ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2019年11月 (3)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (6)
  • 2019年8月 (5)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (11)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • #シフォンケーキ #応援したくなる

    9月22日(日)の授業「おいしい、かわいい、シフォンケーキ ~子育てママのケーキ屋さん~」で講師をしてくださった「シフォンのお店 PUKKU(プック)」の冨岡さんが、ブログで授業のことを書いてくださっています。
    https://ameblo.jp/pukku-chiffon/entry-12528624118.html

    とても謙虚なお人柄が伝わってきて・・・泣けるぜ!
    そこで、「こんなにいいお話があったんだよ!」というエピソードを、今から綴らせていただきます。

    授業は、奈良市立登美ヶ丘公民館で開催しました。
    今日はお子さんも何人か一緒に参加するので、同室内に静かに遊べるスペースも準備。
    のぼり旗は玄関先などの外に設置したのですが、強風のため倒れないか心配していたら、職員が倉庫からブロックを持って来てくれました。
    ありがとう登美ヶ丘公民館☆

    #シフォンケーキ #応援したくなる_1

    まず、冨岡さんが焼いて来てくださったシフォンケーキとクッキーを預かりました。
    授業でお出しするまでの間に手早く並べて写真を撮り、すぐ冷蔵庫にインしました!
    寒いところが好きなシロクマさん(クリーム)なのでね!

    #シフォンケーキ #応援したくなる_2

    一緒に提供する、先輩スタッフ“なさ”おススメの月ヶ瀬産和紅茶も冷やして待機完了~!
    クッキーはお子さん用に準備してくださったとのこと(感涙)。
    ハロウィンバージョンかわいすぎ!!
    PUKKUのインスタでも、かわいいクッキーの写真が見れますのでぜひご覧ください。

    #シフォンケーキ #応援したくなる_3

    そう、PUKKUのインスタに「#奈良ひとまち大学 #曲まであるなんてびっくり!」と書いていただいたのですが、授業が始まるまでの間、奈良ひとまち大学の校歌を教室で流していたのです。
    「さっき、ひとまち大学~♪って聞こえたんですけど?!」と冨岡さんが驚いていました。
    別のスタッフが準備して流してくれてたのに気づかなくて、「本当だ!」と私も一緒に驚いておりました。

    教室の前で受付をしていると、「お部屋、2階なんだ~!わ~い!」というお子さんの元気な声が1階から聞こえてきました。
    階段をのぼって、教室である和室へ、みなさん集まってこられました。

    #シフォンケーキ #応援したくなる_9

    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「みんなが 幸せになる『おいしい、かわいい、シフォンケーキ屋さん』」
    http://nhmu.jp/report/32896

    授業の初めに、学生のみなさんから一言ずつ自己紹介。
    ご近所の方から、お菓子作りやシフォンケーキに興味がある方、お店のことが気になっていて話を直接聞けるのを楽しみにしていた!という方もいました。
    冨岡さんがこの日のためにレジュメを準備してくださり、お店を開くまでの思いや開店までの準備の様子を、写真を見せながら紹介してくださいました。
    1人目のお子さんを妊娠中に、保育士とフードコーディネーターの資格を取得したとの話をさらっとしておられましたが、「そんなことできるの、すごすぎん?!?」と私は衝撃を受けました!

    #シフォンケーキ #応援したくなる_4

    さぁて、ここで、お持ちかねのケーキと紅茶のセットが登場!
    6種類のシフォンケーキを準備していただきました!!
    ケーキを食べながら、質問も弾みます。

    #シフォンケーキ #応援したくなる_5

    今回のレジュメの中には、シフォンケーキのレシピまでつけていただきました。
    「この材料でも代用できます」とのメモもあるなど、細やかなところまで至れり尽くせりです・・・!

    #シフォンケーキ #応援したくなる_6

    いろんな素敵なエピソードを紹介したいのですが、印象的だったことを2つ。

    ひとつは、「PUKKU」というお店の名前の由来について。
    「ケーキを食べた人に幸せになってもらいたい」との思いから、「幸福(こうふく)」の「ふく」→「プック」と名付けたとのこと。
    シフォンケーキが「ふく」らんでる形も由来のひとつだそうです。
    そんな意味があったんだ・・・!と腑に落ちまくりでした。

    #シフォンケーキ #応援したくなる_7

    もうひとつは、冨岡さんのおばあちゃんのお話について。
    自分が作るお菓子をとても褒めてくれ、子どものこともよく見てくれた、とても大切な存在。
    おばあちゃんって、子育てのプロ!
    ママがお菓子作りをしてる間に、子どもとおばあちゃんたちが一緒にいれる空間ができたら・・・と思いも語ってくださいました。
    さまざまな世代の人たちが一緒に幸せに過ごせる交流の場づくりは、公民館で働く私にとっても大事なテーマで、とても共感する部分がありました。

    #シフォンケーキ #応援したくなる_8

    お店は土日が休みですが、土日に開催される運動公園でのマルシェなど、スタッフであるママさんたちが頑張っている間にお子さん同士が遊ぶこともできるイベントに参加をするというチャレンジも。
    お店の今後の展望を語る冨岡さんの瞳が生き生きと輝いていて、“なさ”が「応援したくなる!」と話していたことが思い出されました。
    本当に、そう!
    PUKKUの魅力を知ることができ、これからもより一層、応援したくなった授業でした。

    (もりぞー)

    凛とした空気の中での香道体験

    9月29日(日)、授業「感性を研ぎ澄ませて香りを楽しむ ~日本三大芸道のひとつ『香道』って?~」を開催しました。
    当日の担当は、“かっぱ”と“せとやん”と、私。
    「“かっぱ”の担当授業の日は天候が荒れる!?」
    「前回の香道の授業は、台風が絡んで中止だったとか!?」
    そーんな心配をよそに、「もうすぐ10月ですよね!?」「なのに、あの辺は入道雲が・・・?」と思うほどすこぶる天気がよくて、9月末とは思えない真夏日となり、汗がだらだらと出てくるほどでした(^-^;

    凛とした空気の中での香道体験_1

    教室である薬師寺の慈恩殿は、玄奘三蔵院伽藍の右手奥。
    先生方への挨拶をすませて、受付の準備。
    教室がどこなのか不安な様子で早めにいらっしゃる学生さんも。

    凛とした空気の中での香道体験_2

    定刻になり、さあ受付開始!
    今回の授業はくじで席を決めました。
    みなさん、「え?そうなんですか?」と言いながら、ドキドキした様子でくじを引いてくださいました。
    受付をしていた私も、謎のドキドキ・・・。

    凛とした空気の中での香道体験_3

    では、授業の始まりです。
    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「香、満ちました―」
    http://nhmu.jp/report/32942
    「雅な香りを心で聞き 悠久のときに思いを馳せて」
    http://nhmu.jp/report/33040

    最初に、香道の歴史などのお話をうかがいました。
    学生のみなさんも姿勢よく真剣な様子。
    そんななか、スタッフは写真を撮るのもちょっと難しかったです。
    というのも、定員の2倍近くの方にご参加いただいたということと、その凛とした空気で緊張をしたのです・・・(^^;)

    凛とした空気の中での香道体験_4

    先生から、「スタッフさんもどうぞ」と言われ、スタッフの3人も体験することに。
    極度の緊張しいの私はというと・・・「茶道等とは異なり、気軽に楽しんでもらえるもの」と聞いてはいたものの、「作法はどうするの?」「うわ~!どうしよう!?」と、脳内パニック!
    答えを書くのにも何するにも手間取り、みなさんをお待たせしてしまいました(|||´Д`)

    凛とした空気の中での香道体験_5

    全ての方の答えが出て、香記を書き終える頃に答え合わせ。
    「若紫」が正解。
    私はというと・・・完全不正解!(><;)
    匂いに敏感なはずなのに~!!
    残念でした。
    全体的には、10人近くの方々が正解。
    先生曰く、「この人数で、これだけの方々が正解するのは珍しいです。みなさんよく正解されました。」とのことでした~!!
    正解されたみなさん、おめでとうございます~☆

    凛とした空気の中での香道体験_6

    日ごろ入ることのない場所で、香道体験できたことは、みなさんにとってとてもいい経験になったようです。
    最後の感想や質問コーナーでは・・・
    「香りを聞くという言葉はとても風流。なぜ聞くというのですか?」
    「香道を習うことができるところはありますか?」
    「香りの名づけ方は、その都度違うのですか?」
    ・・・など、熱心な発言が多く、先生もとても丁寧にお話しくださいました。

    凛とした空気の中での香道体験_7

    香りを聞くうえでは、「単純に特徴づけをする」「印象付けをすることで覚えていられるようにする」「頭で考えようとするとズレてしまう」「集中力を使うし、お腹が空いている方がいい」「静かな方がいい」等といったことがポイントとなるそうです。
    また、「感じる『感性』が必要」「感性を磨くことが大切」とのことで、「今回参加されたみなさんは、とても感性が豊かですね」と褒めていただきました。
    みなさん、ぜひまた体験してみてくださいね。

    帰り際、アンケート回収の際にスタッフとみなさんとでちょっとお話をしていたところ、「え?奈良ひとまち大学のスタッフは公民館の職員なんですか?」などという驚きの声も。
    今回、香道を体験する機会を逃した方、次は公民館で体験できる可能性がありますよ!?
    ぜひぜひ、公民館のいろんな講座も受けてみてくださいね☆

    (kaz)

    「京終」の読み方

    むかしむかし、奈良市に引っ越してきたとき、難読地名に困ったことがあります。
    難読地名、日本各地にたくさんありますよね。
    今でも「?」と思ったときは、ルビのついた地図で確認しています。

    「京終」の読み方_4

    私が奈良市の地名でなかなか読めなかったのは、
    阿字万字町
    肘塚町
    川之上突抜南方町(北方町もあります)
    誓多林町
    忍辱山町
    餅飯殿町
    鹿野園町
    などなど・・・。
    このブログの最後に読み方を書いておきますね。

    「京終(きょうばて)」。
    最初見たときは読めませんでした。
    覚えてしまえば、なんてことないのですが(^^;)

    「京終」の読み方_1

    「京終」が駅名につくJR京終駅。
    その駅舎内にあるカフェ「ハテノミドリ」が教室となる授業「新しいまちづくりを京終から ~駅舎カフェやイベントのこと~」に、スタッフとして行ってきました。

    京終地域やハテノミドリの魅力がつまった授業のレポートはこちら↓↓
    「まほろばの里 京終 ハテノミドリから未来へ」
    http://nhmu.jp/report/32841

    店内から電車や乗降客を見て、妄想タイム。
    電車に乗るまでの待ち時間や、電車を降りて家に帰る前に、美味しいコーヒーでちょっと休憩・・・。
    駅の中にカフェがあるのって、いいなぁ~としみじみ思いました。
    プライベートでもまた行きま~す(^^♪

    「京終」の読み方_2

    奈良市の地名の読み方です↓
    阿字万字町(あぜまめちょう)
    肘塚町(かいのづかちょう)
    川之上突抜南方町(かわのかみつきぬけなんぽうちょう)
    誓多林町(せたりんちょう)
    忍辱山町(にんにくせんちょう)
    餅飯殿町(もちいどのちょう)
    鹿野園町(ろくやおんちょう)
    あなたは、いくつ読めましたか?

    (Mochi)