ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2021年4月 (2)
  • 2021年3月 (4)
  • 2021年2月 (5)
  • 2021年1月 (4)
  • 2020年12月 (4)
  • 2020年11月 (4)
  • 2020年10月 (8)
  • 2020年9月 (11)
  • 2020年8月 (8)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 奈良LOVERSによる奈良LOVERSのための1日がやってくる!

    奈良ひとまち大学は2020年9月に開校10周年を迎えました。
    え?もう10年も経つの?
    ついこの間のことのように思ってしまいますよね~。
    この10年で360人を超える先生方に出会い、400回もの授業を奈良市のあちらこちらで開催し、そして、授業に参加してくださった方は延べ9,000人!
    こうなると、500回目の授業はでかいことやりたいな・・・とか、ついつい欲が出てしまいます(笑)。

    そんなことより、まずは開校10周年記念特別授業のPRです!
    3月7日(日)に「あつまれ、奈良LOVERS! ~もっともっと、奈良を楽しむ~」を開催します。
    先生(パネラー)は・・・
    ホトケ女子の安達えみさん
    山添村でume,yamazoeを経営している梅守志歩さん
    やまとびと株式会社やまとびとツアーズ ツアープランナーの岡下浩二さん
    そして進行は、NHK大阪放送局の新口絢子さん。
    先生方は全員、奈良LOVERSで30代です。

    奈良LOVERSによる奈良LOVERSのための1日がやってくる_4

    先日、先生方との打合せを行いました。
    話が弾みだすと、止まらない・・・。
    一人ひとりが奈良への熱い思いを持っているから、湧き出てきちゃうんですね。
    それを横で聞いているスタッフは打合せに話を引き戻さなければならないのですが、おもしろすぎて聴きっぱなし。
    こういうの、スタッフ冥利というのでしょうね。
    「これ以上しゃべったら本番しゃべることないよ」と言われましたが、大丈夫です。
    録音していませんから、本番で同じことをしゃべってください(笑)。

    奈良LOVERSによる奈良LOVERSのための1日がやってくる_1

    ここで、授業の見所(聴き所?)をちょこっとご紹介。
    *もっと奈良を遊びつくす!
    「奈良と言えば」の定番を少し離れて、ちょっとディープな、そしてコアな奈良の世界へ。
    いつもの奈良にプラスα、今まで知らなかった奈良の楽しみ方を見つけてみませんか。

    奈良LOVERSによる奈良LOVERSのための1日がやってくる_3

    *奈良の朝・昼・夜の顔って?
    「奈良の朝」「奈良の昼」「奈良の夜」を思い浮かべてみてください。
    それぞれが持つ豊かな表情が浮かんできましたか?
    例えば奈良公園なら、
    朝・・・霧に包まれた奈良公園
    昼・・・家族連れで賑わう奈良公園
    夜・・・鹿の鳴き声が遠くまで響き渡る奈良公園。
    時間帯によって、一味も二味も違う素敵な奈良の楽しみ方を聞いちゃいます。

    奈良LOVERSによる奈良LOVERSのための1日がやってくる_2

    そして最後は先生方の「奈良LOVE」。
    生れも育ちも今も奈良・・・という方。
    奈良を出たけれど、やっぱり奈良で仕事をしたい、奈良がいいと戻って来た方。
    奈良が好きで移住してきた方。
    先生方が語る言葉を通して、「自分たちって、こんな素敵なところに住んでいたんだな」と奈良LOVEを確信しちゃいましょう。

    授業まで、あと1ヵ月弱。
    今からワクワクしている“かっぱ”でした。
    授業のお申し込みはこちら↓
    http://nhmu.jp/class/35129

    (かっぱ)

    心惹かれるお店と店主と松の木と

    どうも、“どすこい”です。
    今回は、2月28日(日)の授業「松の木と古民家と奈良の食材と ~樹齢300年の松に導かれて~」のご案内です。
    近鉄奈良駅から北へ・・・奈良女子大学をちょっと過ぎたところ、きたまちの奥の方にある「松籟 ~まつのおと~」。
    そう、ここが今回の授業の教室!
    めっちゃ雰囲気ありませんか?

    心惹かれるお店と店主と松の木と_1

    ゴメンナサイ、写真のセンス無さすぎで・・・。
    という訳で、夜の写真をお店のFacebookから拝借(笑)。

    心惹かれるお店と店主と松の木と_3

    そして、このお方が今回の授業の先生・松本剛さんです。

    心惹かれるお店と店主と松の木と_4

    実はこのお店、松本先生が古民家を自らリノベーションしたんです。
    「奈良でお店を開きたい」と思い、物件探しの末、築80年のこの古民家を選んだそうです。
    そう!この樹齢300年の松の木に魅せられて。。。

    心惹かれるお店と店主と松の木と_5

    松本先生、学生時代に建築学を学んでいたそうで、その経験を活かして各部屋をリノベーションしたそうです。
    店内は大正から昭和を漂わせる和モダンな造りになっていて、そのひと部屋ひと部屋に松本さんのこだわりが(ちょっと、大人の隠れ家的な雰囲気なお部屋も)!!
    夜になるとライトアップされるこの松の木!!!
    部屋から眺めながら食べる料理・・・松の木との相性が抜群なんです。

    心惹かれるお店と店主と松の木と_6

    そして料理にもこだわりが。
    松本先生が手掛ける料理は、一品一品が地産地消を意識した奈良の食材をふんだんに使っています。
    そのお味が絶品!!!!

    心惹かれるお店と店主と松の木と_8

    ずいぶん昔のものなのに、手入れがされていて味わい深い、自然と醸し出される風情のある店内。
    しっとりと落ち着いて、心惹かれます。
    そして、お会いする度に、その魅力を発見させてもらえる、芸術家であり、料理研究家であり、様々な実験好き?!な店主!!に、みなさんもきっと心惹かれることでしょう。。。
    ぜひお申込みを☆彡

    心惹かれるお店と店主と松の木と_7

    ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、授業中の飲食ができなくなりましたが、店主こだわりの手作りの1品をお持ち帰りしていただきます。
    どうぞお楽しみに♪
    お申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/35175

    (どすこい)

    パンのない人生なんて

    2月21日(日)の授業「開校10周年記念!リクエスト大会Vol.17 みんなが元気になるパンづくり ~MIA’S BREADのパワーのひみつ~」のお知らせです。

    パンのない人生なんて_4

    この授業は、2016年10月に開催した「おいしいパンで街をハッピーに ~MIA’S BREADの2つめのお店~」のリバイバル授業です。
    前回の授業には申込が殺到して倍率がすご~く高かったので、参加できた方はむちゃくちゃラッキーだったのではないかと思います。

    前回の授業の様子を知りたい方は以下のレポートとブログをご覧ください☆彡
    ひとまちレポート「エネルギッシュな店主、MIA’S BREAD」
    http://nhmu.jp/report/26848
    ひとまちブログ「名言の洪水!」
    http://nhmu.jp/blog/class/11123

    パンのない人生なんて_2

    先生は、MIA’S BREAD 店主の森田 三和さんです。
    森田さんがパン作りを始めたのは学生時代。
    デザイン専攻の学科での課題の作品づくりの息抜きに作るようになったそう。
    美味しいパンを作ることに夢中になり、作ったパンを友達にあげると喜ばれて・・・の繰り返しが口コミで評判となり、注文を受けるようになったのがパン屋さんになるきっかけだそう。
    独学で始めたパン作りは、絵を描くように、ごはんを作るように、食べたい味・かたち・イメージを表現しているのだそう。
    この話を聞いて、初めて食べたレーズンの巻きパンの美味しさに衝撃を受けたことを思い出しました。
    今まで食べたことのない味で、すごく美味しかったのを忘れられない・・・20年ぐらい前だったかなぁ~。
    いわゆるマニュアルどおりに作られたパンじゃなくて、森田さんのイマジネーションがいっぱい詰まった既成概念にとらわれないパン。
    「これはただものではない」という直感は正しかったんだ!と改めて思ったのでした。

    パンのない人生なんて_3

    お店は2017年に勝南院町へ移転し、観光客など地元の方以外も多く立ち寄るスポットになっています。
    2・3階はカフェになっていて、焼きたてのトーストやあったかいスープなどもいただけますよ。

    パンのない人生なんて_1

    今回の授業は2階のカフェスペースが教室です。
    授業では、パン作りのこと、お店のこと、1月に発行されたエッセイ集『サンドイッチブルース』についてなどなどの話を伺います。
    今エッセイを読んでいる最中ですが、とてもおもしろい!
    詳しくは次回のブログにて紹介させていただきますぞ。

    パンのない人生なんて_5

    お申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/35171

    (なさ)