ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる

    寒さが少し身に染みる、11月30日(土)。
    授業「『奈良のシカ』と、あ・そ・ぼ ~鹿と仲良くお付き合いするために~」に、スタッフとして行ってきました。

    道案内で春日大社の参道に立っていると、鹿と紅葉の写真を撮影する観光客の方がたくさんいましたよ~。

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる_1

    奈良の鹿愛護会の石川周先生から鹿の生態などについてお聞きした後は、みなさんが楽しみにしていた鹿寄せ。
    鹿寄せの会場に移動するため、奈良の鹿愛護会の事務所を出ると・・・視線を感じます・・・。
    鹿苑の中からオス鹿がこちらをじっと見ていました。
    あまりにも動かないので、はじめは置き物かと思いました。

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる_3

    鹿寄せ体験など、授業の様子は「ひとまちレポート」をご覧ください↓
    「『奈良のシカ』を、ま・な・ぼ」
    http://nhmu.jp/report/33251

    鹿寄せが始まると、鹿だけでなく観光客の方もたくさん集まって大賑わい!!

    鹿寄せは鹿だけじゃなく人も集まる_2

    「奈良のシカ」はかわいくて人気者です。
    でも事故に遭ったり、食べてはいけないものを食べてしまったり、身を守るために人間とトラブルになったり、いろいろなことがたくさん起こっています。
    みなさんも鹿との付き合い方を学んで、奈良のシカに会いに来てくださいね(^^♪

    (Mochi)

    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません

    「ならほるもん」とは・・・。
    奈良県特産の大和牛を使った食べ物?
    奈良に来ることで体内+脳内に分泌される謎の生理活性物質?
    いえいえ、どちらでもございません。

    奈良市内でひそやか(?)に浸透しているオモシロフリーペーパーのコトでございます!
    その内容は果てしなく狭く深いっ!
    奈良のマリアナ海溝。
    しかも「無料」。

    ならほるもん おひとつめ
    『まいにちまいにち鹿せんべい』
    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません_1

    ならほるもん おふたつめ
    『あきれた古墳特集』
    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません_2

    もう画像見るだけで、ちょっと苦笑してしまうでしょ。
    で、読んでみたくなるでしょ。

    こんな感じで、続いて続いて今回で10冊目。
    『ならほるもん「X」』が登場!!

    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません_5

    ↓バックナンバーはこちらでチェケラっ
    http://narahorumon.aikotoba.jp/
    ↓こっちは、ならほるもんのブログ
    http://narahorumon.blog.jp/

    「X」のタイトルはズバリ。
    「長屋王GROOVE」
    奈良市某所(奈良市役所の西側ね★)に邸宅があって、イロイロあって自害しちゃったといわれる長屋王に焦点を当てた内容です。
    是非とも実物を手に取って内容を確認してみてね!

    ※ちょっとだけ内容を紹介するとですね。
    1分で分かる妄想込の長屋王の基礎知識から始まって・・・長屋王の命日3月20日に行われる「正辰祭」。
    あの「正辰祭」のコトなんかを取材されているんですよっ!!
    え?知らない?オカシイな・・・その「正辰祭」です・・・よ?

    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません_6

    「ほんで、奈良ひとまち大学となんか関係あるの?」と、思ってる方!
    この『ならほるもん「X」』の裏面をちょっと見ていただきたいのですよ。

    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません_3

    ほら!ココっ!!

    「ならほるもん」とは奈良特産の食べ物ではございません_4

    出会いと学びの最高峰
    奈良ひとまち大学

    書いてるでしょ!
    そう、今回(前回も)奈良ひとまち大学がスポンサー(=パトロン)をさせていただいておるのです。
    来世まで感謝していただけるなんて、こちらこそよろしくお願いいたします。

    実は、『ここのつめ むしろエクスタシー』でもパトロンさせてもらってるんですよ。
    詳しくは、ひとまちブログ「ならほるもんを手に取って裏を見て!」をご覧ください!
    http://nhmu.jp/blog/pr/12043

    ならほるもんを手に取って裏を見て!_3

    それ以外に、ならほるもんは奈良ひとまち大学で授業もしていただいているんですねぇ。
    当時の授業内容はこちら↓
    「『ならほるもん』ってなんだ? ~へんてこフリペの古墳巡り~」
    http://nhmu.jp/class/19594

    そん時のレポートはコチラ↓

    秋の遠足、コフン三昧。

    佐紀盾列古墳群を歩く

    そん時のブログはコレ↓
    「古墳好き?」
    http://nhmu.jp/blog/class/7191

    もう5年も前か。
    懐かしいなぁ・・・。
    ちなみに、奈良ひとまち大学は来年で開校10年なんですよ。
    いやはや、これもひとえにみなさんのおかげです。

    それでは、この読むと謎の生理活性物質が体内+脳内で発生してHAPPYな気分になれるハズの『ならほるもん「X」』が手に入る場所をお伝えしましょう。

    奈良なら!
    ☆ウガヤゲストハウス
    場所:奈良市奥子守町
    http://nhmu.jp/campus/10537

    ☆猫雑貨ベセル
    場所:奈良市東向南町
    http://nhmu.jp/campus/21562

    ☆藝育カフェSankaku
    場所:奈良市下御門町
    http://nhmu.jp/campus/8143

    ☆プティ・マルシェ&ぷちまるカフェ~
    場所:奈良市東寺林町
    http://nhmu.jp/campus/24910

    ☆PHOTO GARDEN
    場所:東向北町
    http://nhmu.jp/campus/27246

    ☆さくらバーガー
    場所:東向北町
    http://nhmu.jp/campus/13243

    ☆ことのまあかり
    場所:小西さくら通り商店街
    http://nhmu.jp/campus/22767

    ☆旅とくらしの玉手箱 フルコト
    場所:奈良市東包永町

    ☆花工房kayama
    場所:奈良県奈良市二条大路南 ミ・ナーラ(長屋王邸宅跡)内

    ☆上海楼
    場所:奈良市東向南町

    ☆奈良市生涯学習センター
    場所:奈良市杉ヶ町
    http://manabunara.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=1

    ☆奈良市立中部公民館
    場所:奈良市上三条町
    http://manabunara.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=2

    ☆奈良市立西部公民館
    場所:奈良市学園南
    http://manabunara.jp/contents_detail.php?co=kak&frmId=3

    え?京都でも!?
    ☆恵文社一乗寺店
    場所:京都市左京区一乗寺

    ☆ホホホ座
    場所:京都市上京区中町通丸太町上ル

    ☆誠光社
    場所:京都市左京区浄土寺馬場町
    (2019.11.20現在。増えてるかも?)

    あ、そうだ。
    忘れてた。
    奈良ひとまち大学の授業の参加者募集中!
    http://nhmu.jp/category/class

    そんなワケで、
    よろしゅうおあがり。

    (Lenira)

    チョコの香りとお酒の香り

    11月24日(日)、授業「甘くて苦いチョコレートの話 ~奈良発!!バーマンズチョコレート~」に従事してきました!
    なんといっても、気になっていたお店。いっとき、「すごくおいしいチョコレートが食べたいな・・・そう、甘くて濃厚で舌の上でとろける・・・」という思いがあふれ、「奈良 チョコレート」とインターネットで検索して出てきたのがバーマンズチョコレートだったのです!

    チョコの香りとお酒の香り_1

    その後タイミングを逃し続けてお店にお伺いすることがなかったので、今回の授業はまさにラッキーです。
    奈良ひとまち大学って、こうやって「あっ、気になってた!」というお店や人が登場するので見逃せないな!
    みなさん、各SNSやブログ、ホームページなど、見逃さないでくださいね~!

    授業の冒頭、学生のみなさんに参加した動機をお話ししていただきました。
    チョコレートがお好きな方、お店が気になっていた方、そして「バーマンズチョコレートのファンです!」という方も!
    みなさんの参加のきっかけをお聞きするのって楽しいですね。

    チョコの香りとお酒の香り_5

    授業については、「ひとまちレポート」もご覧ください♪
    「料理歴50年のショコラティエが創るチョコレートとチョコレートケーキ」
    http://nhmu.jp/report/33224
    「チョコレートとお酒のマリアージュ」
    http://nhmu.jp/report/33240

    授業は、料理歴50年(!)という店主の川口先生の楽しいお話を聞きながら進みました。
    和食の料理人やバーテンダーと、様々な料理の世界を歩いてきた川口先生がチョコレートのお店を始めるにあたった経緯、そして今回、学生のみなさんのために用意してくださった生チョコレートのこと、そして新作チョコレートケーキの裏話までお伺いしました。
    あっという間に時間が過ぎていきました。

    チョコの香りとお酒の香り_2

    生チョコとケーキの試食の時間、学生のみなさんがじっくり味わう姿に「この旨味を逃すまい」とする強い気持ちが感じられました。
    本当に美味しいものを味わう時間って、思わず無言になるものなのかもしれません・・・。
    教室中が、チョコレートとお酒のなんともいえない芳醇な香りに包まれていました。
    幸せの匂いでした・・・。

    チョコの香りとお酒の香り_3

    寒い季節になりますが、そんなとき、傍らに川口先生の作ったチョコレートと温かい飲み物があれば、気持ちはとっても豊かになりますね。
    そうそう、お店ではイートインスペースもありますので、すぐに召し上がっていただくこともできるそうですよ。
    川口先生、ご多用のところありがとうございました!
    参加してくださった学生のみなさんも、ありがとうございました!

    チョコの香りとお酒の香り_4

    (せとやん)