ブログについて
ひとまち大学のスタッフが、授業準備の奮闘っぷりや奈良のアレコレをお届けします。
ブログトップ
最近の記事
カテゴリー
キーワード検索

バックナンバー
  • 2020年7月 (4)
  • 2020年6月 (1)
  • 2020年4月 (1)
  • 2020年3月 (1)
  • 2020年2月 (2)
  • 2020年1月 (7)
  • 2019年12月 (9)
  • 2019年11月 (8)
  • 2019年10月 (6)
  • 2019年9月 (7)
  • 2019年8月 (8)
  • 2019年7月 (8)
  • 2019年6月 (13)
  • 2019年5月 (5)
  • 2019年4月 (5)
  • 2019年3月 (3)
  • 2019年2月 (9)
  • 2019年1月 (13)
  • 2018年12月 (7)
  • 2018年11月 (9)
  • 2018年10月 (7)
  • 2018年9月 (4)
  • 2018年8月 (8)
  • 2018年7月 (7)
  • 2018年6月 (8)
  • 2018年5月 (6)
  • 2018年4月 (6)
  • 2018年3月 (9)
  • 2018年2月 (9)
  • 2018年1月 (7)
  • 2017年12月 (10)
  • 2017年11月 (5)
  • 2017年10月 (10)
  • 2017年9月 (3)
  • 2017年8月 (11)
  • 2017年7月 (8)
  • 2017年6月 (10)
  • 2017年5月 (7)
  • 2017年4月 (7)
  • 2017年3月 (5)
  • 2017年2月 (10)
  • 2017年1月 (6)
  • 2016年12月 (9)
  • 2016年11月 (11)
  • 2016年10月 (11)
  • 2016年9月 (8)
  • 2016年8月 (12)
  • 2016年7月 (10)
  • 2016年6月 (7)
  • 2016年5月 (7)
  • 2016年4月 (4)
  • 2016年3月 (10)
  • 2016年2月 (7)
  • 2016年1月 (9)
  • 2015年12月 (7)
  • 2015年11月 (12)
  • 2015年10月 (13)
  • 2015年9月 (6)
  • 2015年8月 (5)
  • 2015年7月 (8)
  • 2015年6月 (8)
  • 2015年5月 (10)
  • 2015年4月 (8)
  • 2015年3月 (10)
  • 2015年2月 (7)
  • 2015年1月 (7)
  • 2014年12月 (10)
  • 2014年11月 (8)
  • 2014年10月 (11)
  • 2014年9月 (6)
  • 2014年8月 (9)
  • 2014年7月 (7)
  • 2014年6月 (8)
  • 2014年5月 (6)
  • 2014年4月 (8)
  • 2014年3月 (8)
  • 2014年2月 (9)
  • 2014年1月 (9)
  • 2013年12月 (9)
  • 2013年11月 (5)
  • 2013年10月 (10)
  • 2013年9月 (8)
  • 2013年8月 (9)
  • 2013年7月 (13)
  • 2013年6月 (10)
  • 2013年5月 (9)
  • 2013年4月 (11)
  • 2013年3月 (12)
  • 2013年2月 (7)
  • 2013年1月 (6)
  • 2012年12月 (6)
  • 2012年11月 (7)
  • 2012年10月 (7)
  • 2012年9月 (6)
  • 2012年8月 (16)
  • 2012年7月 (5)
  • 2012年6月 (3)
  • 2012年5月 (5)
  • 2012年4月 (5)
  • 2012年3月 (5)
  • 2012年2月 (8)
  • 2012年1月 (6)
  • 2011年12月 (5)
  • 2011年11月 (3)
  • 2011年10月 (4)
  • 2011年9月 (3)
  • 2011年8月 (6)
  • 2011年7月 (5)
  • 2011年6月 (3)
  • 2011年5月 (4)
  • 2011年4月 (3)
  • 2011年3月 (4)
  • 2011年2月 (6)
  • 2011年1月 (6)
  • 2010年12月 (6)
  • 2010年11月 (5)
  • 2010年10月 (5)
  • 2010年9月 (7)
  • 2010年8月 (8)
  • 奈良市民。他府県の方から学ぶなら。

    12月22日の授業「東京都民、奈良愛をデザインする ~あたらしい仕事のかたちを拓く~」、久しぶりのスタッフ参加です!

    今回の教室は、「ゲストハウス奥」。
    こんな住宅街にゲストハウスがあるの?という驚きから始まりました。
    住宅街の狭い路地を入っていくと、名前のとおり奥まった敷地にある長屋を発見!
    しかし実は、奥にあるからというよりはオーナーの名前が奥さんだとか・・・。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_1

    玄関の扉をガラガラっと開けると、壁に飾られた数々のイラスト。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_3

    奈良をモチーフにしたかわいいイラストが飾られています。
    そのイラストの作者が、今回の授業の先生である東京都民の小西景子さん。
    「東京都民、奈良をデザインする」って、どゆこと?
    なんだか不思議なタイトル。
    なんか興味を惹かれる。

    開始30分前から、奈良ひとまち大学ののぼり旗を持って通りでみなさんをお出迎え。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_2

    しばらくすると小雨が降ってきた。
    そこでこんな出来事が・・・。
    たまたま通りかかったご近所の方が興味を持たれ、奈良ひとまち大学の説明をさせていただきました。
    すると別れ際に、
    「いいことしてはるね~。これからもどんどん色んなおもしろいところ教えてね~。頑張ってください!風邪ひかないようにね~。」のお声をいただきました。
    嬉しい!
    そのひとことで心も体も温まりました。

    授業開始。
    参加の学生さんは、13人。
    関東や近隣の他府県からも参加あり。
    参加理由はそれぞれですが、共通して言えることは、みなさん奈良愛にあふれていること!
    奈良市民歴〇十年の私が足元にも及ばないほど奈良について興味を持っていて、情報通のオーラ満載。
    そんなみなさんを代表しているかのような、先生の小西さん。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_4

    小西さんがデザインしている数多くの作品のモチーフは、地図。
    なかでも奈良市内で朝ごはんが食べられるお店の地図は必見!
    観光客はもちろん、奈良在住・在勤・在学者にとっても、家で朝ごはんを食べ損ねて出かけて来た時のお役立ちツールとして持っていたいもののひとつです。
    この地図の場合、東京都民の小西さんだけではなく、インターネットでつながっている奈良在住のお仲間との情報交換をもとに制作されたようです。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_7

    今回は、寒い季節にピッタリのおこた(こたつ)に入って聴く授業。
    後半には美味しそうなケーキとお茶をいただきながらの質疑応答もあり、小西さんと学生のみなさんとの交流が繰り広げられました。

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_6

    この授業時間中ステキだったのが、学生のみなさんがキラキラしておられたこと。
    あ~、みなさんホントに奈良を愛してくださってるんだな~。
    「奈良都民」と名乗る小西さん。
    お話のところどころに笑いも入り、そのユーモアあふれた個性が作品にも表れています。
    しかも奈良への愛情たっぷり。
    だからみんな笑顔に溢れているんだな~と感じる授業でした。

    詳しい授業の内容は、「ひとまちレポート」をご覧ください。
    「奈良都民 ~きっかけは人それぞれ~」
    http://nhmu.jp/report/33437
    「『奈良都民』視線のデザイン」
    http://nhmu.jp/report/33567

    奈良市民。他府県の方から学ぶなら。_5

    実は、他府県の方への偏見のようなものを持っていた私。
    他府県の方はどうせ奈良のことを「田舎だ」「お店の閉店時間が早い」「特に何もないからおもしろくない」etc.
    いろいろ思っておられるんだろうなと。
    ところが、今回の授業にスタッフとして関われたことで、「奈良ってステキなところなんや!」「愛してやまない人が日本中のあちらこちらにたくさん居てくれはる!」と知りました。

    こうして、授業終了。
    雨がかなり降っていました。
    学生のみなさんは、小西さんとの別れを惜しみつつ、それぞれ帰路につかれました。
    無事に帰宅されたでしょうか?
    私たちスタッフも片づけを終え、ゲストハウスのオーナーさんと小西さんにご挨拶して帰路につきました。
    奈良市民よりも奈良に詳しいみなさんに奈良の魅力を教えていただいた心ほっこりした授業となりました。

    (rain-d)

    オシャレな酎ハイと、とっても熱い先生の授業

    12月22日(日)の授業「かわいいフルーツのサワーをどうぞ ~猿沢池畔の生搾りサワー専門店~)」に従事しました。
    この授業の教室・生搾りサワー専門店「color」は、SNSなどにUPされているのをよく見かけて、オープン時からずっと気になってたお店!
    なんといっても、旬のフルーツをふんだんに使い、オシャレに盛り付け!?されているサワーの可愛いこと!
    しかもメッチャ美味しそう!!
    「いつか行ってみたい!」
    ずっと思ってました。
    なので今回の授業は、ワクワク感がたまりませんよ(^^♪

    オシャレな酎ハイ_1

    教室に到着し、みなさんの受付をしていると、先生自らみなさんのオーダーを聞きに!
    みかん、リンゴ、リンゴとジンジャーetc.
    どれも美味しそうな酎ハイで、学生のみなさんもかなり迷っている様子・・・(笑)。

    オシャレな酎ハイ_2

    授業の冒頭、学生のみなさんに好きなお酒の種類や参加動機などをお伺いしました。
    お酒なら何でもOK!って方、お酒は飲めないけどお店が気になってた方など、やっぱ奈良ひとまち大学の授業に参加いただく方って、いろんな想いを持ってるんだな~って改めて思いました。

    授業の様子については、「ひとまちレポート」をご覧ください☆彡
    「生搾りサワーで旬のフルーツを味わう」
    http://nhmu.jp/report/33839

    さて、オシャレな酎ハイを飲みながら(やっぱカワ(・∀・)イイ!!酎ハイ♪)、授業は淡々と進みました。
    「お酒が大好き!」という奥田先生は、かなりのこだわりをお持ち。

    オシャレな酎ハイ_4

    お店の内装からレイアウトまで、そのほとんどを先生自ら手掛けられた話や、なぜ生搾り酎ハイの専門店をオープンしようと思ったのか!?そのきっかけの話、酎ハイの歴史のことまで。
    また、奈良が大好きだという先生。
    奈良の魅力の話や、その発信手段、奈良を盛り上げていくための奈良の楽しみ方や、ちょっぴり寂しいと思われている奈良の夜の楽しみ方の話などなど。
    とってもお熱い話をしていただき、みなさん(・_・D フムフム と興味津々!

    オシャレな酎ハイ_5

    だったんですが、なんとっ!!
    先生、熱くなり過ぎて、1時間半かけて話す内容を50分ほどで話しちゃったみたいで・・・。
    「もう終わっちゃったんすけど・・・」と先生!
    「無理~、ダメ!!まだオワレナイ・・・」とワタクシ!

    ってな訳で、2杯目のドリンクを注文!
    1杯目とは違った酎ハイを選んだ学生さんたち!

    オシャレな酎ハイ_3

    ちょっとほろ酔い気分で写メったり、先生に質問したりと、授業時間は少し短くなりましたが、みなさんにとても楽しんでいただけたと思います。
    フルーツとお酒がミックスされたとっても甘~~い香りのなか、少し熱さのある授業でした。

    (どすこい)

    かがやく茶畑

    1月26日(日)の授業「安全な食とボランティア活動のこと ~畑ヘルパー倶楽部ってなに?~」の案内です。
    畑ヘルパー倶楽部とは、農家さんをお手伝いするボランティアグループです。
    お手伝いの御礼に、自然農法で作った野菜・お米・お茶などの農産物をいただきます。
    詳しくは畑ヘルパー倶楽部のホームページをご覧ください。
    http://nglnara.xsrv.jp/

    かがやく茶畑_10

    今回の授業では、会社員をしながらこの活動を始めた畑ヘルパー倶楽部代表の見掛加奈さんに、この活動を始めたきっかけや活動を通して得られた経験、農作業をする達成感、食べ物を大切にする気持ち、農家の方に感謝していただける喜びなど、会社員時代には味わえなかった数々の貴重な体験をお話しいただく予定です。

    かがやく茶畑_2

    さて、実はわたくし“もじゅ”は、いつも授業を担当するにあたり、可能な限り事前に体験させていただくのがお決まりになっています。
    今回も例によって、このボランティア体験させていただきました。

    今回お邪魔したのは、2011年に奈良ひとまち大学で授業をしていただいた竹西農園の竹西多香子さんがご夫婦で営まれている茶畑です。
    今回の集合場所は、こちらの竹西農園 遊茶庵。
    お茶やお米、野菜などの農園を営む竹西さんが、2004年にご自宅横にオープンされた日本茶カフェです。
    無農薬・有機栽培の淹れたての日本茶や、茶葉を使用したスイーツを楽しむことができます。

    かがやく茶畑_3

    そこから、竹西さんの車で作業をお手伝いする農園に向かいました。
    窓から見える晩秋の田原の景色は何とも言えず素晴らしかったです。

    かがやく茶畑_4

    農園に到着、目の前に広がる壮観な景色。
    頼りない私が、ちゃんとできるのか・・・。
    ちょっとドキドキです。

    かがやく茶畑_5

    今回お手伝いする農作業は、どんな作業かというと・・・茶畑の間に生えている草を引く作業です。
    畝の上に出ているこの草をきれいに抜き取ります。

    かがやく茶畑_6

    そして、これが作業後。

    かがやく茶畑_7

    朝10時から夕方16時まで5人がかりで丸一日の作業。
    他の茶畑もあるそうで、それらを全部の作業を終える頃には、また新たな草が生えてきているそうです。

    有機農法でお茶を育てている竹西農園は、除草剤などを使わず、1年中こういった手作業を中心に、畑の手入れをしているとのこと。
    言葉では気軽に有機栽培や自然農法などと言いますが、自分自身が少しでも携わることで、これだけの手間暇がかかっているということに驚きました。
    また、畑作業の全く経験のない私“もじゅ”でも、 疲れ半分、楽しさ半分・・・無心になってできる充実した時間を過ごさせていただきました。

    そして、田原の澄み切った空気で英気を養って帰るだけでなく、作業のお礼として農家の方から、このようなものをいただくことができるのです。
    いかがですか、興味がわいてきませんか??

    かがやく茶畑_8

    さて、授業の案内に戻りますね!
    見掛さんがこの畑ヘルパー倶楽部の活動を始めて丸4年。
    この有意義なボランティア活動は、ソーシャルビジネスとして今後も持続可能な形で続けられるよう、更なる発展をめざして新たな活動にも取り組んでいます。
    授業当日は、そのようなこれからの展望についてもお話しいただく他、今回私がお邪魔した竹西農園の竹西多香子さんにもお越しいただき、農家側からのお話もお聞きします。
    また、日本茶インストラクターでもある竹西さんの、お茶の淹れ方ワークショップも楽しんでいただく予定です。

    田原の大自然に囲まれながら、安心安全の食材作りに少しでも力になれる何とも言えない充実感・・・。
    日々の生活に物足りなさを感じているあなたッ!
    まずは畑ヘルパー倶楽部のボランティアをやってみてください!!

    かがやく茶畑_9

    でもその前に、授業でお話を聴いてみませんか?
    たくさんの申し込みお待ちしております。
    申込はコチラ↓
    http://nhmu.jp/class/33338

    (もじゅ)