ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年10月 (2)
  • 2020年9月 (9)
  • 2020年8月 (7)
  • 2020年7月 (6)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 授業再開!今、改めて「健康」を考える

    なんと半年ぶりの奈良ひとまち大学の授業です。
    連日、新型コロナウイルスの感染状況をチェックしながら、7月25日の授業「開校10周年記念!リクエスト大会Vol.7 奈良から世界へ。発酵食の魅力 ~発酵パワーでしあわせになろ!~」の当日までドキドキしていました。

    当日は、なんとかやっと授業再開だーなんて思って、ウキウキしながら教室へ向かいました。
    さてさて、準備をしようとスタッフで取り掛かるも・・・
    「アレ?」「ん?」「どうやっけ?」
    ・・・と、半年ぶりの授業準備にアタフタ。
    6ヶ月のブランクは大きいです(笑)。

    授業再開

    そんなバタバタの準備の完了とともに、学生のみなさんが続々と到着。
    手洗い・消毒・マスク着用・・・と、今までとは異なる新しいスタイルでの授業再開です!
    そんななかでもお申込みいただきお越しくださったみなさんに感謝感謝です。

    授業再開

    授業の様子は、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「発酵食はパーフェクトフード!!」
    http://nhmu.jp/report/34437
    「美味しさと健康と生きる力を感じる発酵食」
    http://nhmu.jp/report/34373

    学生のみなさんが着席すると、お店のスタッフの方がお茶を配膳してくださいました。
    「やまと美人茶」というこのお茶は、クコの実、ナツメ、桂皮の3つの生葉をブレンドしたもので、ほうじ茶だそうです。
    お茶ひとつとってもなんだか健康に良さそうだなぁなんて感じながら、北村先生のお話に耳を傾けます。
    学生のみなさんも、メモを取りながら先生の話に聞き入っています。

    授業再開

    前回(5年前)の授業「おいしい、楽しい!発酵料理 ~体と心にうれしい糀(こうじ)~)」でお話しいただいた、「そもそも北村先生がお店を始めた理由」は、お店を離れた今も変わらないそうです。
    「おいしさ・健康・生きる力を届けたい」
    この先生の想いは変わっておらず、もっとたくさんの人に発酵食の魅力を届けるために、お店はもうひとりの先生である谷川さんへ譲渡し、北村先生自身はフィールドを変えて活躍されているのです。

    授業再開

    この「健康」とは、今日が元気であること!心と身体のメンテナンスを大切にするということなんだとか。
    心と身体・・・このどちらも健康が大事で、ストレスは腸の働きを悪くするようですよ!

    授業のなかでは、発酵食の魅力に取りつかれたご自身のお話や発酵食のすごいところ、発酵食の摂り方など、楽しいお話をたくさん聞かせていただきました。
    質疑応答でも、今しか聞けない「よく聞くこれってホント?」みたいな質問が飛び交います。
    先生も時間の許す限り答えてくださり、充実した時間を過ごしていただきました。

    授業再開

    最後に、北村先生は今や世界に発酵食を届けるお仕事をされているにも関わらず、「奈良」から発信されている理由を教えてくれました。
    この場所(奈良)は、お店を始めた時から、素晴らしい素材を供給してくれるお店があったからだそうです。
    醤油・酒かす・かつおだし・・・など、奈良には素晴らしい素材がたくさんあり、これを世界の人に知ってもらいたい!と。
    5年前の先生の夢はもう叶い、次の5年後の夢を「発酵の文化を世界へ発信すること」と語っていただきました。
    また5年後に奈良ひとまち大学で授業をしていただけたらいいな~と思う“ピョニー”なのでした。

    授業終了後、お弁当をお持ち帰りいただく際に、「せっかくなのでランチプレートが食べたかったです」との言葉をいただきました。
    そうなんです、本当は私たちも食べていただきたかったです。。。
    新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、安全を第一に考えて、急遽お持ち帰りに変更しての開催とさせていただいたのです。
    その方には、「ぜひ改めてお店にランチしに来てくださいね」とお伝えししましたが、なんだか切ない現状を改めて感じた時間でもありました。

    授業再開

    何事も今までどおりにはいかないなかで、最大限の対策で自分や周りの人の健康と安全を守りたい!
    学生のみなさんには、発酵食を学ぶことで「健康」について改めて考え、免疫力についても高めていっていただけるのではないかと期待しています。

    授業再開

    (ピョニー)

    ハトムギの真の力を知っていますか?

    どうも、“よっしー”です!
    突然ですが、みなさんハトムギって知っていますか?
    僕は「ハトムギ・玄米・月見草~♪」のCMくらいでしか知らなかったんですが、奈良で唯一、ハトムギを専門に扱っている会社があるとの噂をキャッチ。
    調査したところ、ありました!
    その名も「太陽食品」!

    ハトムギの真の力を知っていますか_1

    敷地内を見ると、工場と、その隣には何やら喫茶店みたいなものが併設されていますね~。

    ハトムギの真の力を知っていますか_2

    改めてアポを取ってお話を伺うと、太陽食品は50年ほど前に世の中にインスタント食品が普及し始めた時、創業者が「食は病気を癒し、予防する」との考えから、健康に良い食品を一般家庭に届けたいという想いで企業されたそうです。

    そして、世界中の健康に良い食品を探したところ、ハトムギと出会ったそうです!
    しかし当時、ハトムギは一部の人にしかその存在を知られていない上に、日本国内では生産量が少なく、安定供給が難しい状態だったとのこと。
    約半世紀にわたって地道に努力を重ね、日本にハトムギを普及させてきた・・・。
    「太陽食品の歴史」は、ハトムギが日本に普及していく「ハトムギの歴史」と言っても過言ではないのです!

    ハトムギの真の力を知っていますか_3

    他にも、ハトムギの栄養や薬効、美容効果についてもお話をしていただきました。
    個人的に一番驚いたのは、ハトムギの祖先がジュズダマだっていうことでした!
    小さい頃、首飾りにして遊んでいたものが食べられるようになるなんて!

    ハトムギの真の力を知っていますか_4

    奈良ひとまち大学では、そんな全国でも珍しいハトムギを専門に扱う太陽食品にスポットを当てて、8月22日(土)に授業「おいしくてきれいになるハトムギのこと ~はとむぎ料理研究家を直撃!~」を行います。

    ハトムギの真の力を知っていますか_5

    先生は、ならどっとFMでも番組を持っている、はとむぎ料理研究家の竹川雅子さんです!
    竹川さんには、ハトムギについてお話しいただく他、会社に併設しているハトムギ畑の案内もしていただきます。
    あ、あと本当はハトムギの試食があったんですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、残念ながらお土産に変更となります。

    ハトムギの真の力を知っていますか_7

    ではでは、みなさんのお申込お待ちしています!
    僕のような「ハトムギ・玄米・月見草~♪」のCMくらいしか知らなかった方から、ハトムギの美容効果などを既にご存じの方まで、楽しくお話を聞けると思いますよ!
    お申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/34246

    (よっしー)

    国宝の宝庫に埋もれてみよう

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため、奈良ひとまち大学の授業が2月から中止・中止・中止・・・。
    中止期間が長いと、みなさんに奈良ひとまち大学のことを忘れられていないか心配で心配で。
    緊急事態宣言が解除され、みなさんお待たせしました!
    半年ぶりに、授業再開です!

    再開1本目の授業は、超人気!毎回多くの方から申込をいただいている・・・
    興福寺!
    国宝館!!
    独占貸切授業!!!
    先生は、執事の辻明俊さん!!!!
    7月25日(土)の授業「開校10周年記念!リクエスト大会Vol.6 興福寺国宝館とことん探訪!その3 ~お待たせしました!またも国宝館独占!!~」です。

    国宝の宝庫に埋もれてみよう_1

    興福寺の国宝仏像の件数は日本一。
    そのうち、国宝館には21体も納められています。
    それ以外にも国宝館には、『日本霊異記(上巻)』や、金銅燈籠などが所蔵され、右も左も国宝だらけ。
    拝観させていただくたびに、その素晴らしさ、そして今ここにあることへの感謝と畏敬の念を抱きます。
    それもそう、日本にある国宝仏像彫刻のうち約十数%が興福寺にあるのですから、国宝の宝庫と言っても過言ではありません。
    十数%ですよ、興福寺だけで。
    なんでこんなに国宝の仏像彫刻が集まっているか気になるところです。
    授業で、そんな話も聞けたらいいですね。

    国宝の宝庫に埋もれてみよう_3

    また、興福寺では、五重塔の周りで発掘調査が行われます。
    あのあたりにあった回廊や五重塔西門の発掘とのこと。
    兵火や落雷で失われた過去の姿が、数百年の時を経て、発掘されます。
    今後の動向が気になりますね。

    国宝の宝庫に埋もれてみよう_2

    では、授業へのお申込、お待ちしています。
    短い時間ですが、素敵な国宝に囲まれて、気持ちのいい1日を始めてみませんか。
    申込はこちら↓
    http://nhmu.jp/class/34177

    ※授業について
    現在、興福寺国宝館は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、拝観時間の短縮(10時~16時)を行っています。
    授業では、9時30分から10時まで国宝館を貸切で拝観させていただきます。
    10時から10時30分までは、興福寺境内のご案内となります。
    希望者の方は、授業終了後(10時30分から)、国宝館の再拝観をしていただくことができます。

    (かっぱ)