ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2017年12月 (4)
  • 2017年11月 (3)
  • 2017年10月 (9)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • クライミング初体験!

    10月29日の授業「気軽にトライ、ボルダリング ~爽快、スポーツクライミング!~」に従事しましたので、今回はその報告をします!
    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧くださいね♪
    「初めてのボルダリング体験」
    http://nhmu.jp/report/29128

    クライミング初体験_1

    2020年東京オリンピックの正式種目となり、最近名前を聞くことも多い「クライミング」。
    テレビなどで、ジムの様子や競技をご覧になった方もいるのではないでしょうか?
    選手が高い壁をひょいひょいと軽々登っていく姿は、見ていて「すごいなー」なんて思いますよね。
    「クライミング」と、こちらもよく聞く「ボルダリング」。
    何がどう違うのでしょうか。
    今回の授業のタイトルにも両方入っていますね。

    簡単に説明しますと、ボルダリングとは、フリークライミングの形式のひとつなのだそうです。
    5mほどの壁をシンプルな装備で登っていくもので、気軽に楽しめるのが人気のポイント。
    今回の教室「クライミングジム ノボリコ」の写真を見ても分かるとおり、マットが敷いてあるのも特徴です。

    クライミング初体験_2

    さて、今までの人生で「運動に関すること」は悉(ことごと)く避けて通ってきた私。
    クライミングに関しての知識といえば、
    ・少し小さめの靴を履いてするもの
    ・壁に取り付けられたさまざまな石をつかんで登っていくもの
    ぐらいのことしかなかったのですが、授業に従事できるということで当日を楽しみにしていました。

    クライミング初体験_3

    教室に到着しジムの中に入ってみると、一面の壁にカラフルな石がたくさん!
    「おおー、これをつかんで登っていくのか、やっぱり近くで見ると圧がすごいなあ」なんていういかにも第三者的な感想を抱いていたのですが。
    なんと私も学生のみなさんに混じって体験させてもらうことに!
    ホールド(とっかかりの石のことをこう言うのです)の下に貼ってある番号のシールがコースになっているので、どれでもつかんでいいということではないんです。
    級ごとに色が分かれて、さらにコースの番号が書いてあるので、まずは壁の下で自分が上るコースをしっかり確認します。

    クライミング初体験_4

    よーし!OK!行くぞう!
    と、スタートするのですが、「え?次どこだっけ?あれ?」と、確認したはずのコースがすっぽりと頭から抜けてしまう始末。

    クライミング初体験_5 クライミング初体験_6

    先生が「ここに足を置いて、左手を先にここ。それで右足を・・・」とポインターで示してくれるので、「はいっ!はいっ!」と従ったのですが、ひとりでやるとなるとなかなか難しいものです。

    クライミング初体験_7 クライミング初体験_8

    よくわからないプレッシャーと体力的な問題で、冷や汗なのか何なのか、汗をかきだしました。
    手汗も出ます。
    そうか、こういうときのためにチョークを手につけるのか・・・。

    クライミング初体験_10

    次の足場や手を置く場所を無理やり探そうと思うと自分の体重がのしかかり、バランスを崩して「ああ~・・・」と壁から落ちてしまいます。

    クライミング初体験_9

    これも、コースを正しく登っていくと変な体重がかかることなくクリアできるのだそうで、「クライミングは体を使うパズル」と言われる所以がよくわかりました。

    クライミング初体験_13

    それだけに、コースをクリアできた時の達成感はさぞかし素晴らしいものだろうと思います。
    新しいコースにどんどん挑戦していきたくなるのだろうと思います。
    残念ながら私は今回そこまでいけなかったので、想像でお送りしています・・・。

    今回参加された学生のみなさんは、「次はあそこに手をかけて!」「足は右下です!」とアドバイスしあっていました。
    これぞチームプレイ。
    スポーツって素晴らしい。

    クライミング初体験_11

    参加してくださった学生のみなさん、楽しんでいただけましたか?
    そして中野先生!分かりやすく丁寧に教えていただき、ありがとうございました。
    みなさん、ぜひまたノボリコでクライミングをしましょう!
    私もします!
    何か始めてみたいなって思っている方、この秋、クライミングもアリですよ。

    クライミング初体験_12
    ☆おまけ☆
    授業終了後、2日経ってやってきた筋肉痛。
    太ももと肩周りが痛いのなんの。
    階段を上り下りする時(特に下りがきつい)、「よいしょ、よいしょ」と声が出てしまうくらい・・・。
    たしか、3~4本くらいしかコースを登らなかった(しかもクリアできなかったものもあります)のですが、この筋肉痛。
    日頃の運動不足はこういう形で出てくるのですね。
    大人の生活習慣、改めるべし。

    (せとやん)

    ☆こだわりが素敵すぎ☆

    私、10月1日の授業「お菓子といちごの甘~い関係~パティシエといちご農家の取り組み~」の従事が決まる少し前に、かなり久しぶりに「パティスリーショコラトリーエメラ」にお邪魔していました。
    まだ学生の頃(20年以上前!?)、母に連れられてよく通っていたお店で、母が選ぶのはいつも決まってミルフィーユとモンブランで、中に挟まれたカスタードクリームがとっても美味しく、今でもその味が蘇ってきます。

    で、久々に伺ったパティスリーショコラトリーエメラはというと、外観もがらりと様変りしていて、「すっばらしい」雰囲気にビックリ!!
    店内のショーケースには何か綺麗なアート作品が飾られているのかなと思うような、ピッカーンと輝かしく美味しそうなケーキたちが「どーよ☆」と言わんばかりに並んでいて、どれにしよ~!?と目移りしてなかなか決められませんでした。
    お店が混み合っていてちょうど良かったな。

    そして今回、授業に従事することになり、あんな素敵なケーキを作っておられる藤原さんと、奈良で有名な苺・古都華を育てておられる萩原さんにお会いできる日を心待ちにしていました♪
    お会いした印象はというと、おふたりとも男前で若々しく色気もムンムン。
    柔らかな物言いですが、勝気なオーラも放っておられ、ご挨拶するのも少し緊張してしまいました(#^.^#)

    こだわりが素敵すぎ_5

    お店の雰囲気を知っている私は、オーナーの藤原さんが授業中におっしゃっていた「お客さんはケーキを買いに来られますが、ケーキの材料であったり完成するまでの工程やお店の雰囲気・接客・包装など、いろいろ含めてケーキを楽しまれている」というお話に大きく頷いてしまいました。

    こだわりが素敵すぎ_2

    おふたりのお話からは、職人としての細やかな心使いとこだわりがひしひしと伝わってきました。
    そのような思いがいろんな人に伝わり、そこから人との繋がりが広がるということ。
    こだわりを持ち続けていくには大変な苦労がおありだと思いますが、生活や暮らしのハリに、ひいては生き甲斐にもなりますよね。

    こだわりが素敵すぎ_4

    はて!?こだわりを持てること、こだわりのある暮らし、私は・・・。
    まだまだこれから見つけていきたいな~。

    こだわりが素敵すぎ_3

    今回、授業の教室として貸していただいた「ギャラリーと学びの町家 月眠」。
    初めてお伺いしましたが、趣のある落ち着いた佇まい、ホッとひと息つけるような素敵な空間に仕事を忘れ、癒されてしまいました。
    素敵な場所・素敵な人たちに出会えて、とても幸せなひとときでした☆☆☆

    (てんてん)

    福智院から頭塔へ

    今日の授業「若き僧侶が発信する寺の魅力 ~地蔵信仰の聖地、福智院を知る~」の教室・福智院は、とても親しみのあるお寺です。
    実家から徒歩1分、私も子どもの頃は毎年の地蔵盆をとても楽しみにしていました。

    福智院から頭塔へ_1

    それほどご近所の福智院さま。
    実は本堂に入ったのは、今回が初めてなのです。
    そこで見たご本尊の地蔵菩薩さまの男前(男?)なこと!!
    大きなお身体にがっしりした体格、薄衣を流れるように身に纏い、ピンクの唇、小さな仏さま560体を乗せた光背を負い、なんと素敵なお姿・・・。
    でも、こちらにはこの素敵な地蔵菩薩さまだけではなく、とてもかわいいキャラクター「おじぞうぼうや」も!!

    福智院から頭塔へ_2

    このおじぞうぼうやを誕生させたのは、ここ福智院の阪井慈眼さんご夫妻。
    奥様はとても愛らしく、イラスト担当。
    おじぞうぼうやに少し面影が似ている(ごめんなさい!(>_<))阪井慈眼さんは、若々しい笑顔で私たちを迎えてくださいました。

    福智院から頭塔へ_3

    阪井さん、「お話することは、まだまだ勉強中」とおっしゃっていましたが、なんの、とても分かりやすい口調で、福智院の魅力を一生懸命お話してくださいました。

    福智院は聖武天皇の御世に玄昉が建立した「清水寺(しみずでら)」の遺鉢を受けた寺として、受け継がれてきたとのこと。
    だからこの地に「清水」という地名が残っているのですね。
    ※余談ですが、私の実家も戦前はこの清水で商売をしており、とても親しみのある地名なのです。

    福智院から頭塔へ_6

    授業の内容は、「ひとまちレポート」をご覧ください♪
    「福智院の歴史と穏和な先生の講義を受講して」
    http://nhmu.jp/report/28944

    阪井さんのお話の後は、ゆっくり本堂の中を見せていただき、この後は玄昉さまの首塚と呼ばれている頭塔へ。
    清水の坂をみんなで歩きながら移動です。

    福智院から頭塔へ_4

    「頭塔」
    7段の階段ピラミッド。
    土と石でできた仏塔。
    発掘調査の後、一部は復原されており、回遊式の歩道もできています。
    神秘的な仏塔は、インドネシアのボロヴドゥール遺跡にも似ている感じがしました。

    福智院から頭塔へ_5

    玄昉さまのお話を伺い、歴史のロマンも感じられた今回の奈良ひとまち大学。
    久しぶりに地元に思いを巡らせたひとときでした。

    (さとちん)