ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2018年12月 (3)
  • 2018年11月 (6)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (7)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 蝶は羽ばたき 森を舞う

    「子どもの時に虫取りをしたことがある」という人は多いかもしれませんが、「大人になってからはなかなかない」という人がほとんどではないでしょうか。
    そんな大人たちに、蝶とふれあう機会がやってきました!
    今回の授業、「2千キロを旅する蝶を育て、空へ! ~人と自然の関係性について考える~」です。

    蝶は羽ばたき森を舞う_1

    先生は、「株式会社空から蝶」代表取締役社長び道端慶太郎さん。
    2012年にも奈良ひとまち大学の授業「豊かな森を育てる、私たちのカフェ ~夢をひとつにする、ということ~」で先生をしてくださっています。
    その時の教室も、「いつか森になるカフェ」。

    蝶は羽ばたき森を舞う_2

    道端さんは、お店の近隣にある奈良市立平城西公民館で年に数回、子どもたちを対象に蝶についての講座を担当しています。
    過去には高校で生物を教えていた経験もあるとのこと。
    本日の授業では、道端さんの今までの活動についての話を聞いた後、放蝶体験を行います。

    蝶は羽ばたき森を舞う_3

    授業の内容は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「共生にむけ」
    http://nhmu.jp/report/31006

    環境コンサルタントとして働いている時、昆虫調査チームの一員として働いていた道端さん。
    「美しい蝶たちのことをもっと広めたい!」との思いがあったそうです。
    蝶のことを説明するなか、鮮やかな幼虫の写真を見て一言。
    「イタリアの服の生地みたいにおしゃれでしょ?」
    言われてみれば確かに!
    「何とかコレクション」でモデルさんが着ていそうですね!
    成虫になりかけの蝶の蛹(さなぎ)が入ったケースも回覧。
    蛹が透き通って、羽の模様が見えているんですよ。

    蝶は羽ばたき森を舞う_4

    カフェのお茶もいただき、お話が進むなかで道端さんが三角形のケースからおもむろに取り出したのは、
    なんと生きている蝶!
    名刺のように出て来たことに一同仰天でした。
    薄紙に包まれていたアサギマダラが、部屋の中を飛んでいきます。

    蝶は羽ばたき森を舞う_9

    今回の授業のために、蝶を大事に大事に育ててきてくださったとのこと。
    寒くなってきたこの季節、授業の開催時期に合わせて成虫を何羽も揃えるというのは至難の業。
    美しく飛んでいる蝶の姿は、丹精込めたお世話があればこそなのです。
    本当にありがとうございます…!!

    蝶は羽ばたき森を舞う_5

    部屋の外に出す前に、羽に印をつけることに。
    調査では、油性ペンで日付やイニシャルを書くのだそうです。
    それにならって、日付と「奈良ひとまち大学」と書くことに。
    学生さんたちも緊張気味に蝶に印を書いていきます。
    2,000km先で見つけてくれる人がいるかもしれませんね!

    蝶は羽ばたき森を舞う_8

    その後、4羽の蝶を空に放つことに。
    店先の花の上に、蝶をそっと落ち着かせます。
    1羽がさっと飛んでいきました!
    道端さんが言われていたように、グライダーのように羽を動かさずに、すーっと空を飛ぶ姿が見られました。

    蝶は羽ばたき森を舞う_11

    学生さんからは、「子どもの時によく虫を見ていたけど、久しぶりに綺麗な蝶を見れて良かったです」「庭に来る蝶を大事にしようと思いました」などの声を聞くことができました。
    道端さん曰く、日本は「いつか森になる」国。
    そんな国の片隅で、自然に対する思いが深めることができました。

    (もりぞー)

    かわいい古墳♪

    「奈良」と言えば・・・「鹿」も「大仏」もあるけれど、忘れちゃいけない存在、それは「古墳」です(^^♪
    奈良ひとまち大学でも、古墳にまつわる授業、いろいろやりました。
    2014年10月には、授業「『ならほるもん』ってなんだ? ~へんてこフリペの古墳巡り~」を。

    かわいい古墳_0

    2016年2月の授業「古墳・木簡がスイーツになった!? ~奈良らしいお菓子を発信するカフェ~」では、古墳型ケーキ作りのワークショップなんかもやりましたね。

    かわいい古墳_1

    2018年12月22日(土)の授業「空前の古墳ブーム、到来!? ~ブームを牽引する古墳クッション~」では、古墳好きのハートに火をつけた「古墳クッション」を世に送り出した、古墳ビルダーのフクトククニヲさんにお話を伺います。

    かわいい古墳_2

    古墳って、言ってみれば「昔の偉い人のお墓」。
    カワイイからは遠く離れた存在だったはずなんだけど、フクトクさんが作る古墳クッションは、もふっとしててかわいいんだよね。
    これは、椅子張り師の技術を活かして、前方後円墳のころっとした丸みやくびれを立体的なフォルムに仕上げているからこそのかわいさなんですぞ。
    そりゃあ、雑誌やテレビで取り上げられるわけだわ。
    全国的にも注目されるわけだわ。

    かわいい古墳_3

    授業の教室は「日+月+星」。
    ギャラリーとして開いているときもありますが、普段はフクトクさんの椅子張り&クッション製作工房として使われています。
    先日この場所で開催された、「オープンアトリエ『宇宙小屋 in 宇宙椅子』」にお邪魔してきました。

    かわいい古墳_4

    この日はあいにくの雨模様で周りは暗かったんですが、室内は温かみがあるキラキラした空間で、木製の小屋のなかに、古墳クッションをはじめ、きのこみたいなかわいい椅子たちがたくさんありました。

    かわいい古墳_5

    古墳クッションは、前方後円墳だけじゃないんですよ。
    測量図面などに基づき、できるかぎり実際にある古墳に近づけて再現した「リアル古墳クッション」もあるんですぞ!!
    これはその一部。
    奈良の箸墓古墳もありましたよ。

    かわいい古墳_7

    これは製作用のミシン。
    築造前のパーツらしきものがちらり。
    授業でも、実物や裁断パーツを見せてもらいながら、お話していただきますよ。

    かわいい古墳_6

    その他、フクトクさんが古墳をクッションにするまでのことや、古墳クッションを展開するさまざまなアイデア、古墳関連イベントとのかかわりについて、伺います。

    みなさんのお申込み、お待ちしています。
    授業のお申し込みはこちら↓↓
    http://nhmu.jp/class/30927

    (なさ)

    アサギマダラに夢を託して

    みなさん、「アサギマダラ」という蝶を知っていますか?
    2,000㎞を旅する珍しい蝶です。
    日本を縦断し台湾まで飛んでいくことがわかっています。

    アサギマダラに夢を託して_1

    11月25日(日)の授業「2千キロを旅する蝶を育て、空へ! ~人と自然の関係性について考える~」の先生は、そのアサギマダラに魅せられた道端慶太郎さん。
    道端さんをみなさんに紹介したいと思います。

    生き物、特に虫が大好きだった道端少年は、大人になっても虫を追いかけていました。
    高校・大学と進学し、大好きな虫を捕る毎日が過ごせる天職につきました。

    アサギマダラに夢を託して_2

    しかし、ふと、「自分は本当に自然を守ることができているのだろうか?」と思った道端さんは、一念発起し、本当に自然を守る事業を自分で立ち上げようと決意するのです。

    自然を守る事業って?
    道端さんの取り組みは少し変わっています。
    「蝶で人と自然の調和した世界をつくる」
    どんな取り組みなのか、一緒に伺いませんか?
    授業では、これまでの苦労や楽しさ、そしてアサギマダラに対する熱い思いもお聞きいただけるはず!

    アサギマダラに夢を託して_3

    そして教室は、「いつか森になるカフェ」。
    素敵な名前だと思いませんか?
    このお店にも、道端さんの思いがたっぷり詰まっています。
    2012年12月には、授業「豊かな森を育てる、私たちのカフェ ~夢をひとつにする、ということ~」を開催しました。

    アサギマダラに夢を託して_4

    授業の最後には、道端さんが開発したアサギマダラ飼育キットの紹介と、そこで育ったアサギマダラにマーキングして放蝶します。
    他では体験できないちょっと変わった授業です。
    ぜひお申込ください。
    申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/30826

    (たかねぇ)