ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年1月 (5)
  • 2019年12月 (7)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (5)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (7)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (12)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 輝きに魅せられて

    授業「糞虫(ふんちゅう)に夢中! ~噂のならまち糞虫館を訪ねる~」の教室、「ならまち糞虫館」。
    100%迷子になる自信がありましたが、やっぱり独りで来ていたら確実に迷子になる場所でした(汗)。
    細~い路地を奥まで進み、右手にある建物です。

    輝きに魅せられて_1

    スタッフが一足先に到着し入口にのぼり旗を組み立てているところへ、爽やかに館長の中村さんが登場。
    早速館内へ。
    白を基調にした清潔感たっぷりの、とっても素敵なおしゃれ空間に感動~。

    まずは、1階にて受付の準備。
    本日の教室は2階。

    輝きに魅せられて_2

    座布団と四角いカラフルな椅子を準備してくださり、設置完了。
    奈良ひとまち大学の校歌も忘れずに・・・。

    輝きに魅せられて_3

    いよいよ受付開始です。
    みなさんが迷わずに来られるか心配しましたが、意外とスマホ&地図片手にスムーズに来てくださり、ホッとひと安心。

    さて、奈良の「フン虫王子」こと中村圭一さんがこの授業の先生。

    輝きに魅せられて_4

    授業の様子は、「ひとまちレポート」も併せてご覧ください♪
    「奈良公園の小さな働き者に出会う」
    http://nhmu.jp/report/33099
    「ルリセンチコガネに感謝!」
    http://nhmu.jp/report/33118

    まずは、先生の自己紹介から。
    中学2年生の夏休みの糞虫との出会いから、ならまち糞虫館をオープンさせるまでのお話etc.
    みなさん真剣な眼差しで聴き入っていました。

    輝きに魅せられて_5

    次に、学生のみなさんの自己紹介です。
    子どもの頃から虫好きの方、メディアで紹介されたのを拝見して(私も!)という方が多く、なかには「虫は大の苦手ですが奈良公園の食物連鎖や綺麗な輝く虫には興味があって」という方もいました。
    とにかく、みなさん熱い思いを語ってくださいました。
    質問も次から次へと飛び交い、先生も丁寧に一つひとつ答えてくださいました。

    1階へ移動し、展示の見学です。
    先生の説明を受けながら、虫眼鏡を使って糞虫の細部まで観察したり、ライトを照らして羽根の輝きを見たり、みなさんの目がキラキラ輝いていました。
    展示室は、説明の文字より実物をじっくり見てほしいという先生の想いから、とてもスッキリした空間になっているとのこと。

    輝きに魅せられて_6

    糞虫とカナブンの見分け方や、フンコロガシなどのお話もとっても興味深く、先生の楽しいお話を聞きプチ糞虫博士になった気分!
    本当に奈良公園の糞虫の輝きは言葉では表せないくらいに美しいです。
    みなさんも、ならまち糞虫館にぜひ一度足を運んでみてください。

    (はるるん)

    きっかけは1枚のナポリピッツァ

    11月30日(土)、授業「小麦アレルギーでも安心!なピッツァ ~だれもが楽しめる食卓をめざして~」の日。
    娘からリクエストされると、良くピッツァを作っていた私“うしお”。
    ナポリピッツァって、普通のピッツァとどこが違うの?
    グルテンフリーのピッツァって、どんな食感?
    と、私も学びたいことがいっぱいです。

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_1

    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「だれもが楽しめる食卓って素晴らしい」
    http://nhmu.jp/report/33284

    先生は、PIZZERIA ICARO(ピッツェリア イーカロ)のオーナー、中西光さん。
    中西先生は、カフェを開くために、コーヒー職人をめざしてイタリアに行かれたそうです。
    その中西先生がなぜ、ピザ職人をめざすことになったのか。
    そのきっかけは、ナポリを訪れた際に食べた1枚のピッツァだったとのこと。

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_2

    ナポリでは、お客さんの目の前で生地をのばし、具材をのせ、窯に入れて焼き上げる。
    そして、窯から出された熱々のピッツァを、すぐさまお客さんのテーブルにお出しする。
    「こんな風にオープンキッチンで、ひとりひとりのお客さんのために作って出してもらえるピッツァがあるんだ!!」
    と、その美味しさに衝撃を受け、ナポリピッツァ職人をめざそうと心に決めたのだそうです。

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_3

    授業の後半では、実際にグルテンフリーピッツァとナポリピッツァの作り方を実演していただきました。
    グルテンフリーピッツァの生地は、粘りがなく、手で持って伸ばすことはできないため、台の上で伸ばし、一度軽く焼いてからトッピングをするのだそうです。

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_4

    2種類のピッツァがあっという間に焼き上がり、店内はとても良い香りに包まれ、和やかな雰囲気のなかでの試食タイム。
    学生さんに、違いを尋ねてみると、
    「食感はほとんど変わらず、どちらもとても美味しい。強いて言えば、グルテンフリーピッツァの方は、焼いたお餅のような香ばしさがあります」と話してくださいました。
    私も2種類のピッツァを食べ比べてみたかったなぁ・・・ホント残念!

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_5

    授業の最後に、ピザをよく作るという学生さんから「どうすれば、きれいな丸い形にできあがるのですか」との質問。
    そこで、なんと中西先生は、新しい生地を取り出し、伸ばし方を実演して見せてくださったのです。

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_6

    「台の上で生地に打ち粉をして、両手の3本の指で、手前から奥へ向かって押さえるように伸ばす。これがコツです」と、中西先生。
    学生さんが指示どおり伸ばしてみると、本当に丸い生地ができあがり、ご本人もびっくり!

    きっかけは1枚のナポリピッツァ_7

    見学していた学生のみなさんからも拍手・・・。
    中西先生のサービス精神の高さに感動!!
    本当に最後まで丁寧にご指導いただき、ありがとうございました。

    授業の翌日、私はどうしても丸い形のピザにチャレンジしてみたくなり、自宅で挑戦してみたところ、本当に丸い丸いピザができあがりましたよ!
    ぜひ、みなさんも一度試してみてください。

    (うしお)

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる

    寒さが少し身に染みる、11月30日(土)。
    授業「『奈良のシカ』と、あ・そ・ぼ ~鹿と仲良くお付き合いするために~」に、スタッフとして行ってきました。

    道案内で春日大社の参道に立っていると、鹿と紅葉の写真を撮影する観光客の方がたくさんいましたよ~。

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる_1

    奈良の鹿愛護会の石川周先生から鹿の生態などについてお聞きした後は、みなさんが楽しみにしていた鹿寄せ。
    鹿寄せの会場に移動するため、奈良の鹿愛護会の事務所を出ると・・・視線を感じます・・・。
    鹿苑の中からオス鹿がこちらをじっと見ていました。
    あまりにも動かないので、はじめは置き物かと思いました。

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる_3

    鹿寄せ体験など、授業の様子は「ひとまちレポート」をご覧ください↓
    「『奈良のシカ』を、ま・な・ぼ」
    http://nhmu.jp/report/33251

    鹿寄せが始まると、鹿だけでなく観光客の方もたくさん集まって大賑わい!!

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる_2

    「奈良のシカ」はかわいくて人気者です。
    でも事故に遭ったり、食べてはいけないものを食べてしまったり、身を守るために人間とトラブルになったり、いろいろなことがたくさん起こっています。
    みなさんも鹿との付き合い方を学んで、奈良のシカに会いに来てくださいね(^^♪

    (Mochi)