある「奈良悠久の郷」へ行ってきました。
    授業タイトルのとおり「一閑張ってなに~?」っていう声が聞こえてきそうですね。
    「一閑張」は「いっかんばり」と読みます。
    百聞は一見に如かず!
    ご覧ください。
    床の間にお洒落~に飾られているこの味のあるカゴ!
    そう、これこそが「一閑張」なのです。

    「いっかんばり」と読みます_1

    「百聞」というほどはお伝えできませんが、一閑張について簡単に説明しましょう!

    「いっかんばり」と読みます_6

    近代以前までは、農具や日用品を補強するため、和紙に柿渋液を塗り重ねる「一閑張」という技法が、北海道や沖縄を除く全国で使われてきました。

    「いっかんばり」と読みます_4

    本革やデニムなどのように時間の経過とともに色が馴染んで柿渋液の風合いが出せるため、今ではファッションやインテリアにその技法が取り入れられるようになったそうです。

    「いっかんばり」と読みます_2

    今回の授業の先生は、奈良一閑張り作家の上田晃子さん。
    上田さんが一閑張に出会ったのは、ご主人の実家の蔵から100年前に実際に使われていた一閑張の農具類が多数見つかったときだそうです。

    「いっかんばり」と読みます_3

    その時、壊れたモノは捨てずに修理してまた使うという昔からの庶民の知恵に、感銘を受けたそうです。
    その後、一閑張の技法を独自で研究し、和テイストのおしゃれ雑貨「一閑張アート」を立ち上げ、さらにその後、柿渋・墨・筆・晒・竹かご・和紙などオール奈良の特産品とコラボしたブランド「奈良一閑張り」を立ち上げられました。

    「いっかんばり」と読みます_7

    上田さんが創り出す作品は、デザインだけでなく、とても丈夫で上質であることから、全国の百貨店のギャラリーに展示されたり、高級品として販売されたり。
    上田さんはプロの工芸作家として活躍しているんですよ。
    昔の農具をもとにおしゃれ雑貨を創っちゃうって、発想がホントにすごいですよね!
    今回の授業では、上田先生から一閑張の歴史や奈良の伝統工芸の魅力についてのお話を伺う他、実際に奈良一閑張りを体験するために、この書類トレイを作ります。

    「いっかんばり」と読みます_5

    貴重な体験になること間違いなしです!!
    ぜひ、お申し込みください。
    お申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/29513

    (もじゅ)

    “落語”を楽しむ粋なカフェ

    先日、4月22日(土)の授業「奈良で味わう落語とコーヒー ~落語がテーマのおもしろカフェ~」の教室、古々粋亭(ここいきてい)にお邪魔してきました!
    なんとも粋な名前!
    でも、「ここいきてい」って何?
    実は落語喫茶なんです!
    店内には落語の舞台が設置されていて、いつもお囃子や落語のDVDが流れています。
    そしてなんと、1か月に1度は、本物の噺家さんが来られての寄席もあるそうです!

    “落語”を楽しむ粋なカフェ_1

    今回の授業の先生は、そう!落語喫茶 古々粋亭のマスター・井上さんです。
    落語が好きで好きで落語喫茶を作ってしまったということですから、その情熱は人一倍!
    思いも行動力もある方が、今回の先生です。
    本人は落語の経験はないそうですが、お話がおもしろいのなんのって!
    さすが関西人!さすが落語好き!!って感じです。
    打合せは終始笑って笑って、楽しい時間でした。

    “落語”を楽しむ粋なカフェ_2

    そして、今回の先生はおひとりだけじゃないんです!
    なんと、落語家の笑福亭純瓶さんも先生。
    笑福亭鶴瓶さんの3番弟子で、奈良を題材とした新作落語をたくさん手掛けられている方です。
    1つの講座に先生が2人なんて、なんてお得な授業なんでしょう!
    マスターから、落語の魅力や落語喫茶を開いた思いなどを伺った後、笑福亭純瓶さんの落語を生で聞くことができます!

    そして、お得なのはこれだけじゃないんです。
    コーヒーとお茶菓子が付きます。
    コーヒーとお菓子をいただきながらの、マスターと笑福亭純瓶さんとの交流会も予定しています。
    普段知ることのできない噺家の世界なんかも聞けちゃうかも・・・。

    “落語”を楽しむ粋なカフェ_3

    打合せでは、マスター自慢のコーヒーとおぜんざいをいただきました!
    このおぜんざい、実は落語の中に登場するぜんざいなんです。
    どんなぜんざいかって?!
    ・・・それは秘密です。
    落語のネタなのでね!
    落語好きの方はピンと来ましたか?

    “落語”を楽しむ粋なカフェ_4

    この他にも、落語喫茶 古々粋亭には落語にまつわるメニューがいくつか用意されているそうです。
    一度来てみる価値ありですよ!
    まずは4月22日(土)の授業「奈良で味わう落語とコーヒー ~落語がテーマのおもしろカフェ~」を受けてみるってのはどうですか?
    申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/27808

    (たかねぇ)

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!

    寒い冬に食べるイチゴは格別!
    イチゴの旬は冬ですもんね!
    いたるところでイチゴの商品を目にするシーズンですし!

    そんなイチゴの新品種「古都華」を、みなさん知っていますか?
    濃いルビー色で全体的にツヤがあって、大粒でしっかりとした歯ごたえ。
    平均糖度が12~13度と、一般的なイチゴに比べて超甘い!
    まさに宝石のような輝くイチゴ!

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_1

    この古都華は2011年(平成23年)に奈良県で誕生した新品種で、まだまだ新人君なんです。(∀`*ゞ)テヘッ
    そこで奈良市奈良ブランド推進課では、奈良の新しいブランドとして積極的に推進イベントを行っています。
    そう!2月11日(土)の特別授業「NEWスター『古都華』のここがすごい! ~甘くて美味しいイチゴの誕生秘話~」は、奈良ブランド推進課の古都華推進イベントとの連携授業なんです!
    (イベントの詳細については、後日また「ひとまちブログ」で報告予定!!)

    しかも教室は、奈良市民なら誰もが知っている「ならファミリー」!

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_2

    1階のらくだ広場なんですよ!
    ならファミリーは2016年11月にリニューアルオープンしたばかり!!
    らくだ広場も、リニューアルしたばかりで超綺麗!!!━(*′▽`*)━

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_3

    しかもしかも、今回の授業の開催日は2月11日(土)の祝日!
    土日はお仕事・・・という方でも、祝日なら授業に参加しやすい!?
    こ~んな特別授業で古都華の魅力をた~っぷりと味わっていただきます!

    ではここで、先生の紹介です。
    古都華の開発者である奈良県農業研究開発センター総括研究員の西本登志さん
    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_4

    古都華の生産者である萩原いちご農園の萩原健司さん
    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_5

    古都華の推進者であるフランス菓子ラ・ポーズ シェフパティシエの青森正之さん
    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_6

    そして、進行役はFM COCOLO DJ小谷真美子さん
    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_7

    小谷さんは以前、開校4周年記念特別授業「奈良ってぶっちゃけ、どんなとこ!? ~みんなで語ろう、奈良の本音~」にご出演いただきました。

    先日、授業に向けて先生方と打合せを行いました。

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_8

    お忙しい中お集まりいただいて、トークショーの段取りと中身について確認。
    そして、古都華談義です。

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_9 奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_10

    もちろん中身については当日のお楽しみなので秘密ですが、古都華に関してディープなお話も!
    (当日どこまで聞けるかな?!)
    *新品種・古都華はどのように生まれたのか?!
    *各先生方の古都華に対する思いや考え!
    *奈良ブランドとしての古都華の存在とは!?

    奈良の雅なイチゴ「古都華」を味わおう!!_11

    早くみなさんにトークショーを聞いてもらいたいですねぇ~!
    打合せ中“ask”は古都華や他のイチゴにまつわる話を聞き、口の中がイチゴの味でいっぱい!
    食べちゃくなっちゃいますよね~。
    ぜひ、みなさんにも味わっていただきたい!
    ん?!「話だけでは味わえない!」と思ったアナタ!
    今回の特別授業では、本物の古都華を「試食!」していただけるんですよ~!
    トークショーの途中、「あるタイミング」で古都華をお配りします!!
    実際に味わっていただきます!!!!
    そのタイミングは何時か?それもお楽しみに!

    まずは授業に申込しなければ始まりませんよ!
    お申込みがまだの方はこちらから! Let’s Go!!
    【特別授業】NEWスター「古都華」のここがすごい!~甘くて美味しいイチゴの誕生秘話~
    http://nhmu.jp/class/27371
     
    最後にイチゴの格言を。
    「苺は苺の味がするように、人生は幸福の味がする」
     フランスの哲学者 アラン

    (ask)