ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2019年12月 (3)
  • 2019年11月 (5)
  • 2019年10月 (4)
  • 2019年9月 (6)
  • 2019年8月 (7)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (12)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 凛とした空気の中での香道体験

    9月29日(日)、授業「感性を研ぎ澄ませて香りを楽しむ ~日本三大芸道のひとつ『香道』って?~」を開催しました。
    当日の担当は、“かっぱ”と“せとやん”と、私。
    「“かっぱ”の担当授業の日は天候が荒れる!?」
    「前回の香道の授業は、台風が絡んで中止だったとか!?」
    そーんな心配をよそに、「もうすぐ10月ですよね!?」「なのに、あの辺は入道雲が・・・?」と思うほどすこぶる天気がよくて、9月末とは思えない真夏日となり、汗がだらだらと出てくるほどでした(^-^;

    凛とした空気の中での香道体験_1

    教室である薬師寺の慈恩殿は、玄奘三蔵院伽藍の右手奥。
    先生方への挨拶をすませて、受付の準備。
    教室がどこなのか不安な様子で早めにいらっしゃる学生さんも。

    凛とした空気の中での香道体験_2

    定刻になり、さあ受付開始!
    今回の授業はくじで席を決めました。
    みなさん、「え?そうなんですか?」と言いながら、ドキドキした様子でくじを引いてくださいました。
    受付をしていた私も、謎のドキドキ・・・。

    凛とした空気の中での香道体験_3

    では、授業の始まりです。
    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「香、満ちました―」
    http://nhmu.jp/report/32942
    「雅な香りを心で聞き 悠久のときに思いを馳せて」
    http://nhmu.jp/report/33040

    最初に、香道の歴史などのお話をうかがいました。
    学生のみなさんも姿勢よく真剣な様子。
    そんななか、スタッフは写真を撮るのもちょっと難しかったです。
    というのも、定員の2倍近くの方にご参加いただいたということと、その凛とした空気で緊張をしたのです・・・(^^;)

    凛とした空気の中での香道体験_4

    先生から、「スタッフさんもどうぞ」と言われ、スタッフの3人も体験することに。
    極度の緊張しいの私はというと・・・「茶道等とは異なり、気軽に楽しんでもらえるもの」と聞いてはいたものの、「作法はどうするの?」「うわ~!どうしよう!?」と、脳内パニック!
    答えを書くのにも何するにも手間取り、みなさんをお待たせしてしまいました(|||´Д`)

    凛とした空気の中での香道体験_5

    全ての方の答えが出て、香記を書き終える頃に答え合わせ。
    「若紫」が正解。
    私はというと・・・完全不正解!(><;)
    匂いに敏感なはずなのに~!!
    残念でした。
    全体的には、10人近くの方々が正解。
    先生曰く、「この人数で、これだけの方々が正解するのは珍しいです。みなさんよく正解されました。」とのことでした~!!
    正解されたみなさん、おめでとうございます~☆

    凛とした空気の中での香道体験_6

    日ごろ入ることのない場所で、香道体験できたことは、みなさんにとってとてもいい経験になったようです。
    最後の感想や質問コーナーでは・・・
    「香りを聞くという言葉はとても風流。なぜ聞くというのですか?」
    「香道を習うことができるところはありますか?」
    「香りの名づけ方は、その都度違うのですか?」
    ・・・など、熱心な発言が多く、先生もとても丁寧にお話しくださいました。

    凛とした空気の中での香道体験_7

    香りを聞くうえでは、「単純に特徴づけをする」「印象付けをすることで覚えていられるようにする」「頭で考えようとするとズレてしまう」「集中力を使うし、お腹が空いている方がいい」「静かな方がいい」等といったことがポイントとなるそうです。
    また、「感じる『感性』が必要」「感性を磨くことが大切」とのことで、「今回参加されたみなさんは、とても感性が豊かですね」と褒めていただきました。
    みなさん、ぜひまた体験してみてくださいね。

    帰り際、アンケート回収の際にスタッフとみなさんとでちょっとお話をしていたところ、「え?奈良ひとまち大学のスタッフは公民館の職員なんですか?」などという驚きの声も。
    今回、香道を体験する機会を逃した方、次は公民館で体験できる可能性がありますよ!?
    ぜひぜひ、公民館のいろんな講座も受けてみてくださいね☆

    (kaz)

    糞虫(ふんちゅう)の聖地巡礼

    こんにちは!“まさまさ”です。
    みなさん、「ならまち糞虫館」はご存じでしょうか?
    10月26日(土)の授業「糞虫(ふんちゅう)に夢中! ~噂のならまち糞虫館を訪ねる~」の教室です。

    糞虫(ふんちゅう)の聖地巡礼_1

    日本には約160種類の糞虫が生息しており、奈良県ではそのうち60種類が確認されています。
    その多くが奈良公園に生息しているため、奈良公園は金華山(宮城県)や宮島(広島県)と共に、日本の3大「糞虫の聖地」と呼ばれているんですって。
    糞虫の種類を比べると、金華山は15種、宮島は14種。
    奈良公園は60種ですから、日本を代表する糞虫の聖地ですね!

    糞虫(ふんちゅう)の聖地巡礼_6

    ならまち糞虫館の中村館長に話を聞いてみましょう。
    まさまさ
    「なぜ、ならまち糞虫館を作ったのでしょうか?」
    中村館長
    「奈良公園に住んでいる鹿が、深く関係しています。
    糞虫たちは鹿の糞を食べているのです。
    古くから鹿とともに奈良公園に住み続けている糞虫。
    この小さな虫たちの存在をみなさんに知っていただきたい。
    延々と繰り返されてきた彼らの営みの尊さを感じていただきたい。
    との思いからならまち糞虫館を作りました。」

    糞虫(ふんちゅう)の聖地巡礼_2

    授業では、2階の多目的スペースで、座布団に座って中村館長の話を伺います。
    ※椅子席などは準備をしておりませんので、ご了承ください。
    糞虫の生態や魅力、約30年のサラリーマン生活を経て夢を叶えた経緯と想いをお聞きしましょう。
    また、中村館長の解説付きで、館内の展示を見学しましょう。

    ならまち糞虫館の場所を紹介します。

    糞虫(ふんちゅう)の聖地巡礼_3

    ※駐車場はありませんので、公共交通機関をご利用ください。

    近鉄奈良駅からは、徒歩でさくら通りを南に向かってください。
    約10分行きますと、「水本生長堂」があります。
    そこに、ならまち糞虫館の看板が出ていますので、東(左)に曲がってください。

    最後に、ならまち糞虫館のチラシをご覧ください。

    糞虫(ふんちゅう)の聖地巡礼_4

    きれいな糞虫たちが、おめかしてみなさんをお待ちしていますよ。
    詳しくは、ならまち糞虫館のホームページもチェックしてくださいね。
    https://www.hunchukan.jp/

    みなさんのお申込をお待ちしています。
    http://nhmu.jp/class/32770

    (まさまさ)

    やくよけ カキノキ 自然体

    近鉄奈良駅から徒歩約5分。
    バス通りからいつも見えている看板「やくよけ観世音 慈眼寺」。
    10月27日(日)の授業「ディープに学ぶ、慈眼寺のこと ~意外と知らない、厄除けあれこれ~」の教室です。
    どんなお寺なのか、気になって気になって・・・。
    先日訪れてみました。

    やくよけ カキノキ 自然体_1

    門の前の石碑には、「聖武帝 御感得 やくよけ観世音菩薩」と書かれています。
    ・・・ってことは、創建は聖武天皇の時代。
    聖武天皇の時代かぁ・・・。
    えっ!?ええええええええっ?
    約1300年の歴史を連綿と積み重ねてきたお寺が、ここにもあるなんて!
    奈良はほんと、1300年の歴史があちらこちらにある。
    気がつかないし、あまりPRもしていない。
    自然体なんだよな。

    やくよけ カキノキ 自然体_2

    さて、石碑に驚いたところで、門へ。
    「やくよけ観世音 慈眼寺」。
    やくよけのお寺なんだな。

    やくよけ カキノキ 自然体_3

    ふと見た看板には、「カキノキ」のことが書かれています。
    樹齢300~400年!
    周囲は2.7mとデカイぞ。
    境内奥に、そのカキノキがありました。

    やくよけ カキノキ 自然体_4

    近くに寄ると、なんと青々と茂り、なんて元気なカキノキだろう。
    周囲の大きいこと。
    そして鈴なりの柿の実。
    太陽の日差しを受け、キラキラしている。
    約400年、奈良のまちの移り変わりをここから見てきたんだ。
    ・・・慈眼寺の入口だけで想像以上の歴史のすごさを感じてしまいました。

    やくよけ カキノキ 自然体_5

    さて慈眼寺は、やくよけの古寺として信仰が篤く、毎年2月と8月の初午の日には、秘仏である聖観世音菩薩を開扉し、盛大に会式を行っています。
    お寺に伝わる「古老伝」では、「鍵元の寺」として、慈眼寺の会式が終わらないと諸社寺の会式が始められなかったとか。
    すごっ!
    あまり知られていない歴史がさらりとある。

    ところで、みなさんは厄除けをしたことはありますか?
    「厄年だから厄除けに行くわ~」と話しているのを聞いたりしますが、そもそも厄年って?厄除けって?
    言葉は知っているけど、あまりよく知らない厄除けのこと。
    でも厄除けは、初詣や冠婚葬祭と並び、身近な宗教儀式のひとつだと思いませんか。

    やくよけ カキノキ 自然体_6

    今回の授業の先生は、慈眼寺副住職の北條慈応さん。
    大学では西洋哲学を研究されていたとのことです。
    授業では、慈眼寺のことや西洋哲学のこと、僧侶として日々思うことなどを伺います。
    そして、厄除けのあれこれについても伺います。

    やくよけ カキノキ 自然体_7

    駅近でありながら、あまり知られていない慈眼寺の魅力。
    みんなで触れてみませんか。
    お申込お待ちしています!
    申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/32781

    (かっぱ)